西京高校 社会 2014年度出題から読み取れること

 

 

2014年度の西京高校社会。

 

日中平和友好条約

 

ヒスパニック

 

ベルリン

 

日英同盟

 

五・四運動

 

大正デモクラシー

 

ベルサイユ条約

 

米騒動

 

これらの基本用語を書かせる問題が出題されています。

 

西京高校は基本的な知識をしっかりとアウトプットすることが出来るかどうかを求めてきます。

 

その上で、

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大問1 問10 100字記述問題

 

現代日本に生きる私たちが参加・実現可能な「あるべき国際協力の方法」について、あなたの考えを100字以内で述べよ。

 

ただし、次の4つの要件を必ず踏まえること。

 

① 農業、食品の分野についての考えに限る。

 

② 今のあなたに実行できる、国内で参加可能な取り組みに限る。

 

③ 「持続可能な発展」という言葉を必ず用いる。(ただし、使用は1回に限る。)

 

④ 句読点や記号も一字に数える。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この問題の解答例は、「フェアトレード」について触れています。

 

 

この頃からSDGs関連を意識しての出題がされています。身の回りの世界の出来事を意識しているかどうかを問われています。

 

 

 

 

堀川高校 探究学科群 配点

試験科目は国語、数学、英語、自然科学、人文・社会科学と小論文です。

 

自然科学=理科

 

人文・社会科学=社会

 

と思ってもらっても大きな間違いではありません。

 

点数の内訳は、

 

内申点:本番の試験の点数=100:425

 

大雑把に1:4なので本番で決まります。

 

内申点は1年から3年の2学期までの成績が対象となり、9科目×5×3年間で135点が満点。

 

本番の配点は

 

国語、数学、英語が100点

 

自然科学、人文・社会科学がそれぞれ50点

 

小論文25点

 

合計425点

 

合格ラインは赤本等でも発表されており概ね全体で6割なら十分に合格に到達します。

 

城南菱創高校 数学使用教材テキスト

城陽市の進学塾明秀館です。城南菱創高校の生徒が学校の勉強をスムーズに行くサポートをする環境が整っています。

さて、本日は城南菱創高校で採択されている数学の教材についてです。

※2020年度には変更があるかもしれません。

まずは青チャート

そして、サクシード

この2つに加えて教科書が配布されます。

南陽高校、西京高校も同じです。

南陽高校 1年生 定期テスト学年1位に君臨

 

2学期期末テストで校内1位が出ました。

 

普通科は240人中。上段はクラス順位で下段は学年順位。

 

 

学校の授業を大切にすること、明秀館をフルに利用すること、その当たり前の積み重ねが結果に繋がりました。

 

ちなみに同じく1年生で、

 

 

クラス2位、学年9位の強者もおります!

 

2人ともしっかり地に足つけて勉強に取り組んめているのが嬉しいです。