ちょいと平均点が

南城陽中学校の2学期中間テストの平均点がえらいことになってます。

1年生

理科 49点

社会 51点

英語 55点

数学 64点

国語 70点

国語は高めの、数学は普通だとしても、英語、理科、社会はこの時期の定期テストとしてはかなり低い平均点です。

例年、3学期の学年末テストはガクッと平均点が下がったりするのですが、2学期中間テストでここまで低いのは珍しい。

今年の中学1年生はいまだに中学生としての厳しい場面を経験することなくこの時点に立っています。そもそもほぼ丸々最初の数ヶ月がなかったので当然です。

コロナに向けて学校の先生方も精一杯の対応をとられたとは思いますが、やはり学校だけで全てをフォローすることはできないと思います。

お子さんの学力を守るのは保護者様しかいません。

塾を探す、問い合わせをしてみる、転塾を考える、ブログを読み漁ってみるなどなんでもいいと思います。ただ、何かしらの行動をとることでしからお子さんが変わることはありません。

ある日、不思議なスイッチを押したらやる気が満ち溢れて成績アップなんてことはずっとやっていても見たことがありません。結局のきっかけは保護者様自身です。

明秀館ではリアルでの指導を最新の注意を払いながらずっと続けてきました。それは一旦崩れてしまったものを立て直すのがどれだけ大変かを痛感しているからです。リアルとオンラインを分散してほぼ毎日生徒と何らかの接点を設け続けてきています。

人間とは弱いものですが、一方で適切な環境を与えられればお子さんはきちんと努力をすることができます。

その環境を提供するきっかけは保護者様の最初の第一歩です。

国公立大学に挑戦するということは

国公立大学の受験はセンター試験(来年度より共通テスト)に始まり、そこからさらに1ヶ月間各自に必要な科目と向き合います。

周りで私立入試の子が続々と終わっていくなかで

2月下旬までやりきります。

さらに、そこから3月6日〜10日(関西では京大がラスト)くらいまで発表を待ちながらも、その期間に後期試験に向けてなんとか気持ちを繋いでいきます。

こんなに頑張っても国公立大の出願倍率は平均すると4倍程度です。

この4倍は、センター試験が終わってからあれこれ出願を考えた上での4倍です。

誰だって勝算のない受験はしません。まして、大切な国公立の1枚切符ですからね。

つまり、センター試験でふるいにかけられた中での4倍です。

私立と国公立でどちらがいいとかそんなことを言いたいのではありません。

ただ、お子さんが国公立に挑戦する、合否はともかくやり切るというのはこういうことなんです。

立命館宇治高校 合格体験記

城陽市の進学塾明秀館です。部活動を一生懸命に頑張り、勉強にもしっかり取り組みたい子にとっての選択肢になるようにと願っています。

明秀館を利用してどんなふうに勉強とクラブを両立させてきたのかその軌跡が保護者様目線で感じてもらえるかと思います。

以下の保護者様の声をご覧ください。

まず、最初にご指導して下さった塾長をはじめ、先生方に心よりお礼を申し上げたいと思います。親子共々、お世話になり、ありがとうございました。

中学校3年間の通塾を振り返ってみて、明秀館で過ごした時間は子供にとって大変有意義で心に残る時間であったと思います。

思春期ということで親の関わり方が難しくなる頃で、勉強に関して申し訳ないですが塾に頼らせていただきました。

明秀館は勉強に集中できる環境が整っていて、勉強する事が楽しく思えるようお導きいただき、かつ個々人に合った指導をして下さるので、安心しておまかせできたところでした。

また、部活を頑張っている子供を応援して下さり、勉強と部活を両立する事が出来ました。部活で忙しい子供に対して労っていただいたことを嬉しく思いました。

3年生になってからは、ますます学級委員と部活で多忙となり、またその他の出来事でつらい思いをした時期でしたが、支え見守っていただき、本人の頑張りもあって、5教科自己最高点を得る事が出来ました。学力だけでなく、メンタル面もサポートして下さったおかげです。

大事な時期に学力を落とすことなく過ごせ、第1志望に合格しました。兄の時から明秀館でご指導いただいて、塾長のご指導力と情報量、個別だからこそできる臨機応変な指導とサポート、そして地域に密着した指導の強みを子供達を通して感じました。ご縁があって、感謝しています。

最後に、お互い刺激し合って共に頑張ってきた塾の仲間とのクリスマス会・合宿や日頃のゲームをしたり食事をしたり等の休憩時間の歓談・散歩はとても楽しかったようです。

そのような雰囲気を作っていただいて、気持ちを上手く乗せられたと思います。子供にとっては学校と同じくらいたくさんの思い出ができ、明秀館でご指導いただいた3年間はこの先も大きな柱として残ることでしょう。

明秀館の皆さん、ありがとうございました。

立命館宇治高校 合格体験記

城陽市の進学塾明秀館です。1人1人とじっくり向き合う個人塾だからこそ出来る『合格』があります。

以下の保護者様の声をご覧ください。

ずっと気になっていた明秀館のブログで「3学期期末テスト二週間特訓」募集の記事を拝見し、すぐさま飛びつき連絡したのがはじまりでした。娘が中1の3学期のことです。

塾自体が初めてで(しかも親が勝手に申し込んだ)、連日の慣れない長時間演習に不機嫌で帰宅する日々が続き、二週間もつか心配するくらいでした。

なんとか最後まで通い続け、塾長より通塾許可を頂き、本人に「塾どうする?」と聞くと、意外にも「行く」という答えが返ってきてびっくりしました。

中2の間は部活も忙しく、他の習い事もあったので、週2回のペースでスタートしました。始めのうちは成績も安定せず、塾へ向かう足取りも重そうな時もありましたが、徐々に緩やかながら成績もUpしていきました。中3になって通う回数が増えると本人の気構えも変わり、さらにもう一歩伸ばすことができました。

入塾当初から公立受験しか考えていなかったのですが、中学校の三者面談も済んだ11月になって、急きょ私立の推薦受験も候補として浮上しました。

当然オープンキャンパスの時期はとうに過ぎており、先方の高校に見学希望を申し出ても門前払いでした。

塾長に相談したら、すぐに先方のお知り合いの先生に連絡をとって下さり、学校案内をして頂く手筈を整えて下さいました。非常に丁寧な案内をして下さり恐縮するばかりでしたが、本人も「この高校に行きたい!」という希望が芽生え、納得の進路を選択できました。

全ては急な進路変更にも即座に親身になって動いて下さった塾長のお陰と本当に感謝しております。

あまたの塾がありますが、明秀館ほど長時間の勉強が可能な所はそう多くないと思います。

スポーツと一緒で基礎となる勉強体力がないと実力は付かないと思います。小手先の勉強方法を教えるのではなく、力を引き出してくれる塾です。

塾長が見守って下さる中、素敵な講師の先生がいて、志の高い仲間がいて、素晴らしい環境があります。

親子共々ここで学んだ”明秀館イズム”をこれからも大切に過ごしていきます。

お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

舞鶴高専 合格体験記

城陽市の進学塾明秀館です。高専は適性がある子にとってはとても魅力ある選択肢です。

1人1人とじっくり向き合う個人塾だから出来る『合格』もあります。

以下の保護者様の声をご覧ください。

息子が明秀館に通い始めたきっかけは、姉がすでにお世話になっていたからです。小学校6年生の時に入塾テストにチャレンジさせていただだいたのですが、残念ながら不合格でした。

その後、何回か時間を空けて挑戦して合格することができました。

最初の段階では学校の授業ですらじっと座っていられないような子供でしたので、明秀館について行けているのか不安でしたが、彼の性格やこだわりまでも理解した上で勉強計画を立ててくださりました。

親の知らないような子供の思考や癖などをかなり細かく見てくださっています。また、現状報告もしていただけたので安心できました。

中学3年生の夏季大会までは部活中心の生活でしたが、毎日通えるように普段からサポートしてくださっていたので、受験勉強への切り替えはとてもスムーズでした。

定期テスト前にはお昼の1時から夜の10時半頃まで勉強をする1to10特訓という定期テスト道場があり、そこで長時間学習を続ける力がつきました。

3年の最初には厳しかった志望校判定も、夏休み終わりには合格努力圏内まで上がっていました。勉強の成果を実感し、もっと勉強をしたいと、朝から自習室を借りるようにまでなりました。

定期テストの点数も3年生になりもうひと伸びすることが出来たこともあり、内申点も上がりました。

推薦で受験できると決まってからは解答しかない過去問のオリジナル解説を準備してくださったり、面接練習を講師の先生に何度もしていただいたと聞いています。

これからは塾無しで勉強しないといけない環境になりますが、明秀館で身につけた勉強体力、集中力があれば頑張れると思います。

中川塾長先生、講師の先生方の手厚いサポートに感謝しています。本当にありがとうございました。

また、一緒に頑張って勉強してくれた仲間達にも感謝しています。ありがとうごさいました。

どの高校からどの大学に!?

城陽市の進学塾明秀館です。

直近4年間くらいの塾生の進学先をまとめてみました。合格実績ではなく進学先です。

現在、小学校や中学校のお子さんの保護者の方

お子さんのこれからのストーリーが見えてきませんか?

明秀館では、指定校推薦、一般入試、AO入試などその子の適正にあった形を性格を考慮しながら力を発揮しやすい形の入試を意識して高校生活をサポートしています。

西京高校大阪大学

西京高校奈良県立医科大

西京高校神戸大学

西京高校神戸大学

嵯峨野高校神戸大学

南陽高校 → 東北大学

南陽高校 → 大阪大学

南陽高校 → 神戸市外国語大学

南陽高校 → 京都工芸繊維大学

南陽高校 → 京都府立大学

南陽高校 → 同志社大学

南陽高校 → 関西大学

南陽高校 → 龍谷大学

南陽高校 → 京都教育大学

南陽高校 → 京都教育大学

南陽高校 → 滋賀県立大学

南陽高校 → 滋賀県立大学

南陽高校 → 滋賀県立大学

南陽高校 → 滋賀県立大学

南陽高校 → 横浜市立大学

南陽高校 → 横浜市立大学

南陽高校 → 同志社大学

南陽高校 → 立命館大学

南陽高校 → 三重大学

南陽高校 → 滋賀県立大学

南陽高校 → 滋賀県立大学

南陽高校 → 関西大学

南陽高校 → 立命館大学

南陽高校 → 同志社女子大学

南陽高校 → 同志社女子大学(薬)

城南菱創高校 → 京都府立医科大学(看護)

城南菱創高校 → 立命館大学

南陽高校 → 同志社大学

城南菱創高校 → 佛教大学

城南菱創高校 → 関西大学

城南菱創高校 → 和歌山大学

城南菱創高校 → 奈良県立医科大学(看護)

城南菱創高校 → 京都府立大学

城南菱創高校 → 京都教育大学

城南菱創高校 → 関西大学

城南菱創高校 → 佛教大学

城南菱創高校 → 奈良女子大学

城南菱創高校 → 関西大学

城南菱創高校 → 三重大学

城南菱創高校 → 同志社女子大学

城南菱創高校 → 佛教大学

城南菱創高校 → 大阪松蔭女子大学

紫野高校 → 立命館大学

莵道高校 → 京都教育大学

莵道高校 → 奈良県立大学

莵道高校 → 立命館大学

莵道高校 → 龍谷大学

西城陽高校 → 大阪市立大学

西城陽高校 → 滋賀大学

西城陽高校 → 立命館大学

西城陽高校 → 立命館大学

西城陽高校 → 京都保険衛生専門学校(看護)

西城陽高校 → 大阪薬科大学(薬)

西城陽高校 → 奈良学園大学(看護)

西城陽高校 → 京都光華大学(看護)

久御山高校 → 佛教大学(看護)

聖母女学院高校 → 同志社女子大学

聖母女学院高校 → 京都橘大学

大谷高校 → 立命館アジア太平洋大学

立命館宇治高校 → 立命館大学

同志社国際高校慶應義塾大学

城南菱創高校 スカラー選択

城陽市の進学塾明秀館です。

さて、本日は城南菱創高校の特徴のひとつであるスカラーについて

城南菱創高校では、自分で選択出来る科目としてスカラーがあります。

http://www.kyoto-be.ne.jp/jonanryoso-hs/mt/

このスカラーは自分でテーマを決めて取り組む学習で、大雑把に言えば学校の授業中に『自習する時間』を盛り込めるというものです。

明秀館では、『自学力』を意識して中学時代を過ごしますが、それがこのスカラーを利用することで学校内でも時間を与えられたら『自走』できます!

理系・文系でそれぞれ制限はありますが(科目履修の関係で)、上手く使えばとてつもなく意味のある選択になります。

高3になって受験学年になった時はこの週に1時間、2時間のスカラーを有効に使うことが、個人的には城南菱創高校が南陽高校よりも優れている部分だと思っています。

優れているというよりは、単位制のメリットを活かした城南菱創の武器です。

ただ、学校では「スカラーを受講したい」と伝えてもほぼほぼ特講=授業を勧められます。

このあたりも予め学校に勧められるままではなく自分に必要なことが何なのかを考えることが大切です。

南陽高校 合格体験記

城陽市の進学塾明秀館です。高校に受かるだけでなく、大切なのはそこから先の生活です。自分の意思で学ぶことの積み重ねが豊かな高校生活を支えます。

以下の保護者様の声をご覧ください。

中学3年で部活を引退した後、行きたい高校を決めてから受験への気持ちが固まったようでした。

それからは、友達とは学校でバイバイを済ませて、1人で家まで走って帰り、とにかく塾へ早く行くようになりました。

休みの日も早く起きて勉強をしてから塾へ行く生活になり、疲れがピークの時には、ペンを握り、眼鏡をかけたままでうたた寝していたのが印象的で忘れられません。

全力で取り組んだのですが、第一志望は通らず。

どうしてでも行きたかった高校のため、時間のない中での中期への気持ちの切り替えは本当に大変だったと思います。

それでも塾へ向かい、葛藤しながらでも最後までやり抜きました。その姿をみて、今まで積み上げてきた長時間の勉強は立派だったな、とスッキリした気持ちでしたし、チャレンジするため出来ることは全部やったので、本当によく頑張ったと褒めてあげたいです。

今年はコロナウイルスの影響で学校が休みという異例の事態でしたが、いつもと変わらず塾へ通えるよう万全の対策をしていただき、親子共々、不安なく充実した受験生活を送る事ができました。

小学6年の夏からお世話になり、コツコツと続けてこれたのは勉強だけではなく、沢山の書物、お弁当の差し入れ、ルービックキューブ(今では特技に)塾長が全力で生徒と遊ぶ姿を、思い出し笑いするほど楽しかった夏の合宿。いい日も悪い日も励まして背中を押してくれた事。色々していただいて、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。

塾長、講師の先生方、現在高校に通われている先輩方、同級生の皆さん、多くのお力添えをありがとうございました。

そして、明秀館で過ごす事が高校生活の一部になると思いますので、これからもよろしくお願いいたします。

南陽高校 合格体験記

城陽市の進学塾明秀館です。1人1人とじっくり向き合う個人塾だから出来る『合格』もあります。

以下の保護者様の声をご覧ください。

中学1年生の頃は、この先どうすることやらと悩んでいた時に、連絡をいただき長女もお世話になった明秀館に次女も通わせるきっかけを作ってもらいました。

娘はわんぱくな性格なため、長時間座って黙々と勉強するという明秀館のスタイルに、始めは戸惑い、苦痛に感じているようでした。

入塾から中学3年生になるまでは、クラブや体調と相談しながら教室に通わせていましたが、最初は塾に行く日は娘の顔色が悪く、口に出してはいませんでしたが、「塾に行きたくない」と言っているようでした。

厳しい環境についていけるのか心配した時期もありましたが、娘の成績も次第に良くなり、塾に行く足取りも徐々に軽やかになって行きました。娘は吹奏楽部に所属していて、春夏秋冬関係なく朝から夕方まで毎日活動していました。部活で疲れたあとの塾は辛いかもしれないと思っていましたが、 塾長は娘の体調を気遣って下さり、夏休みでは塾での半分の時間を課題に費やして良いと言って下さりました。そのおかげで提出物を夏休みの序盤に終わらせることが出来ました。

現役部員だった頃は吹奏楽(マーチング)が嫌いで今すぐにでも引退したいと口癖のように言っていて、高校ではマーチングをしていない南陽高校に進学したいと言っていましたが、いざ引退すると、マーチングが恋しくなったようで、マーチングをしている高校に進学したいと言うようになり、親と対立した事もありました。

その際も塾長は冷静に対処してくださり、娘の進路を固めることができました。部活を引退したのが11月の中旬で、受験勉強にギアがかかるのが周りの人と比べだいぶ遅く、娘もヒシヒシと焦りを感じていたようでした。そんな娘の様子を見て、塾長はまず娘の苦手科目を重点的に見てくださりました。

すると4月頃に受けた模試では苦手科目だった数学を80点台にまであげることが出来ました。そこから娘のやる気がグンと上がり、毎日学校から帰ったらすぐに晩御飯を持ち塾に向かうようになりました。受験勉強に取り組んでいると、定期テストの点数も自然と上がっており、それもまた娘のモチベーションを上げるきっかけにもなりました。

初めは足取りが重かった日もあった教室へも、行かないと焦るようになり、いつの間にか明秀館の勉強スタイルが娘にとって心地の良い環境になっていました。娘の性格をよく理解してくださり気長に付き合っていただいた塾長に感謝です。

休み時間や塾でのイベントでも、娘の個性を最大限に活かして頂き、明秀館は第二の家になっていました。明秀館のおかげで最初E判定だった南陽高校に前期で合格することが出来ました。

これは、塾長や、講師の方々、支え合った仲間たちと共に勝ち取った合格だと思っています。これからの高校生活、壁にぶつかることも何度かあると思いますが、明秀館に通うことで解決していけたらなと思っています。まだまだこれからもよろしくお願いします。

城南菱創菱創高校 教養科学科 合格体験記

城陽市の進学塾明秀館です。1人1人とじっくり向き合う個人塾だから出来る『合格』もあります。

以下の保護者様の声をご覧ください。

明秀館との出会いは中学2年生の2学期中間テストの頃でした。

勉強が次第に難しくなっていくにつれ「もう自分で勉強するのがしんどい、どれだけやったらいいのかわからへんし、やってもちゃんと出来ているのか不安がある。」と娘が言ったのをきっかけに塾を探し始めました。

同じ中学校の勉強を一生懸命頑張る同級生が通われていて、指導が熱心だと聞いていたことと、自分で通えるということで連絡しました。

ちょうど中間テストの2週間特訓の受付をされており参加させていただきました。

最初は教室の緊張感と、といきなりの8時間特訓という娘にとっては初体験ばかりでかなり疲労しており、「大丈夫かな?」と思ったのですが、本人は教室をとても気に入ったようで、静かな環境で勉強に集中できたとのことで、テストに自信を持って臨めたようでした。

入塾した頃は、英語があまり得意ではなく、「こんなに単語を覚えなあかん」と必死に頑張っていました。仲間に追いつこうと何度も繰り返す内に、英語の成績が伸びていきました。

中3になり、学校説明会等に参加し、城南菱創高校に行きたいという気持ちが固まっていきました。

けれど、12月の進路決定のギリギリまで、普通科か教養科学科で悩んでいました。教養科学科に行きたいという思いはあるものの、当日勝負の入試に合格できるのかということがどうしても頭に引っかかっていたようです。

中3の2学期は体調や気持ちが不安定な事も多く、集中力も欠き、それが特に数学に表れていました。転機となったのは期末テストのあとです。

冬期講習や受験特訓では教養科学科に向けての数学を特訓していただきました。ここから毎日通える明秀館をうまく利用して体のリズムを整えて、それに伴い気持ちも落ち着いてきました。

3学期に入り、「教養へ絶対に行きたい! 」という気持ちが強くなり、勉強にも気合いが入っていきました。学校から自宅に帰らずに直接教室に行ったり、夜も体調の無理のない範囲内で精一杯やっていたように思います。

娘は学校生活でも行事の活動などで多忙な時には、心身共に疲れが出て、体調を崩すことも多く、よく休んでしまいました。

けれど、その時その時に娘の状態をよく見ていただきやりきることが出来ました。塾長はもちろんのこと、スタッフの先生方も温かくサポートを続けて下さり、時には「もっとおいでやー」とお尻を叩いて下さったりと本当に感謝しきれない程です。

娘を支えて下さった皆様、本当にありがとうございました。