南陽高校合格 保護者様の声

明秀館に娘がお世話になったのは、中学3年生の4月からでした。自宅の周りには大手の塾が沢山あり説明を聞きに何軒も足を運びましたが、どこも私たちの思う自分で考えてやる力の付く塾ではないように思いました。

そうしているうちに3月も終わりになるころには新型コロナが世の中を変え始めていました。

縁あって、私たちの思いを分かってくださる知り合いの先生に相談したところ明秀館をご紹介いただき説明と体験を経て即入塾しました。

みんながコロナに対して手探り状態。大手塾は休講もやむを得ない中で個人塾の強みと塾長の大変なご苦労のお陰で、すごく日常が保たれた塾に通い始めることが出来ました。ありがとうございました。

娘は生まれて初めての塾でもちろん友達もいませんし学力も受験をするにはゼロからのスタートでしたが、きちんと娘の能力をわかり進めていただきました。

最初の3ヶ月は勉強なのだから友達なんていらない。という強がる気持ちと、孤独の辛さを感じる気持ちと戦っているようでした。塾長ももちろん気にかけて下さり、娘の性格も見据えて接して下さっていたようでした。

夏が終わる頃には気持ちはすっかり晴れて明秀館にどっぷり馴染んで生き生きと塾に出かけるようになっていました。

この一年間大変長い時間を明秀館で過ごしたと思います。これだけ子供たちが塾に通い続けられたという事はそれ以上に塾長をはじめ講師の方々が常に動いてくださっていたのだなと、改めて感謝しています。

第一希望には一歩及ばず終わりましたが、すかさず塾長が同じ経験をした塾の先輩の話を聞く時間を設けて下さったようで娘の気持ちのフォローにも感謝せずにはいられません。

凛とした瞳で南陽高校に行く!と言ったとき、精一杯頑張りきったから言える言葉だと思いました。我が子ながら凄いと嬉しくなりました。本当にありがとうございました。