奈良教育大学合格 保護者様の声

ようやく我が家にも春がやってきました。3月20日午前10時の合格発表。ありました。娘の受験番号が。よかったです。本当によかったです。

娘が明秀館にお世話になったのは、高2の夏休み。かなり遅いスタートでした。模試はもちろん学校の定期テストでも点数が取れなくなり困っていた娘自身がどうにかしなければいけないと自分で電話をしました。

すぐに塾長と面談。私の話をちっとも聞かない娘。どうしたらいいかと悩んでいた私に塾長の「お母さんはお金だけを出していてください。あとは任せてください。」との言葉がとてもありがたかったです。

今までやったことのない長い勉強時間、それも毎日。運動クラブに所属していた娘にとっては塾に行くことだけで大変でした。

正直、大丈夫かなと心配したこともありました。少しずつ塾通いにも慣れてきた頃に、コロナで学校が休校になってしまいました。

学校で学習ができなくなり、どうなることかと心配していると塾長が感染対策をしながら塾を開けてくださいました。学びを止めることなく、継続できたことがとてもよかったです。

塾長は娘の性格をよく理解しながら、たくさんのアドバイスをしてくださいました。共通テストのあと、自分が思っていたような点数が取れなかった娘は、塾長にも連絡せず、2日間も塾を休んでしまいました。

そのときにも塾長から「ほっておいてください。自分でどうするかを考えさせてください。」とお電話をいただき、ホッとしました。

娘は自分なりに気持ちに折り合いをつけ、3日目から何もなかったかのように塾に通いました。連絡もせず休んでしまった娘を責めることもなく、塾長はこれからどうすればよいかを考えてくださいました。

それからは後期試験に向けて娘も気持ちを入れかえて頑張りました。親としては正直なところ、後期試験は倍率も高く、本当に受かることができるのかと大変不安でしたが、娘は自分のしなければいけないことを必死でやっていました。

前期試験が不合格になったあとも、最後まで諦めずに頑張れたのは塾長のおかげだと思います。

また、必死に頑張った娘を褒めたいです。受験学年になって気持ちが不安定になり、塾長の貴重なお話を素直に受け入れられなかったときもあった娘ですが、適度な距離を保ちつつ見捨てることなく、最後まで見守ってくださった塾長に本当に頭が下がります。

合格発表の日が卒塾会の日でした。合格をつかみ取った娘にとって最高の日になりました。

娘の将来を考えながら、その時々に適切な方向を示してくださった塾長、最後まで娘に寄り添ってくださった講師の先生方、一緒に励まし合いながら頑張った仲間のみなさん、本当にありがとうございました。

小論文模範解答作成サポート

大学受験の過去問に取り組む際に、赤本を見てみると、

「小論文の解答は省略します。」

え、?

こんな悲鳴が毎年どこかで上がっています。

明秀館ではこのような全国の声に対応すべく模範解答の作成を承っております。

また、そもそも過去問が手に入らない場合などもお気軽にご相談ください。

特に学校推薦型選抜(旧推薦入試)ではこのケースを散見します。

【志望校別小論文対策講座】
対象校 学部・学科例

・京都大学 法学部特色 後期
・京都府立大学 公共政策学部 学校推薦型入試・後期
・京都府立大学 文学部(和食文化)後期
・京都府立大学 生命環境学部 食保健学科 学校推薦型入試
・京都教育大学 教育学部(国語領域)学校推薦型入試・前期(大問1)
・京都教育大学 教育学部(数学領域)学校推薦型入試・後期
・京都教育大学 教育学部(社会・英語)後期
・京都教育大学 教育学部(理科領域)後期
・京都教育大学 教育学部(体育)後期
・京都府立医科大学 看護学科 学校型推薦入試・
・福知山公立大学 地域経営学部 前期・後期
・福知山公立大学 情報学部 前期・後期
・大阪大学 薬学部 後期
・大阪教育大学 前期・後期
・大阪市立大学 文学部 後期
・大阪市立大学 法学部 後期
・大阪府立大学 地域保健学部 看護(文系型)前期
・大阪府立大学 地域保健学部 総合(理学療法)前期
・大阪府立大学 地域保健学部 総合(作業療法)前期
・大阪府立大学 地域保健学部 教育福祉 前期
・神戸大学 理学部 後期
・神戸大学 国際人間科学部 グローバル文化 後期
・神戸大学 国際人間科学部 発達コミュニティ 後期
・神戸大学 国際人間科学部 環境共生 後期
・神戸市看護大学 看護学部 前期・後期
・兵庫教育大学 学校教育学部 前期
・兵庫県立大学 看護学部 前期
・奈良教育大学 教育学部 前期・後期
・奈良県立大学 地域創造学部 前期・中期
・奈良県立医科大学 看護学科 前期
・滋賀医科大学 医学部 看護学科 前期
・滋賀県立大学 人間文化学部(地域文化)後期
・滋賀県立大学 人間文化学部(人間関係)後期
・滋賀県立大学 人間文化学部(国際コミュニケーション)後期
・和歌山県立大学 保健看護学部 前期

南陽高校合格 保護者様の声

塾へ通う目的は、定期テストの得点や成績UP、目標とする進路を手に入れる為など色々あると思いますが、私は「勉強の仕方を身に付ける為」に明秀館にお世話になろうと思いました。

それさえ身に付いていれば今後たとえ(大げさかもしれませんが)天災や何らかの理由で学校に、塾に通えなくなることがあっても自分で考えて学んでいけるから。

自分の財産として生涯持っていけるから。

そんな思いを強く感じさせてくれた明秀館との出会いでした。

「定期テストが悪かった時こそ、その子が成長できるチャンス。
テスト結果が思わしくなかったことに小言を言ってもマイナスにしかならない。結果以上に過程が大切。」

このような話を塾長がされた時、「あ、ここだ!」とピンときました。

テストが上手くいかなかった時って案外、子供自身、原因が分かってたりするものです。

「次のテストではここをこうしてみよう」

「これはもっと早くに手をつけて、こっちは一週間前に入ってからでいいや」

こんな考えを頭にめぐらせている時がまさに勉強の仕方を考え、学んでいる時間。

こんな大事な時に
「何でこんなにテスト悪いの?!」
と頭ごなしに怒鳴られたら…。

今回上手くいかなかった原因を考え、次どうするか。

上手くいった、じゃあ何が良かったのか。

繰り返し、繰り返し、勉強の仕方を学ぶ。

このような指導をして下さる明秀館の導きにより、山あり谷ありだった息子の定期テストもだんだん安定してくるようになりました。

難しい年頃で、親が言っても逆効果な事ばかり。喉元まで上がってくる言葉をどうにか飲み込み、ひたすら息子の話の聞き役に徹することができたのは、きっと塾長がこの言わんとする言葉を息子に届けてくれるという信頼があったから。

何なら親よりずっと上手に、絶妙のタイミングで。

進路で悩んだ時にはお忙しいはずなのに、タイミングが大事だからと夜も遅い10時を過ぎてからわざわざ面談の時間を取って下さったり、不安が拭いきれず、悩んだ末に夜中に送ってしまった相談LINEにも、必ず解決策をのせて早々に返信して下さる。

子供の今の状態を毎日顔を合わせている親よりよく把握し、時には親に助言して下さったりもする、そこから生まれる信頼には何度助けられたことでしょう。

コロナ禍で当たり前だった日常が覆され、明日の生活がどうなるか分からない不安の中でも子供の勉強に関しては全く心配せずに過ごせました。

早くからオンライン授業を取り入れ、十分すぎる換気、消毒、感染対策をして下さり、逆に普段より集中して勉強を進められたのではないかと思うほど。

休校中、起きている時間はほぼ塾で過ごす。毎日毎日こんなに長く居てもいい塾なんて、他には絶対にない!と思っていました。

今、受験を一つ乗り越えて一歩成長した子供と少しずつですが大人の話ができるようになってきた事に嬉しさを感じるとともに、この大切な時期に明秀館にお世話になれたことをとても有り難く思います。

続けることを続ける。

続けることを続ける。

簡単なようでとても難しいこと。
でも、明秀館とだから、きっとできたこと。

導いて下さった塾長、講師の先生方、苦しい時も支えて下さった生徒の皆様、本当にありがとうございました。

南陽高校合格 保護者様の声

中1の2学期頃から、苦手科目の勉強に迷うようになり、意欲が下降気味。このままでは良くないと考え、ずっと気になっていた明秀館の前に置かれていたパンフレットを手に取り、内容を読み、思い切って電話をしました。

中学校時代の学習の積み重ねが大事なこと、高校受験だけではなく、その先の大学受験や将来のことを見据えてのお話がとても印象的でした。

何とかギリギリで入塾を許可して頂いたものの、心配はありましたが、彼女は明秀館の勉強方法や雰囲気が気に入ったようでした。

自分が取り組むべきこと、やるべき事をアドバイスして頂き、自然に勉強に向き合えるようになっていきました。

そして、受験生になる直前の3月からの、コロナの影響による長期休校。今まで経験したことがなく戸惑う中でも、塾長は学びを止めないように、感染対策が大変な中、Zoomや分散しての教室の利用など、様々な環境を整えて下さいました。

当たり前のことが出来なくなった毎日の中でも不安になることなく、勉強を続けることが出来たことは、本当に感謝しています。

中3の頃には、塾に行くことが生活リズムの1つとなり、ほぼ毎日のように通いました。

勉強が順調に進んだ日、楽しかった日、テストや模試の結果に喜んだり落ち込んだり、疲れてやる気がマイナスの日、いろいろな毎日を過ごしました。

受験が近づくにつれ、不安もたくさんあったと思います。それでも強い気持ちを持ち、毎日通い続け、前向きに頑張っている姿を見て、精神的にもたくましく成長したなと感じ、学ぶための環境はとても大切なのだと思いました。

勉強を続ける日々でも、イベントや楽しい時間を作って頂きました。中学校とはまた別の場所での友達との時間は、良い思い出になったと思います。

目標にしていた志望校に合格でき、安堵しています。入塾してからは塾長にお任せしている状態でしたが、それが最善だったからです。どんな時も温かく見守り、励まし、ご指導頂き、本当にありがとうございました。

講師の先生方、共に学んだ皆さん、本当にありがとうございました。これからの高校生活には、もっと大変な日々があると思いますが、引き続きご指導よろしくお願いします。

西京高校合格 保護者様の声

進路に悩んでいた去年の夏、縁があり明秀館に入塾させて頂きました。

初めてお話を伺わせてもらった際に、息子が興味を持っている学校の先輩と直接お話しする機会を設けてくださいました。親子ともどもこんな素敵な先輩がいる学校ならきっと充実した高校生活になるのではないかと胸を弾ませました。

入塾体験では、帰ってくるとすぐに目をキラキラさせながら「スゴイねん!」と話してくれたのが印象的でした。

夏の合宿では塾生の皆さんにも温かく受け入れてもらい、同じ目標を持つ仲間との絆が生まれたように思います。

塾長がうまく馴染めるように水面下であれやらこれやらと動いてくださっていたのでしょうね。楽しそうな写真も沢山送ってくださいました。帰ってきた時の清々しい顔は忘れられません。

コロナ禍でも明秀館だけはいつもと同じ日常が流れていました。

自宅が教室から少し距離が離れていましたが、学校から帰るとすぐに自転車で教室に向かう息子の姿を見ていると毎日が充実しており、勉強に真剣に取り組める環境があることを羨ましくも感じました。

もちろん、楽しいだけではなく現実をきちんと伝えていただきました。学校の定期テストでは安定して点数を取ることができても、独自入試は難易度が高く苦しんでおりました。

子供たちがうまく学習を継続して続けられるようにメリハリもありました。お弁当の差し入れ、マクドナルド、そして保護者の方からの沢山の差し入れなど自分の学習塾というものに対するイメージが良い意味で崩れました。

塾長には受験まであと半年程とギリギリの入塾にも関わらず、他の塾生と同じ様に接して頂いたと思っています。

また、塾生の仲間たちにも励まされ、励まし、応援してもらいここまで全力で戦えたと思っています。

明秀館に入塾し、第一希望に合格した事とはとても嬉しい出来事でしたがそれと同じくらいに、
塾長、塾生との出会いに感謝しています。ありがとうございます。

入籍の報告に来てくれました!

卒塾生が入籍の報告に来てくれました。

中学校、高校と部活と勉強を両立しながら一緒に頑張ってきた子です。

大学入学後もちょくちょく節目の時に顔を出してくれました。

もう今では幼い面影もなく立派な社会人です。仕事が少し落ち着いたらお祝いをしよう!

彼にとって明秀館が何かの節目の時に頭によぎる存在であり続けていることが本当に嬉しいです。

京都文教大学合格 保護者様の声

城陽市の進学塾明秀館です。1人1人とじっくり向き合う個人塾だから出来る『合格』があります。

以下の保護者様からいただいた声をご覧ください。

中学校3年生から入塾しました。高校に入ってからも、部活が一番、という生活を送っていました。

塾長からは部活に没頭している場合ではないと伝えてもらってはいましたが、本人も親も、できる範囲でいいのではないか、というスタンスでした。

でも、そこを反対するのではなく、現在の状況を踏まえて、本人の受験のスタイルを考えていこうとお声をかけていただいておりました。

高2になると塾の方へ足が遠のくようになることもありましたが、ちょうど高2の2月、世間がコロナで大きく変化し始める頃、高校の部活も停止となり、そこをきっかけに受験モードに切り換えて行くことを選択できました。

この時期になっても、本人の中ではまだ漠然としていたように思います。

けれど、具体的に将来の話、実際の大学の状況を教えていただき、親子で話し合う中で、ひと筋の光が見えた思いがありました。

そこから逆算して、今することを具体的に目標を立てて積み上げることができました。

それには、中川先生を始め講師の先生方に、時間的にも精神的にも支えていただけたことが本当にありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。

本人の性格をふまえ、合わせた声かけや指導、講師の先生まで配慮していただき、受験対策や受験必勝法を目の前に掲げ、集中して取り組むことができました。

本人にとって、今までの勉強の中でとても意味のある、色々考えさせられる時間となり、頑張ることができ、自信を持つことができた貴重な経験を味わうことができた時間でした。

親子共、支えてご指導いただき、ありがとうございました。

奈良高専合格 保護者様の声

城陽市の進学塾明秀館です。1人1人とじっくり向き合う個人塾だから出来る『合格』があります。

以下の保護者様からいただいた声をご覧ください。

中2の12月、友人の紹介でご縁を頂きました。特に何も考えず姉兄が通った塾に行っていましたが、通知表と実力テストの成績になんとなくズレを感じ、どこの高校を目指したらいいのか悩み始めた頃でした。

息子は入塾テストにとても緊張していましたが、私はワクワクして伺いました。

初めてお邪魔した教室はたくさんの生徒さんがいるのにシーンと静かで凛とした空気に包まれていました。

先生が私にお話してくださっていてもその空気感は一瞬も乱れる事なく、その集中力に衝撃を受けとても感動しました。

この教室が息子の居場所になる事がとっても嬉しくて、『もうこれで全て大丈夫!』みたいな気持ちになったのを覚えています。

通い始めた息子の第一声は「とにかく落ち着く!」「椅子が最高に気持ちいい!」でした。

学年末テストを目前に学校が休校になり、受験生という学年になっても緊急事態宣言が発令され、学校に行けない日々が続きました。

人生で初めて経験する困惑した暮らしの中でしたが、息子の勉強に関しては一度も不安にはなりませんでした。

明秀館だけは変わらずに学習を続け学校の分まで受け入れてくださったからです。

コロナ禍も息子は毎日イキイキとメリハリのある充実した日々を過ごせました。まるで勉強が趣味になったかのように、本当に嬉しそうに、楽しそうに明秀館に向かっていました。

遅くまで勉強して帰ってもまだ「ZOOMに入る!」と言ってあっという間にご飯とお風呂を済ませ机に向かっていました。

ここまで息子を夢中にさせてくれたのは、中川先生と明秀館の仲間です。みんなそれぞれの目標を掲げ励む授業の合間には漫画を読む時間を与えてくださったり、みんなで散歩して公園で遊ぶ時間を作ってくださったり、クリスマス会には着ぐるみを用意してくださったり、塾の後のZOOMにもつきあってくださったり、子供達の息抜きの時間までも中川先生は目を離さず、本当に緩急のある指導をしてくださいました。

メールに届く青空の下の写真、子供達の笑顔がキラキラしていて、とても清々しい気持ちにさせてもらいました。年末年始も毎日毎日、『続けることを続ける』子供のやりたい気持ちをまっすぐに全力で受けとめ続けてくださいました。

「奈良高専を目指す」という目標を胸に、中川先生の元でひたむきにがんばった息子、彼が得たものは合格よりもっともっと先にあると思っています。

高い目標を持った友達と共に真剣にがんばれる気力と体力と人間性を培って頂いた事、これから生きていく将来に大きな糧になる事と確信しています。

中川先生、そして切磋琢磨できる素晴らしい友達に出逢えた事に、心から感謝しております。本当にありがとうございました。またこれからも引き続き見守ってやってください。乱筆乱文お許しください。本当に、ありがとうございました。

奈良高専合格 保護者様の声

城陽市の進学塾明秀館です。1人1人とじっくり向き合う個人塾だから出来る『合格』があります。

以下の保護者様からいただいた声をご覧ください。

息子が強く熱望していた奈良高専。合格発表の受験番号を目にした時は大きな喜びとこれまでの緊張から解き放たれて脱力感でいっぱいになりました。

中学2年生の6月、明秀館のドアを叩きました。2年生になってすぐ「ちゃんと授業を受けたいのにクラスが騒がしくて集中できない。」周りの子たちと向き合い方のズレがありました。

勉強できる場所を探してやらないと…と塾探しを始めた時に、明秀館に通われている同級生の子から紹介カードをもらってきました。

これは行ってみるしかない!と早速連絡させて頂いたのが始まりです。

明秀館には私も一緒に出向きました。席につくなりスッとその場の雰囲気になじみ溶け込んで勉強を始めた息子の姿を見た時「あ、ここなんだ!」と直感しました。「勉強はやる気で取り組むのではなく習慣づける事が大切」だと塾長が言っておられました。

初めの頃は週3回ほどでしたが徐々に増え、志望校が決まってからはほぼ毎日当たり前のように通っていました。

毎日毎日充実した顔で帰ってきては塾の話をしてくれました。明秀館で過ごす時間は息子にとって居心地の良い時間なんだと改めて感じていました。

部活や生徒会活動で疲労感たっぷりの日も重い腰を上げながら塾へ向かう姿を尊敬しました。志望校が奈良高専に決まったのは中学2年生の終わり頃でした。

そこからは”基礎的な部分をしっかりとりにいく”という方向にシフトを切りかえて取り組んでいました。

受験前には現役奈良高専の生徒さん(明秀館の卒塾生)を呼んで下さり学校や入試について話を聞く貴重な機会を設けて下さりました。

人生のバイブルとなった漫画キングダムとの出会い。難しい問題を解けた時の楽しさ。将来の自分をしっかり考えられた事。切磋琢磨しあえる仲間と出会えた事。明秀館で得られた事はとても多いです。

中川塾長の的確なタイミングでの的確な指導。頑張っているみんながいるから自分も頑張れる。勉強する時も全力。楽しむ時も全力。夏の合宿や冬のクリスマス会。どの場面を切り取ってもかけがえのない経験をさせて頂けました。

コロナ禍の休校中の時も、受験目前の時も学びを止める事なく勉強でき、仲間と信頼している塾長と過ごせる環境を整えて下さり本当に感謝しています。

これからがスタートです。明秀館で培った”底力と精神力”でこれからどんな事にもチャレンジしてほしいです。この度は合格へ導いて下さり本当にありがとうございました。

佛教大学合格 保護者様の声

城陽市の進学塾明秀館です。1人1人とじっくり向き合う個人塾だから出来る『合格』があります。

以下の保護者様からいただいた声をご覧ください。

娘と明秀館を結び付けてくれたのが、この『喜びの声』でした。

知り合いで明秀館に通っておられる方に紹介してもらいホームページに掲載されているページを夢中で読み始めました。

今、その「声」を届ける側に立たせて頂いていることは未だに信じられない思いです。

将来の就きたい職業とそれに向けた進学を比較的早く決めていた娘が焦りだしたのが、高2の春。それまで通っていた塾に少し後ろ髪を引かれる思いをしながらも、「このままじゃだめだ。」との気持ちが高まり塾長に連絡させてもらいました。

面談でお話ししてくださった内容はこれまで自分たちが思い描いていたものとは大きく異なり、すべてが目から鱗でした。

今では「もう少し早く塾長に相談すればよかったね」と二人で話しています。入塾を許可して頂いてからの娘の努力は、私たちがこれまでに見たことがないような計り知れないものでした。

これまでとあまりにもかけ離れた生活サイクルに、家族が慣れる必要もありました。ですが家にいる時間が極端に減り、自宅にいる場合でも塾長から指示された英単語プリントを片時も離さない娘の姿を見ていると、自然とバックアップ体勢が整えられていきました。

塾長からは「来年の今頃は、推薦入試を押さえておきたいね」など、いつも絶妙のタイミングでお言葉を頂きました。

娘としても具体的な目標と共に頑張ることが出来たのだと思います。時には、せっかく頂いた助言の意味を履き違えて受け取り、落ち込むこともありました。

その時もそのあたりを察して娘が話しやすい講師の先生との授業を増やしてくださり寄り添って下さって、どんなに救われたか。

こうしていつでも、その時に必要なことを正確に伝えてくださり、我が子を見守っていて下さったのだと思います。本当に有り難いことです。

受験のプランは、塾長の豊富な経験から導かれる進路指導による併願プランがズバリでした。私立と国公立共通テストに向けての学習時間など、あくまでも『現実を直視』して残りの時間で娘の可能性を高めてくださいました。

言いたくないことを言わなければならない場面もきちっと本当の意味で娘にとって必要なことを伝えようとしてくださったことは、その時は少し娘がかわいそうに思うこともありましたが、大きな間違いでした。

娘の力や可能性を誰よりも真剣に考え、また向き合ってくださったことで娘の迷いもなくなっていきました。

推薦入試も受験当日までの演習では一度も合格ラインに達することはありませんでしたが、その時の学習バランスが最適だったことでなんとか本番では合格を勝ち取ることができました。

また、今年は特にコロナ禍の中、リモート授業や消毒などご苦労をお掛けしたと思います。塾生を見守り、学ばせて下さる環境が明秀館には整っています。塾生の皆さん、保護者の方には素敵な春を迎えられますよう、お祈りいたします。お世話になり有難うございました。