未分類

勉強しなさいと親が言わなくなる時

お子さんに対してもっと勉強しなさいという感情が産まれなくなった時に初めて成績があがる準備が整います。

少なくとも受験学年でこの時期に親の目から見て「頑張りなさい」という感情があるのなら残念ながら現在地はそんなとこです。

そして、それに対してがっかりする必要もありません。

今はそんなに取り組めてなくとも、自分が真剣になるタイミングはきっときます。少なくとも保護者の方が出来る範囲は信頼できる塾を見つけるところまでです。

ダメなのは無理にやる気を引き出そうとあれこれ親が働きかけることです。

親が主導の高校受験は、高校から先にお子さんがうまく行かないケースが多いです。

明秀館では、入塾の面談の際にこのあたりをしっかりとお話しし、お子さんに必要以上に介入しそうな保護者様の場合はお断りすることも少なくありません。

以前に、「こんなに子供に言ってやったから今度のテストは大丈夫です。」と僕に話してくださった保護者様がおられました。正直、最悪です笑