情熱をもって子供たちとともに歩んでいきます。

喜びの声
喜びの声
2019年度(2019年3月)
  

学校が大好きな娘。「自転車で通える学校に行ってるのに、わざわざ電車に乗って塾に行かなくても自分でやる。」と言って高3の部活が終わっても、学校の授業や講習と自習で受験をのりきろうと頑張っていました。しかし、2学期頃から大スランプ。思うように問題が解けず、模試の結果も思わしくない。さらにセンター試験に向けての教科が多すぎて、どの教科のどこをやれば良いのか迷い、「全部やらなければ…」とあせって勉強が手につかなくなっているようでした。環境を変えるのは勇気がいるけど、ここはプロにお願いしよう。「 行くなら高2の時に体験に行かせていただいた明秀館しかない。」と思い無理を承知でお願いしました。精神的にボロボロの娘を「ご縁ですから。ちょうど机が1つあいていますので。」とこちらを気遣い快く引き受けてくださいました。本当にありがたかったです。塾長は「今はこれを重点的に…」と今すべき事を伝え、教材を提供してくださったので、娘はそれをこなしていく毎日。何をするか明確になったので、迷うことなく勉強にうちこむことができたようです。何よりも、今まで学校で頑張ってきた娘の気持ちをくみとり、学校で自習して、その後、塾に通うというペースを理解してくださったので、安心して勉強できました。通い始めの頃、わからない問題があり、どうしたら良いか迷っている時に「何か困っている事はない?」とタイミング良く声をかけてくださったり、センター試験が終わり塾にいる時間が長くなり、夕食も持っていったお弁当や買った物を食べている日が続いて疲れがたまってきているなと感じていたら塾長が「たまには家でゆっくり夕食をとったら?」と娘に声をかけてくださいました。たくさん生徒さんがいらっしゃるのに一人一人丁寧に見てくださっているのがわかり、私も安心して受験最後の大切な時期を過ごす事ができました。また、センター試験後は毎日、娘の二次試験の採点と添削をしてくださいました。記述だらけで私が見てもゾッとするような分量を当然のように翌日に娘に指導してくださったことも間違いなく二次試験を突破出来た理由だと思います。明秀館に誘ってくれたお友達、同じ高3生の皆さん、講師の皆さん、そして塾長!皆さんとのご縁に感謝いたします。ありがとうございました。

  

入塾させて頂いたのは、中学3年の夏。娘がどうしても受験に向けての勉強の仕方、対策、取り組み方がわからないと、塾に通いたいと言い出し、お友達が通っていた明秀館を紹介して頂きました。初めての塾通いで、ちゃんとついていけるか、続けられるのかと心配していましたが、娘にとって明秀館での勉強の進め方、勉強をする為の環境、個々に与えられるスペースなどがすごく合っていたようで、進んで通うようになりました。そして希望していた高校に合格し、入学する事が出来ました。今回、大学受験を前に、一度退塾してしまった明秀館に再び高校2年の終わり頃から入塾させて頂きました。こんな時期からではもう遅いのではという不安があったのですが、中川塾長に直接相談し話をして頂き、お世話になる事が出来ました。明秀館は他の塾とは違い、塾に通える時間がたくさんあり、自分の体調、自分のペースに合わせて通う事が出来たので、行ける日はほぼ朝から晩までお弁当を持参して一日塾で過ごすという生活を送っていました。そんな中でも、時期ごとに塾の方で色々な催し、イベントをして頂き、塾生のお友達と一緒にとても楽しい時間を過ごさせて頂きました。勉強をする時はしっかり勉強に取り組み、楽しむ時は思いっきり楽しむ。そんな明秀館での生活が娘にはすごく良かったのだと思います。高校では3年間部活を最後まで続けられ、学校の行事にも全て全力で楽しく参加し、本当に充実した高校生活を送ることが出来ました。そして集大成となる大学受験では、受験した私立大学、公立大学全てに合格する事が出来ました。本当に幸せなことです。よく頑張ってくれたと思います。娘がここまで来れたのは、明秀館で長い間お世話になった中川塾長、講師の先生方、皆様のご指導ご鞭撻のおかげです。どれだけ感謝しても、しきれません。親の私達でも子育てをする中で一番難しい時期の娘を、長年にわたり面倒を見てご指導をして頂き、本当に、本当にありがとうございました。

  

水戸に住んでいた10年前から、城陽市の実家に帰省するたびに「素敵な塾があるなあ」と思いつつ明秀館の前を通り過ぎていました。3年前、娘が高校入学と同時に関西に戻ってきました。決して器用ではないけれど、精一杯部活に打ち込む彼女を見て、全力で取り組むことの大切さを教わり、それを応援することが親の務めだと考えてきました。気づけば部活引退直前、いよいよ大学受験にシフトチェンジしなくてはいけないと考えた高2の2月に明秀館の門を叩きました。塾長は今からできることとできないことがあるという現実をはっきりと示し、今からできる選択肢の中でベストを目指すための戦略を考えてくださいました。通塾を始めてからの彼女は、休日も関係なく毎日明秀館に通いました。まるで毎日食事するのと同じくらい当然のように塾へ通う姿を見て、何がそこまで彼女を動かすのだろうと不思議に思ったくらいです。受け身ではなく自分のペースで学習できるスタイルと、くじけそうになった時に頑張る仲間が周りにいることがこんなにも大切だったのだと実感しています。志望大学の選択では迷路に入ったようになやみ、夜遅くまで相談にのってもらいました。広いネットワークで情報を集め、目の前の大学受験だけでなく日本の就職事情まで視野に入れてお話ししてくださいました。いよいよセンター試験、私学2次試験という時期には、励ますつもりが逆効果になりかねない親に対し、塾長とともに娘たちが今までどれだけ頑張ってきたのかを示してくださいました。努力を積み重ねてきたわが子をただ信じて見守ることが、親としてできることだと理解しました。その結果、希望していた大学に合格することができ、娘は自分で選んだ新たな道を歩き出そうとしています。明秀館で鍛えていただいたのは学力ではなく、学力を含めた人間力なのだと思います。今思えば、10年前に私が明秀館に惹かれたのは、整然と並ぶ自転車や勉強を終えて出てくる生徒さんの生き生きとした表情を見て、人として大切なことを身につけるところなのだと直感したのかもしれません。この一年の歩みに付き合ってくださった、塾長はじめ講師の皆さん、ともに学んだ生徒の皆さん、全てに感謝しています。本当にありがとうございました。

  

小6から高3までの7年間、お世話になりました。あどけない我が子が気づけば頼もしい男!?に成長していました。中学での初めての定期テストはよくわからず、明秀館でのご指導通りに勉強することで、それなりの点が取れ、勉強をするという基礎を教えて頂きました。おかげで第一希望の高校に合格できました。高校では、自分で決めた長距離自転車通学、真剣に取り組んだ部活動。通学途中では、パンクし押して帰ってきたり、ぶつかってこけてケガしたり、部活動では骨折等大ケガをしたりと大変でしたが、最後までやりとげたのは立派でした。そんな時期、疲労もピークだったと思いますが、歯をくいしばりながら明秀館に行く姿は我が子ながらえらいなあと感じました。部活動を引退してからは、学校と明秀館でのバランスをはかりながら自分なりの勉強に取り組んだようです。この年頃になると、親の私も気をつかう程頑固なところも垣間見えて来ました。塾長はそんな息子との距離感をうまくコントロールしてくださり、関わり過ぎず離れ過ぎず様子を見ながら声かけをして頂き感謝しております。これが他の塾と明秀館の決定的な違いだと思います。面倒見が良いだけや、楽しいだけの塾の話はこの7年間で沢山聞きましたが、あくまでも指導力がベースにあるのが明秀館です。その上で1人1人の特徴を掴んで指導されているのには面談やお話する度に、「よく、ここまで1人1人見てるなぁ 」と感じていました。また、自宅でほぼ勉強しないので、明秀館の勉強スペースというのは、親にしてみれば本当にありがたい場所でした。とにかく機嫌よく明秀館に送り出すということだけに集中して、美味しいご飯を作っていました。結果、この合格に行きついたと思っております。本当に、心から感謝しております。7年間、ありがとうございました。明秀館でのパーティーや塾長からの差し入れは、人の何倍も美味しく頂いたようでありがとうございました。食いしん坊の息子でした。

  

まずは第一志望の大学に無事合格することができ、中川塾長をはじめ、沢山の講師の先生方、共に頑張った仲間たちに心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。息子は小6から高3まで7年にわたり明秀館でお世話になりました。振り返ってみると、息子の生活の中で、学校以外の時間はほぼ塾で過ごしていたように思います。家ではご飯、お風呂、そして寝るだけ。家で勉強する事もほぼありませんでした。それほど明秀館では好きな時に好きなだけ勉強出来る環境が整っています。キャッチフレーズにあるように、「勉強したい人にとっては天国!」まさにその通りなのです。そして塾長は、息子の性格や特徴などをしっかり把握して、いつもベストなタイミングで、ベストな声掛けをして下さいました。子育ての半分は塾長が担ってくれたのではと思うくらい、勉強や進路、受験に関してもほぼ塾長にお任せしていました。明秀館と出会えた事、塾長に出会えた事は本当に幸運だったと思います。本当に長い間お世話になり、ありがとうございました。

  

このままでは志望校どころかどの国公立にも行けないと焦り出したのが高2の秋でした。今まで続けてきた競泳をやめて高2から勉強に専念すると決めたのに、やる気が出ず、勉強の進め方がわからなくて夏休みが過ぎた頃やっと塾に行きたいと言い、個別指導の塾ををいくつか体験しました。個別と聞くと丁寧にじっくり見て弱点を補強してもらえる気がしていましたが、ここで勝負するという気持ちに踏ん切りがつかずしっくりいかないまま妥協的に不安な気持ちを抱えたまま塾を決めかけていました。そんな時に友人から明秀館のパンフレットをいただきました。明秀館の授業スタイル、合格実績、生徒さんの写真などをパンフレットを見た瞬間にそれまで体験に行った塾と違うと感じ、すぐに電話し塾長に面談をしていただきました。話の中で息子のことを理解していただき、私の不安だった気持ちも察していただいて、難しい年頃の子への接し方や口を出さずに見守ることも大切だと熱意をもってお話ししてくださいました。保護者の言うことをなんでも聞く他塾の対応と異なり、こういう時はこうしてくださいとはっきりと意見を言われてるのが印象的でした。入塾後はより一層息子の性格も理解していただき、いつも的確なアドバイスや対策をしていただき、ご指導いただいたおかげで行きたいと思う大学に合格することができました。あの時友人から明秀館のパンフレットをもらってなかったら合格できていなかったと思います。センター試験が終わって1番しんどくなる時期も、当たり前のように勉強を続けている息子の成長を合格よりもよかったと思えた瞬間でした。いつも細かな心配り、 お休みの日でも教室を開けていただいたり新館を利用させていただき感謝の気持ちでいっぱいです。明秀館で頑張ってこれたことは今後大きな力になると思います。中川塾長はじめ講師の先生方 、共に頑張る仲間に出会えたことに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。うまく言葉に出来ていませんが、明秀館と出会えて本当に幸運でした。

  

明秀館には高2の2学期途中からお世話になりました。それまでは別の塾に通っていましたが今ひとつ思うような環境ではなかったこと、また勉強の進め方にも不安があり、他の人はどんな勉強をしているのかを人に聞くなどしていた時にクラスの友人から明秀館のことを聞いてきたのが塾との出会いでした。最初は学年定員いっぱいの中に無理を言って入れて頂きハーフコースからのスタートでした。帰宅部だった娘は学校から帰ってとりあえずのんびりゆっくりしていたそれまでの日々とは変わり、学校と家の間の途中駅で降りて直接塾入り、一緒に頑張る仲間の影響もあって夜まで塾に居続ける生活となりました。娘の頑張りを認めて頂いてレギュラーコース入り、高3部屋入室と、より高みを目指していけるよう計らってくださったことがとてもありがたく思い出されます。疲れからくる体調不良時にも休んだ分のフォロー等ご配慮頂き、メンタル弱くなりがちな時には個別指導を多めに入れるなど、本当に一人ひとりに合ったペース配分や指導内容を考えて頂いた思います。また、クリスマス会・合宿等のイベントや、時にはお弁当やおやつの差し入れ等々数え上げればその全てが塾生たちへの細やかな心くばりであったと改めて感謝の気持ちでいっぱいです。目標に向かってやり抜く覚悟と続けることの大切さを学んだ明秀館で過ごした時間は、これからの娘の大学・社会人生活の基盤になると思います。ここまで支えてくださった塾長はじめ講師の先生方、共に頑張った仲間の皆さんにも心からお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

  

息子が明秀館に通い始めたのは中学1年生の冬頃でした。それまでは、保育園の頃から英語塾だけに通っていましたが、高校受験のために他の教科の学習が不安になったので明秀館に入塾させていただきました。高校受験はクラブも勉強も頑張れる学校ということで選択したようです。親から見てかなり厳しい部活に入っていたので、なかなか日常的に学習時間を確保することが難しかったのですが、部活終わりの遅い時間からでも通えるように明秀館は受け入れてくださりました。きっとここでなければ実際こうして合格まで続かなかったでしょう。大学受験に向けて学習方法もわからなくなり悩んでいたこともありました。相談しに行けば良いのにそれが息子にはなかなかできない。それでも、なんとか最後まで部活も勉強も投げ出さずに3年の10月までやり遂げることができました。志望校に入るための学習の裏には塾長の支えがあり、息子の性格を私以上にご理解されていました。最後まで素直にアドバイスを受け入れることが出来なかったと思われるかもしれませんが、息子なりに明秀館や塾長を頼りにしていたことはどうぞご理解くださいね。立命館の合格発表の日、「受かった!」と息子からLineが入った時は本当に嬉しかったです。明秀館での学びの場があった上で、息子自身も頑張ったなと思います。親としてできることは体調管理、そして黙って温かく見守ることも大切が大学受験においてはきわめて重要だと、塾長の言葉が今になって実感できます。中川塾長、講師の先生方、本当にありがとうございました。

  

まずは、無事に第一志望への合格を勝ち取り、満足のいく結果に親子でホッとしています。中学3年生より明秀館にお世話になりましたが、まず驚いたのが子供の性格を的確に捉えてアドバイスをくださったことです。努力することが苦手な点、つまり現状でよいという気持ちで本人が取り組んでいる姿を、なんとか高みを目指し、それに向かって必要なことを意識するというように導いてくださいました。まず、高校受験の際には、志望校の選定や対策についての的確なアドバイスをいただき、徐々に本人の受験に対する取り組み方が変化していったことを覚えています。さて、今回の大学受験においては、高校での進路指導と明秀館えまのアドバイスを参考に、関西に拘らずに全国に目を向け、そして何より本人が大学で何を学びたいかを重視して志望校及び、第ニ、第三の志望校を絞り込みました。我が家では「勉強しろ 」とは一切言いません。結果は本人次第です。私たち親の世代とは勉強の中身や質もかなり違う中で、親の価値観を押し付けるのも本人にプラスになるとは思えませんでした。そうは言っても、勉強には一生懸命取り組んでほしいと思う親の気持ちを明秀館はうまくサポートしてださいました。中学からともに明秀館で学ぶ学友達とのふれあいから生まれてくるモチベーションの変化、合宿などの存在も大きかったと思います。末筆ではございますが、塾長のご指導ご鞭撻に感謝申し上げますとともに、益々のご発展を祈念し、御礼の言葉に代えさせていただきます。ありがとうございました。

  

中3の時に城南菱創高校への合格に導いてくださった塾長を頼りに、高校も迷うことなく明秀館に通わせてもらいました。高校入学後は、学校の定期テストにしっかり取り組むことを第1目標にすることを塾長にアドバイスをもらっていたようです。親の私は高校に入学できたことで正直満足していましたが、塾長はすでに3年後を見据えて指導してくださっていました。「指定校推薦を視野に入れるなら勝負は1年1学期です。 」この言葉で娘も具体的に目標を持つことができて、入学してゴールになっている子をよそにコツコツと成績を積み上げていきました。理系科目は教室でじっくりと教えてもらい、定期テスト直前は自宅で音読を中心に取り組むというスタイルも早くから身につけていただきました。テスト数日前はピリピリとしている娘に対して私も、妹もこそこそしてのも振り返ると懐かしいです笑。高校入試、大学入試と娘の人生にとって分岐点になる大切な時期を暖かくサポートしてくださってありがとうございました。気難しい子だったのでご迷惑をおかけしてしまうことばかりだったかもしれませんね。今はこれからの大学生活に向けてあれこれ想像している娘を見ているのがとても嬉しいです。本当にありがとうございました。

  

この度娘が第一志望に合格することができたのは、中川塾長はじめ、先生方のご指導のおかげと心から感謝しております。早くから志望校一筋の娘でしたが、模試の結果はほとんどC判定以上にはなりませんでした。それでも、『模試の結果ではなく、頑張ってるねと子どもさんを褒めて下さい』と塾長から助言いただいていたので、家庭ではそのように心がけていました。勉強に身が入らない時期もありましたが、そんな時にも、塾長が色々な勉強方法を提案したり、時には厳しい言葉をかけたり、子どもが自ら勉強に対する姿勢を見つめなおすように工夫して下さいました。そのおかげで、それまで家で夕食をとり重い腰を上げて塾へ向かっていた娘が、自ら下校後教室へ直行する日を増やし、休日の教室利用時間も増やすようになっていきました。夏の合宿以降お友達との交流も深まり、それが教室への足取りを軽くしていたことにも繋がっていたと思います。明るく元気なルームメイトの方々には随分と励まされ、心癒してもらえていたようです。皆さんにも感謝しています。滑り止めには公募推薦を利用し、あとは本命の一般入試だけを残して、秋から冬は過去問を繰り返しながら合格ラインに近づけていきました。終盤まさかの急性腰痛で塾に通えない時にも、体調を崩して休む日数も想定内です、と塾長は全てお見通しで、我々の焦りを最小にとどめて下さいました。本人は塾での課題をきちんとこなしているという自信があったので、落ち着いて本番を迎えることができていたように思います。そして合格発表に感極まり大興奮の私の横で、落ち着き清々しい表情の娘を見た時は、できることは全てしてきた結果なのだなぁ、明秀館にお世話になれて本当によかったなぁと実感した瞬間でした。御縁があり紹介していただいた方、経験談や大学生活などを語ってくださった先輩方、お世話になった方々にもこの場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうこざいました。

  

明秀館には中1の夏からお世話になり、高3まで毎日のように通わせていただきました。当たり前のように毎日机に向かうことができたのは明秀館のおかげだと思います。高校生になり、とりあえず国公立大学を目指すという校風の中で、息子も自然と国公立を目指すようになっていましたし、親の私達も「そうするのだろう」と漠然と思い込んでいましたので、高3の夏までは学校の面談も含め、私立大学の選択肢を真剣に考える機会がありませんでした。夏休みも終わろうとしていたある日、塾長から長いラインメッセージと電話をいただきました。長年、息子を見ていただいた塾長から進路に関する率直なアドバイスで、その中に「指定校推薦」の選択肢がありました。息子の高校は積極的に指定校推薦を勧める学校ではなかったので、本人はその選択肢に気付かないまま高3まできていましたし、私は知ってはいましたが、どこか他人事でした。アドバイスを頂いたことで改めて選択肢に入れると、とても魅力的で、学校が始まり指定校が来ている大学を調べると、たまたま息子が勉強したい学部学科に希望が出せることが分かり、怒涛の一週間で決断しました。今では息子も大学での勉強が楽しみで仕方ないようですし、あの時決断して本当に良かったと思っています。もとより、明秀館で培った学力のおかげでこの選択肢を選ぶことができましたので感謝の気持ちでいっぱいです。今、大学受験は様々な方法があり、戦略や選択も大切だということを身をもって実感しました。大学進学はゴールではなく、社会に出るためのスタートラインだと思います。小さい頃からモノづくりが大好きだった息子が、そのスタートラインに無事立てたのは、中川塾長が愛情をもって子供に的確なアドバイスを下さり、講師の先生方があたたかく支えて下さり、一緒に勉強を頑張ってきた仲間がいたからこそだと思います。これからも明秀館で付けていただいた色々な力を糧に、自分の人生を切り開いていってほしいと思います。長い間、本当にありがとうございました。

  

明秀館へは小学校6年くらいから通わせてもらいました。中学校の最初から定テストの勉強に対してトコトンやる環境が整っていたため、安心してお任せすることが出来ました。周りの保護者と子供の勉強の話になった時に、「無理やり塾に行かせた。」 などをよく聞きましたが、娘に関してはそういったことがなく、明秀館で良かったと思いました。塾長とも何度もお話しする中で、自発的に勉強をする方向に持っていく強い信念を感じました。時には、そんなに頑張らなくてもと思うくらいに頑張る姿勢が見ていてつらくなる時もありましたが、その意味は高校生になった時にわかりました。親としては、高校受験で希望の学校に無事入学出来ホッとしていましたが、そこからが本番でした。いわゆる私立のエスカレーターと言われる学校からでも、希望する学部に進学出来るのはほんのひと握りです。のんびりしていた私たちですが、塾長はそのあたりを熟知されており、高校1年の最初の定期テストの重要性を娘にしっかりと伝えてくださり、良いスタートダッシュがきれたのが今から思うと本当に大きなことだったと感じています。高校では希望していた書道部に入部し、思いっきり打ち込むことができ、全国大会出場などかけがえのない思い出も出来たようです。そして、勉強面では中学校から1to10特訓を通して培った勉強のやりかたを元に計画的に取り組めていたように思います。明秀館は他塾と異なり通塾時間や曜日が自由で、時間も高校生がたくさん勉強できるように23:00過ぎまで開けてくださっており、忙しい部活の後からでも少しの時間を大切にすることができました。小学校から今日までの6年間、振り返るとあっという間でしたが、明秀館がなければこんなに充実した日々にはなっていませんでした。本当にありがとうございます。

  

姉のご縁で中学校一年から、明秀館にはお世話になりました。学校トップレベルの学友の中、お世話になれるレベルではないにも関わらず、塾長の配慮の中、ついていったと思います。塾長には、本人が学びやすいよう様々な工夫を頂き、頭の下がる思いでした。本人も塾長を信じ切っていたのが、良い結果を産み出せた要因だと実感します。高校受験の時には色々なアドバイスを下さり、親の思考になかった進路の提示を頂き、大学進学決定した今、本当にありがたかったと思います。昔と違い様々な受験方式がある今、様々な方法の進路決定があると思います。その中で塾長は、子供の特性に合わせた進路を提示下さり、その結果が現在の合格に繋がったと思います。塾長が高校受験の際コメント下さった通り、クラブに打ち込む事ができ、又、本人も満足のいく進路を選ぶ事が出来ました。塾長が導いて下さった事を信じて進み、親子共々、本当に満足感しています。今後、大学生活にあたり、明秀館でがんばってきた経験を生かせればと思います。中学高校を通して5年間、本当にお世話になりありがとうございました。

  

娘は12月20日に志望校の推薦入試に合格しました。一年前の同じ時期に中川先生は、「推薦入試で合格できれば、来年のクリスマスには決まってますよ。」何気なく聞いていた話が現実のものになったと、合格を聞いた時そう思いました。志望校は高校に入学した時から決めていましたが、一般入試での受験しか考えていませんでした。中川先生のアドバイスもあり、高3の夏に推薦入試を受けると決めました。この選択は学校の情報だけでは判断できませんでした。おそらく、娘のことを間近でずっと見てくださった先生だからこそ、このチャレンジの可能性を感じてくださっていたのでしょう。推薦入試には、小論文と面接があり、それまで一般入試での勉強しかしていなかったので、そこから準備に入りました。合格した数日後に、娘に推薦の試験内容を聞くと、小論文、面接ともにとても難しい出題に驚きました。小論文に関しては、明秀館で指導してもらい力をつけていただいたのでしょう。また、試験当日、中川先生から励ましのメールが送られていたと聞き、塾生への思いやりを感じました。振り返ってみると、娘の高校生活はとても充実していたと思います。部活動の部長として、クラスの委員として、文化祭などいろいろな行事に熱心に取り組めたことも彼女の合格の基礎力となったはずです。このように行事に全力で取り組めたのは、中川先生に学校行事や部活動とを両立出来る環境を与えてもらったからだと思います。そして、これらの経験はきっとこの後の大学生活でも役立つはずです。娘は中学3年生から明秀館にお世話になりました。中学の間から少しずつ、娘にあった勉強スタイルを作っていってもらったことが合格の大きな力となっていたように感じています。大切な時期にお力添えをいただき中川先生に感謝しています。ありがとうございました。

  

明秀館には中2の時からお世話になり始め、約5年、塾に行く事が娘にも親にも生活の一部になっていました。卒塾する日が近づくにつれ、何となく寂しさを感じ、「明秀館ロスにならない?」と何度か娘に聞いた程です。 数ある塾の中でそう思える場所に出逢えたのは本当に幸せな事だったのだと改めて実感しています。高校受験が終わった直後から塾にいる時間が一気に長くなり、「塾でしないと集中出来ない」と言う娘に寄り添って、可能な限り開けて下さってたお陰で高校に入ってからの成績が目に見えて上がって行き、塾に居るのが楽しい。勉強が楽しい。と言うようになりました。高3になり、受験シーズンが近づいてくると、自分で自分を追い込み始め、周りが見えなくなっていく娘に対しても塾長と講師の先生方で上手く連携を取って、的確なアドバイスとサポートをして下さった事、更に家庭での親の対応の仕方についても小さな事まで相談に乗って下さった事。とても心強く、感謝の気持ちでいっぱいです。最高の環境でしっかりとした勉強体力、勉強方法を身につけて頂いた娘は、今後の大学生活に於いてもめげる事無く続けていける事と思います。大学生になってもまだまだ未熟。今後も人生の先輩としてご指導を頂ければ幸いです。長い間お世話になり、有難う御座いました。

  

『信頼できる先生方に出会えて、勉強を心から楽しんだ3年間』息子が明秀館にお世話になりましたのは、小学6年卒業式直後からでした。知人の紹介で知り、通うようになったのですが、この塾に通えて本当によかったと思っています。ここに来る前は、勉強すること自体が苦痛以外の何物でも無くなっていました。正直言うと、この頃は塾に通うことに抵抗があったみたいです。でも、明秀館はとてもアットホームな雰囲気の環境で息子を受け入れて下さったので早く馴染むことができました。入学当初は、最後まで自分の力で考え抜くということができず、幼く、のんびりした息子に丁寧に指導して頂いて、とても有難かったです。はじめは結果が出なかったのですが、『焦ることはないですよ』と連絡を頂き、スロースタートながら波に乗ることができました。このころから学校のテストで好成績を取ることに喜び、取れないと悔しがる気持ちが芽生えてきたみたいです。明らかに変わったのが、勉強に取り組む姿勢や気持ちです。勉強に関して、意識が少しずつ変わってきたのが手に取るようにわかりました。家で勉強するより集中できるからと言い、自習にも行くようになりました。息子の性格を理解して心に響くような指導をして下さった結果、志望校に合格することができたと思っています。中学3年間明秀館に通い続けられたのは、何より息子が中川塾長に寄せる強い信頼の他にありません。人生の中で素敵な人と出会えることは、大きな財産だと思います。息子にとって中川塾長はそんな存在だと思います。勉強に関することだけではなく、進学、将来の進路、あらゆる問いに真摯に応じて下さったことに心から感謝致します。明秀館に通い、高校受験に挑めたことは私たち親子にとって幸せなことでした。受験というものに過度なストレスがなかったような気がします。中川塾長はじめ、素敵な先生方に出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。次は大学受験です。これからもお世話になりますが、よろしくお願い致します。

  

中学一年の一学期末試験前に友人の紹介でテスト前特訓に参加させていただいたのが入塾のきっかけでした。長時間の特訓を受けて帰宅しクタクタで疲れてもう行かないと言うのかなと思いきや開口一番“ここに(明秀館)通いたい”と本人から熱い思いを告げられました。その時のキラキラした目の輝きは今でも覚えています。それまでにも他の入塾体験に行かせていただいていたのですが、どれも本人の勉強スタイルに合致せず、和気藹々の集団授業ではなく自主性を踏まえた個の能力を引き出してくれる環境がこの明秀館には整っていました。子供の送迎の度に塾生の自転車を真っ直ぐ整列されている塾長の姿を見て“きっちりされているな 此処なら大丈夫”と思った瞬間でした。唯一心配だったのが部活動もやっていたので両立できるのかが心配でしたが塾側の配慮もあり、講師の方も学生時代に部活しながらの同じ境遇で過ごした経験を話されこちらの気持ちを酌んでいただき本人も精神的に救われた感がありました。この様なことから、ただ単に学力を伸ばすのだけが目的では無く 先生と塾生のコミュニケーションをしっかり図り塾生一人ひとりの得手不得手をしっかりと見出しメンタルケアも踏まえて課題解決に取り組んでいただけるのがこの明秀館の素晴らしいところではないでしょうか。約3年間通わせていただきましたが、単なる学習塾では無く本当の意味での学びの場であったと思います。勉強のみならず人間性も成長させていただいたと感じております。塾の先生方に叱咤激励されながらやり抜き通し志望校を勝ち取った本人の姿は清清しくも逞しくもあり確かな成長を感じさせてくれました。高い志しを持って共感し競い合った塾生の方々、些細な事でも親身になり対応してくれた先生方 此処で過ごした事の全てが本人にとっての宝であり、この後の学生生活に良い意味での影響になると思っております。合格は本人のやる気と努力は勿論の事ではありますが、明秀館の先生方はそれを引出し導いてくれます。最後になりましたが、塾長をはじめ親身になっていただいた講師の方々 心から感謝申し上げます。有難うございました。

  

「もう明秀館やめる!自分には場違い!」「やめてもいいけど、やめてどうするん?」「自分でやる。友達の行ってる塾に行く。」「まあ、それもいいけど。やめるのは簡単。続ける事の方が難しいんやから。あともう少しだけ通ってみれば?いつでもやめられるんやし。いつか必ず、続けて良かったと思う日が来るから。」意識の高い塾仲間と一緒に取り組んだ定期テストで、頑張ったつもりなのに思うように上手くいかなかった時、こんなやりとりを何度くり返した事でしょう。娘は決して要領が良いとは言えず、マイペースでどちらかというとのんびり屋の人見知り。そんな娘が、勉強が難しくなってきた中1の秋頃、「友達の塾はテスト前、10時間勉強しはるねんて」と言ってきました。とりあえず見学に行って受けた入塾テストはギリギリ。何とか入塾を許可して頂いたものの、厳しい部活で疲れ、週2回行くのでさえ足どりは重く。当然、しばらく通っても成績はすぐには上がらず悶々とした日々を過ごしていた頃、「〇〇するからあと1回、週3回は来ようか。」「テスト前やから毎日来てもいいよ」「もう少しだけ残って頑張ろうか」と、娘の性格をよく理解して下さっていた塾長は、少しずつ、非常に上手く導いて下さり、徐々に通塾日数も増えていきました。そんな中、中2も折り返しに入った頃から、ずっとなかなか上手く行かなかった定期テストでとても嬉しい点が取れる回がちらほら出てきました。「こんな自分でもやれば出来るのかも…。」そう感じたのでしょうか。気づけば娘があんなに言っていた、「もうやめる!!」という言葉を全く聞かなくなっていました。そうなってからの娘の明秀館への姿勢は明らかに変わりました。「早よ行かな!」「今日も最後まで残ろうかな。」「明日は自習に行こう。」「部活で足やばいけど、ちょっとだけ行ってくる!」ほぼ毎日通い、帰宅後は明秀館での楽しいエピソードを話してくれるようになりました。独特の雰囲気の中行われる入試で実力を発揮する事がどれだけ難しいか。だからこそ中学校の内申点がどれだけ大切な物なのか。塾長がいつも定期テストを一生懸命取り組む事の大切さを話されていたこと、受験を終えた今、身にしみてよく分かります。炎天下での練習でヘトヘトになり、眼を真っ赤に充血させながらも通ったあの日。試験前、早練がある前日の夜も眠い目をこすりながら23時まで残ったあの日。そんな小さな積み重ねがあり、今がある。続ける事を続ける。続ける事を続ける。良い時も悪い時も。簡単なようで難しいこと。明秀館が教えて下さいました。今、彼女はきっと「あの時、やめずに明秀館へ通い続けて本当に良かった!」と感じている事でしょう。最後になりましたが、マイペースな娘をよく理解して、温かく導き、気長にじっくり指導して下さった塾長、講師の先生方、いつも周りにいて一緒に頑張り、困った時も支えて下さった塾生のみなさん、かけがえのない時間を、本当にありがとうございました。

  

明秀館に入塾したのは、小6の夏期講習からで、小6の間は週1回、中1から中2にかけては週2回、中3になってからほぼ毎日通いました。小6の頃は、独りでさんさんバスに乗って行き、帰りは私の仕事が終わり次第迎えに行くという方法でした。塾長はいつもバスが着く時間を気にかけて下さいました。また仕事が長引き、迎えが遅くなっても、本人は楽しかったという表情で満足気に教室から出て来たので、とても安心しました。中学生になると英語のグループ授業が始まり、とても楽しそうでした。中3になり、秋に志望校を決め、合格に向けての本格的な勉強に入りました。志望校の決定は、本人の意思とは言え、この高校を受験することがこんなに大変だと本人も思ってはいなかったのでしょう。帰宅後も不機嫌な日々も度々ありました。それでも毎日頑張って続けられたのは、合格への入念な教材選びにとどまらず塾長や講師の先生方がどのような指導方法や接し方が一番良いのか常に考えて下さったからだと思います。塾で勉強する時も腕時計を準備しておいた方がいい、受験本番と同じ時刻に家でもリスニングの勉強をした方がいい、などタイムリーに具体的なアドバイスもして下さいました。そして卒業生の方からは、本番と同じ時間の電車に乗って独りで受験校まで行く練習をしたというお話も聞くことが出来て、自ら実行していました。また、一緒に頑張る友達がいてくれることも大きな支えでした。学習合宿やクリスマス会での笑顔の写真や、送迎時に友達と楽しそうに話す姿を見ると、とても安心し、この出会いに本当に感謝していました。そんな日々の積み重ねがあり、精神的にもしんどい時期を乗り越えられたのか、1月に入った頃から笑顔が増えていきました。そして前期選抜が終わって無事帰宅した時、「あの時、こうしておけば良かった、もっとこうすれば良かったと思うことは一つも無い。やれることは全てやりきった。結果がどうであれ、これでいい。」と心から思いました。合格発表後も、すぐお弁当持参で塾に行きました。親はほっとして脱力感でいっぱいなのに、いつの間にか私よりずっとしっかりしていて、もう前を向いている姿に成長を感じ嬉しく思いました。塾長が高校受験は一つの通過点と言われるように、本当にこれからが新しいスタートで、今まで以上に大変だと思います。これからも続けることを続け、高校生活も楽しみながら成長していって欲しいと思います。最後になりましたが、中川塾長、講師の先生方、卒塾生の方々、塾生の皆さん、本当にありがとうございました。この場をお借りして深くお礼申し上げます。

  

この度は、希望校へ合格することができ、中川塾長をはじめ先生方、一緒にがんばっている仲間に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。受験前はずっと塾を開けて下さったり、受験生にとって不安な時もいつも寄り添っていただいて、分からない事は先生方に分かりやすく教えてもらえた事で娘も安心して受験日を迎えることが出来たと思います。しかし、受験当日はかなり緊張したようで……その夜自宅で自己採点した時は、得意科目さえも思うように点数が取れていなくてすごく落ち込んでいました。そんな時も中川塾長から丁寧に連絡を頂き、娘もすぐに気持ちを切り替え前向きになれたようでした。心配しましたが。合格の一報を聞くことが出来ました。これも、明秀館で続けることを続けてきたおかげかと思います。簡単なようで難しいことなのに、明秀館には目標に向かって切磋琢磨する仲間がいて、勉強する環境が整っているから自然と続けられたのだと思います。高校、大学は通過点でありゴールではないという事を見据えていつも指導していただき、勉強以外でも学ぶことは沢山あったと思います。多感な時期、これから先悩んだり立ち止まったりすることもあると思いますが、引き続きよろしくお願いします。

  

息子がお世話になったのは中学3年の6月からです。進路を考え始めた時に第1志望校は中学3年の2学期の成績が最も重要になってくる事を知りました。しかし1学期の中間テストの結果を見た時に、自分の勉強方法ではこれ以上あげるのはきびしいと思い塾を探す事にしました。明秀館の保護者面談で自分の力で勉強していく塾であり勉強の仕方を学べると思いました。そして生徒一人一人違うけれど、子供達の性格をとても理解されていて安心して通う事ができると思いました。通い始めは長時間学習に慣れず戸惑っていましたが、だんだん塾に通うのが生活の一部になっていきました。第1志望校を目指して勉強に励んで来ましたが、冬休み直前に書類審査が通過できず、築きあげたものがくずれていきました。息子は落ち込み頭の中が真っ白になったと思います。すぐに塾長から連絡をもらい次の日の面談でどうしたらいいのか全く考えられない私達に、ここでなげやりになってはいけない、ここまで精一杯やって来たのだから切り替えて受験の日まで続けることを続けていこうという塾長の言葉で前に進んでいく力がわいてきたのを覚えています。どんな状況でも見捨てず手を差し伸べてくださり、不安でこわれそうな息子を大きくてあたたかい気持ちで包み、守っていただいていると感じました。そして合格通知を見た息子は笑顔と達成感で満たされていました。ダメになった時も自分の力で上に這い上がる、最後まで諦めない気持ちを学べる明秀館を選んで本当によかったと心から感謝しています。塾長はじめ大学生の先生方、大変お世話になりありがとうございました。

  

中学校入学直前から他校の塾に通っておりました。しかし、中学校から本格的に始まる英語の学習につまづきを覚えていた様ですが、どうする事も出来ず、1年生を過ごしていました。中学2年生になって明秀館でお世話になりました。週5日の塾通いと学校とクラブ活動。全てを行うのに大丈夫か、すぐに根を上げてしまうのではないかと心配していましたが、親の心配をよそに、本人は雨の日も雪の日も塾のある日は嫌がったりさぼったりせず、通い続けていました。明秀館は勉強をやる環境が整っており、勉強したら自分にかえってくるという事が実感できたのだと思います。そして、自分なりの目標を持ち、己に打ち勝つ事が出来たと思います。家では用意してやれない"勉強できる環境"がとても良かったんだという風に感じます。まずは高校合格という事で1ステップ階段を登った所です。今後3年後を目指し、これからも"勉強のできる環境"の明秀館で自分の目標を持って己と戦っていくと思います。先生や友達の支えの元、この長い戦いを戦い抜いていくと思います。2年間ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。

  

実力を身につけさせたいと思い、中1の夏頃に塾探しを始めました。明秀館の勉強についていけるレベルではないと躊躇していたのですが、思い切って連絡させて頂きました。見学に来た私たちの事など気にせず、誰一人として気をそらす事なく集中している生徒さんの姿に凛とした空気を感じ、他の塾とは全く違う、ここへ行かせたい!と決めました。親が通わせたいと決めた塾だったので、初めは勉強量や時間についていくのがやっとで、泣いていた事もあります。基礎の基礎から教えていただき、我が子に合わせた勉強法のおかげもあり、いつからか、見学させていただいた時の生徒さん方と同じように凛々しくなっていきました。城南菱創に行きたいと言い出した頃には、学校から帰って、1秒も座らず、カバンを持ち替えて塾へ行く、という日々でしたが、塾へ行けば同じ志を持った友達が勉強に励んでいたので、いい環境を選んであげる事も必要なんだと思いました。平凡だった我が子を跳ね上がる指導が、明秀館には整っているのだと感じます。また、塾長は高校の先、大学の先、いつも先を見据えて指導されていますし、そんな信念のおかげか、今では勉強から逃げない道を選ぶことにした!と言うようになり、たくましさも育ちつつあり、素晴らしい塾に出逢えた事に感謝しております。これから高校へ行ってもお世話になりますので、よろしくお願いいたします。塾長、そして講師の先生方、現在高校に通われている先輩方、多くの方々のご指導に感謝しております。合格へ導いていただき、ありがとうございました。

  

明秀館との出会いは、中学校を地元から少し離れたところに電車で通う事になり、できれば教室は帰宅後に家から近いところでと体験させていただいたのが始まりでした。塾からの宿題はない、漢字も憶えているなら書く必要はない、学校の宿題を塾でしてよいと、今まで経験した塾との違いに、大変うれしかった事を今でもはっきり憶えています。がんじがらめに課題を大量に渡すのではなく、各自に必要なことを塾長が判断してくださり、みなさんとはちがう教科書、テストのタイミングにもご協力いただき、本当に助かりました。娘の性格もすぐにわかって下さり、この子にとっての一番の声かけをしていただいていると日々感じられとても安心できました。また、クラブに全力で取り組んでいた娘ですが、全力すぎて体力が空っぽになってしまう時もありました。無理に他の子とペースを合わせることを強要せずに出来る範囲を見極めて、娘の最大限を引き出してくださいました。前期の第一希望の高校が残念な結果になってしまった時に「これからがんばらないといけない人へ」といただいたメッセージは本当にうれしかったです。中期選抜が終わった日から高校に向けてご指導いただき、苦手な英語に取り組んでいます。「通過点」を子供自身で認識し、次の目標に向けて前向きに取り組めていると感じています。本当にありがとうございました。これからも引き続きよろしくお願いいたします。

  

全力を尽くした高校入試が終わりました。明秀館には中学2年生の11月からお世話になりました。諸々の事情で大手の進学塾を辞め、進路実現を真摯にサポートしてくれる塾はないかと探して行きついたのが明秀館でした。城陽市外からの通塾になり、送迎に時間もかかり、友達もいない塾で勉強する事に娘自身にも気力体力が必要となり不安もありましたが、中川塾長とお話させて頂き、塾長の学習に向けての熱意や生徒一人一人に対しての細やかな配慮にここなら安心して任せられると感じ通う事に決めました。受験期の明秀館では、毎日夜遅くまで長時間ひたむきに勉強と向き合い、時には講師の先生との個別授業で理解を深め、休憩時間には一緒に頑張る友達と息抜きをしながら、切磋琢磨に受験勉強に励む日々でした。体調を崩しやすく親としても心配していましたが、塾長は体調の面、メンタル面も理解してくださってマイペースを心がけて対応して下さり、大変な時期も乗り越えることができました。自分の目標に向けての勉強がこれほどにも大変なものなのかと思う時もありました。しかし、最後まで必死に頑張る娘の姿を見て結果はどうであれ、費やした時間は無駄にはならないと感じました。第1希望の高校には届きませんでしたが、その後もペースダウンすることなく次に進むことが出来たのは今まで積み重ねてきたもののおかげ、塾長や講師の先生方、友達との関係、全てがプラスに導いてくれたのだなと、今思います。関わってくださった全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。塾長がいつも仰っている言葉、あくまでも高校は通過点、その先を見据えての学習。よく娘も口にしている言葉です。それを忘れずこれからの高校生活、時間を大切に有意義に過ごしてほしいと願っています。

  

中学1年生のとき、お友達に誘われて明秀館にお世話になりました。1to10特訓体験から帰宅後、すぐに「通いたい!あそこで勉強したい!」と熱望したのは本人でした。自宅でもそれなりに勉強習慣があり、すでに他塾を利用していたこともあり、転塾の必要性について本人に尋ねたところ「シーンってすっごく静か。勉強する書く音だけがするの。勉強するだけの場所。家ではできない。勉強の量が違う」と熱弁していたのを覚えています。入塾後は自宅では勉強しなくなりましたが、その分、塾で過ごす時間はけた違いでした。テスト前や受験前には休みなくひたすら通塾していました。前期試験が残念な結果であった後、「ここで合格していたら連休(=塾が連休)になっていたのに」と言うくらい通い放題でした。ひたすら塾に通う姿に「本当によくやるなぁ」とわが子ながら感心していました。そのように通塾することをあたりまえに習慣づけられたのも、塾長と講師の先生方のおかげでした。そして、「今日は早く帰ってこようかなと思っててん。でも『それはあかん~』って言わはるねん~」と帰宅後嬉しそうに報告してくれたように、切磋琢磨できるお友達がいるおかげでした。塾長の「自宅では勉強しなさいは言わなくていい」という言葉の通り、自宅では勉強しないことが当たり前な受験シーズンでした。中期試験に合格後、すぐに高校生の勉強にシフトチェンジして指導していただいており、入学後初のテストに向けても心構えができるようにアドバイスをいただき、本人も落ち着いて日々の学習に挑めているようです。これまでのご指導に感謝いたします。これからのご指導もよろしくお願いいたします。

2018年度(2018年3月)

明秀館さんとの出会いは中学生にさかのぼります。中学校の頃に子どもが教室に通っている時に、自ら進んで通うことがとても不思議でした。私たち親からすると、「勉強はやらされること」という感じが強かったのですが、彼女にとって明秀館はそういったやらされる塾ではなかったようです。高校に進学後、自分の希望する進路がそれまでよりもハッキリと見えて来たようで勉強量が加速していきました。正直、なぜこんなに勉強するのか、つらくないのかと心配でしたが、そんな私たちの心配をよそに毎日毎日教室で勉強をさせてもらい充実した表情で帰宅しました。たまに、やりすぎて壊れている時もありましたが、塾長さんがうまく彼女の性格を掴んでくださり、オンとオフのサポートをしてくださいました。他の大手塾に通っている方のお話では、こんなに生徒の1人1人の特徴を掴むところはないようです。私たちにとっては幸運にも明秀館が最初で最後の塾だったのでこれが当たり前に思っていましたが、周りからの声を聞くとそうではなかったと今になって感じています。正直、親として子どもがどんどん自分たちの知らない世界へ突入していくことが不安でもあり楽しみでもあります。勉強の話をあまり聞いてやることが出来ずに支えられなかった部分も多かったでしょうが、彼女には明秀館がありました。困った時に、いつでも相談できる、周りに頑張る仲間がいる、何よりも自分のことを理解してくれる塾長がいるなど彼女にとってはとても大切な居場所でした。娘にとって1番行きたかった進路に導いてくださり本当にありがとうございました。また、これからも娘は先生のことを頼ると思いますが、卒業後も何卒よろしくお願いいたします。   

数ある塾の中から明秀館の学習スタイルが息子に合うと思い、中学2年生の夏からお世話になりました。それから4年半、私達親子にとって明秀館はなくてはならない存在となっていました。中川塾長や講師の方々のご指導と本人の地道な努力が実を結び、最大の目標であった大学の合格が現実のものとなりました。息子が合格を確認するやいなや、向かった先は明秀館!「塾長に報告に行ってくるわ。」と飛び出していった息子の表情は晴れ晴れとしていました。息子が普段見せる事がない程のストレートな喜びでした。息子は二次試験重視の試験対策を行っていたようですが、この中川塾長の定めた受験対策が存分に功を奏したように思います。二次試験は難問を解くとともに、その解法や思考した内容を問われるようで、全く分からなければ焦ってしまい、上手く対応できなかったのではないかと思います。明秀館での日々の勉強が着実に学力を向上させていたのでしょう。また、センター試験や二次試験の前日には、息子はさることながら、親である私にも保護者の心構えなどアドバイスをいただき、ここまでして頂いたことに驚き、とてもうれしく感じました。思い起こせば、勉強と部活動の両立に忙しい毎日を過ごした高校生活。帰宅すると、お風呂に入り寝るだけの日々。また部活動引退後は、気負い過ぎて勉強がオーバーペースになりがちで、大丈夫かなと心配になることもありました。しかしそれも杞憂で、そんな息子の性格を十分に理解して下さっている中川塾長が上手く声掛けをして下さったおかげで、息子もペースを乱すことなく、安心して勉強に取り組んでいました。また、講師の先生方の体験談は息子にとってとても参考になるものでしたし、一緒に頑張る塾生の仲間達は大きな支えになりました。今改めて振り返ると、明秀館には勉強する上で挙げれば切りがないほどの環境が整っていたように感じます。誠に勝手ではありますが、今後もいろいろな節目で息子が相談を持ちかけることがあるかと思います。今までと同様、人生の先輩としてアドバイスくださいますよう宜しくお願いします。本当に有難うございました。   

長かった受験生活も喜びと共にようやく終わりを迎えました。最高の結果で、とても嬉しい気持ちとほっとした気持ちで一杯です。それも、最終の出願校決定の際、中川塾長の後押しがあったからこそだと思っています。中2の時からお世話になり、いつも親身になって下さり、息子の事をきちんと見ていて下さったからこそのアドバイスで、息子も信頼し納得して決める事ができました。本当に感謝しております。そして何よりもこんなに嬉しい出来事に私も加われたのは息子のおかげだと心から思っています。思えば私はいつもいいとこどりしかしていないなと感じています。親としてできる事はあまり何もなく、ごはんを作る事と体調管理ぐらいしかありません。そしてこの受験生活を振り返ると、長かったと思うのですが、その分私は息子と色々な話ができ、そのほとんどがくだらない話だったりするのですが、そういう時間が持てて、とても楽しかったです。最後になりましたが、中川塾長をはじめ講師の方々、本当にありがとうございました。   

小さい頃からの夢を叶える為に気持ちを入れ替え必死に勉強し出した中1の3学期。それまでの彼女からは想像もつかないくらい頑張る姿に驚きました。それでも自分だけで頑張る勉強に限界を感じて、中3の夏に自ら明秀館を希望し電話をかけたのが明秀館との始まりでした。希望していた高校に見事合格。次の目標も高く持って高校では厳しい部活にヘトヘトになりながらも明秀館に通い、途中折れそうになった事もありました。高校での文武両道は現実そんなに甘くはありませんね。そんな時も塾長は彼女の変化に直ぐに気付いて下さり、彼女の現実に即したアドバイスや精神的なサポートでなんとか乗り越え最後まで文武両道で頑張って続けて来ることができたのだと感謝しています。目標を高く持ち一緒に頑張れる仲間がいたことも彼女には最高の環境でした。特に高3になってから、嬉しそうに塾に通う姿がとても印象的です。夏合宿や楽しいイベントでの適度な息抜きも、又その後の勉強に集中出来る雰囲気作りも、全てが素晴らしい塾だと実感しています。もう嬉しそうに彼女が自転車で向かう姿が見られないのはちょっと寂しいですが、明秀館での貴重な時間がこれからの大学での勉強や国家試験で大きな支えになってくれるはずです。本当にありがとうございました。   

「信じて、見守る」大学受験では、これがすべてでした。「我が子を信じて見守る」こと、そして明秀館の塾長を「信じて任せる」ことができたことが、第一希望の大学合格につながったと思っています。ほんとうにありがとうございました。感謝しています。高校生活は陸上競技部に所属し、朝の5時から家を出て、帰宅は夜の8時。その間も明秀館に所属し、週2を目標に通っていました。朝練、高校での授業、放課後のクラブ活動、そして明秀館というメニューに一度塾を辞める方が良いのかとも思うほどハードな毎日でしたが「信じ続けること」を選びました。3年の夏、近畿インターハイを最後に陸上競技のクラブ活動は終わりました。その次の日から、子供の生活は急変しました。今までのクラブ活動に熱中していた時間は全て、明秀館での学習時間に変わったのです。その切りかえを支えて下さったのは、環境を整えて、支えて下さった塾長のお陰だと思っています。学校が休みの日は朝の9時までに塾に入り、夜は11時にお迎えに行くという一日が始まりました。昼は弁当でしたので夕方の5時に帰宅して夕食を簡単にすませてまた塾へ、という一日になりました。すごく大変なはずなのに子供はとても前向きで明るい表情、目標にまっすぐ向かっているという力強さがありました。それは塾長、講師の先生、そして一緒に頑張る友達がそこにはあったからです。一人では立ち向かうことができない受験を乗り越えられたのも、明秀館があったからこそだと実感しています。あらためて、周りのみなさんにも感謝したいと思います。最後になりましたが、子供三人がお世話になった明秀館に今回末っ子が卒塾したことを機にお別れになります。塾長はどの子にもそれぞれのタイプに合わせて支えて下さったことが思い出されます。小学校の時から、中学、高校、大学受験とその時々の大切なポイントを押さえて下さり、うまく導いていただいたことが三人のそれぞれの今にあると思っています。今まであたたかく、時には厳しくご指導し続けて下さったこと、また、親の私へのフォローもしていただき、的確なアドバイスを頂いたこともありがたかったです。本当にありがとうございました。今後とも、どうぞよろしくお願いします。   

この度は無事に希望大学に合格することが出来まして感激しております。息子の大学はいわゆる大学附属の高校でした。受験から解放されると思った高1の4月に、息子は、「3年間徹底的に勉強して受験したい。 」と言い出しました。熱意に負けて、お友達の通う明秀館が大学受験に強いらしいと調べて来たようで、自分で問い合わせをしました。私自身が大学受験の知識や実態などをまったく理解していなかったこともあり、ほぼ全てを塾長にお任せして今に至ります。息子は中学の後半にも勉強自体は頑張っていましたが、明秀館に入ってからのそれとはまったく次元の違うもので、塾長に教わった音読中心のメニューを家でも呪文のように唱え続けていました(笑)2年生の間は苦しい日が続いていたようです。これだけやっていても成績を上げるのは容易ではないことを目の当たりにし、「このまま附属大学に進学すれば良いのではと何度も思いました。 」けれど、どんなに苦しい時でも、息子の頭にその選択肢はなく、当たり前のように明秀館に向かっていきました。3年になってからは同級生たちと一緒に専用の部屋を与えていただき、少しの休憩時間にみんなと話したり、誕生会をしたり、暗記勝負をしたりとメリハリのある日々が彼を支えてくれました。なぜ、息子が明秀館に楽しそうに行くのかなんとなくわかった気がしました。彼にとっては高校以上に明秀館が自分の居場所だったのでしょう。継続した努力は身を結び3年の夏頃には目標に近づいている手応えを感じていたようです。夏合宿、さらに、塾長は息子に必要な小論文のスペシャルプログラムを組んでくださり、対策が難しい慶應の小論文にも不安なく向かっていけました。合格発表当日、これでダメなら浪人すると事前に話してはいるものの祈るような気持ちで発表を待ちました。初めてみるような満面の笑みを浮かべた息子に、思わず私も涙を止めることが出来ませんでした。受験勉強を通じてあきらかに彼は変わりました。苦しいことにも最後まで立ち向かった息子を誇りに思うと同時に、ここまで支えてくださった明秀館との出会いに感謝します。最後まで、あまりお立ち寄り出来ずすみませんでした。   

この度は最後まで親身になって対応して頂き有り難う御座いました。私達、親よりも遥かに子供の事を理解して頂き感謝しております。思い返せば、中、高とお世話になりましたが、娘とは家では日常的な会話はしても、あまり勉強に触れることはありませんでした。けれど、楽しそうに明秀館に通う娘の様子を見ていていつも安心できていました。高校に入学してからも、大学に向けての進路指導、いいのか悪いのか、学校よりも塾を優先する事もしばしば。成績が落ちていき、自分に行き詰まりを感じた時も塾長の指導のもとで、前を向きだし、親としては見守る事しかできなかった現状を、毎日教室に行く事で、日々強くなって行く子供の逞しさには、親としても驚かされました。大学受験でも、なかなか結果が出ずに、もがき苦しんでいる子供を、やさしく温かくサポートして頂き、塾長、講師の皆様、又、一緒に勉強に付き合って頂いた友達には、本当に心より御礼申し上げます。明秀館では、本当にたくさんの経験をさせて頂き、逞しくなった我が子を、親としては誇らしく思います。この5年間の明秀館生活は彼女のこれからの人生の原点かと思います。   

息子は高校2年生の時に明秀館に入塾しました。知り合いの息子さんが明秀館でお世話になり国公立大学に進学されたことを聞き息子に話をしたところ、明秀館に行きたいと言いました。息子にとって、明秀館では、自分の机があり、自分のスペースを確保できる事がとても魅力的であったようです。明秀館は、他塾のように決められた時間の授業ではなく、自分のペースで勉強できる事が良かったように思います。また、勉強時間も他塾とは段違い、それなのに教室は嫌々勉強している感じがしないことが不思議でした。もちろん、この自分のペースを塾長がうまくコントロールされているのは言うまでもありません。明秀館に入塾させていただくまでは、どうしても定期試験前の詰め込み勉強が中心でした。そんな息子が、明秀館にお世話になり始めてからは、毎日勉強するようになりました。親から見ても「よく、こんなに続いているな。」と感心していました。もちろん勉強に身が入らない時期もありましたが、塾長がうまく気持ちをコントロールして下さりました。このあたりの距離感が明秀館しか出来ない指導なのではとすべてが終わったいまそれを実感しています。また、明秀館では友達と競い合い励まし合いながら、大学受験を乗り越えられました。友達と話をする事が息子にはとても楽しく過ごせた時間でもありました。塾長、講師の皆さん、そして友達と知り合えた事に本当に感謝しています。毎日夜遅くまでする勉強に、疲れている息子を見ていると、心配になりましたがその努力が報われて第1志望の大学に合格する事が出来たのだと思います。最後に、明秀館では、頑張れば結果がついてくると言うことを教わりました。そして、大学受験は高校受験の何倍も大変だということをも(笑)今はすべてを終えて感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。   

まずは希望の大学へ合格できましたこと、息子をはじめ家族共々、心より感謝しております。高校に入ってからは中学よりも相当に勉強が難しくなり、塾を利用しようかと考えました。明秀館さんと出会う前に、いくつか体験授業なるものにも行きました。個別指導だから面倒見が良いかと思っていったこともありましたが、どうも自分の思うスタンスではなかったようで、教室の雰囲気がザワザワしていたのが引っかかったようです。それなら意味がないから自力でやろうという感じで勉強に取り組んでおりました。しかし、それもうまく行かず。明秀館さんにはお友達の紹介でお世話になることになりました。紹介して下さったお友達もまわりの方も凄く優秀な、そしてかなり上の大学を目指しておられる方ばかりと息子から聞いていましたので、場違いかとも思いましたが、入塾させてもらえることが決まり、息子もその素敵な仲間のいるその環境の中で、努力し、イキイキと毎日通わせていただきました。自分のペースを基本にしつつ思い切り勉強できる、どうしても解らないことは相談したり、質問できる、先生のことが信頼できる、理解できていることの重複の時間を他に充てたい、授業形式でないところ、こんな条件に当てはまるところなんてないだろうと思いながら日々が過ぎていきました。そんなところで明秀館との出会いです。親にとっても大きな出会いでした。塾長さんはお忙しい中、難しい年頃の子への接し方など、私へもアドバイス下さり、丁寧な対応もして下さいました。ついついかまい過ぎて心配してしまう私に距離感の保ち方などをお話ししてくださったのは良い思い出です。息子へも、時にはかなり厳しく喝を入れて下さったり、励まして下さったり、言葉はなくとも温かく見守って下さっていたことも息子へも伝わっていた様で、後から有難く話しておりました。親以上に塾長さんのことを信頼させていただいていたように感じております。学校の面談前には、受験対策での情報も下さり、学校の先生とスムーズにお話させてもらうことができました。そして、塾長は子どものことを本当によく見ておられると改めて感じた時でもありました。個別指導と名前が出ていると保護者はじっくり見てもらえると思ってしまいます(実際、私もそうでした。)けれど、本当に必要なことは指導形式が個別かどうかよりも、指導者に子供のことを個別にしっかり把握してもらえるかどうかです。受験の終わった今になってそれに気づいたわけですが。個に応じた指導をしてくださり、頑張ることを結果に繋げてくださったことに本当に感謝しています。息子は大学生活を今からとても楽しみにしております。羽目を外し過ぎず、努力もしつつで、思う存分楽しんでくれればと思います。また、これからも、人生の先輩としてご指導を頂ければ幸いです。ありがとうございました。   

明秀館でお世話になり始めたのは、中学一年生の頃からでした。先生は本人の性格を驚く程よく把握しておられ、親でもどう声かけしたら良いのかわからない最中、的確に導いて下さったと思います。中学時代で印象的だったのは、本人が「真ん中の学力にばかり合わせる中学が嫌や、寝袋をもって明秀館に住みたい」とぼやいていた事です(笑) 。高校入試では、いわゆる「 御三家落ちとなってしまいましたが、先生に力強く導いて頂き、不満が募る事なく現在の高校へ通う事が出来たと思います。またその勢いを維持し、大学受験を見据えて高校入試直後から勉強に取り組む事ができ、体育会系の部活を選んだにも関わらず、進路を選択ができる成績を維持できたと思います。講師の先生方も色々とアドバイスを下さりました。同じ高校の出身の先生であり、同じ明秀館の卒業生からのアドバイスはスッと受け入れる事ができたようです。それをうまく指導して頂いた中川先生の力を実感できました。「 高校受験でチャレンジすることは無駄じゃないです。チャレンジしてダメでもそれは後に繋がります。受けもしないで自分の可能性を勝手に自分で決めていると高校で伸びませんB」こんな感じのことを中学3年時に進路を迷っている時にアドバイスしてもらいました。届かなくても、手を伸ばして、もがいた高校入試。それに向けての学習が、高校入学後の結果に繋がりました。このあたりのさじ加減も明秀館の強みだと思います。            先生に導いて頂いたおかげもあり、自分で進路を選択する事ができる状態をうまく維持し、合格する事ができたのかなと思います。自分で選択できた事もありモチベーションも高く、また中学高校でつけて頂いた長時間勉強出来る勉強体力と思考力で大学生活に望んでいる現状を思うと、親として明秀館に在籍できた事に本当に感謝しています。中学高校と、小学生と同じ六年間を何倍もの濃さをもって関わって頂けた明秀館に通わせて頂いた事は、本人の学生生活において価値があったと考えます。長い間お世話になり、本当にありがとうございました。   

中学の時から明秀館に通っているお友達の紹介で、高項2年の時に初めてご連絡させていただきました。通い始めての少しした頃に、塾長とお話する機会があった時に息子の性格や弱点をハッキリと掴まれていることに驚きました。基本的に自分のやり方にこだわる息子に対して、辛抱強く接してくださり、徐々にではありますが変化が見られてきました。高3になり大学受験がより近いものになり目標とする大学のレベルを下げることなく本人なりに頑張っているのを感じる日々が多くなりました。塾では合宿やイベントとメリハリのある塾長さまの計らいにとても感謝しております。勉強しに行っているはずなのに「塾行ってくる。」という弾んだ言葉が出てくる息子を見ていて、ここに入れてよかったなと改めて思いました。進学先も決まり「塾行ってくる。」という言葉を聞くこともなくなり少し寂しく感じております。それぐらい充実した日々だったと今振り返っています。大学に入っても明秀館のモットーである続けることを続けるを忘れずにいてくれたらなと。塾長には本当にお世話になりました。ありがとうございました   

「明秀館は勉強が楽しくなるらしいよ。」そんな話を聞いたのは、中学1年の冬でした。息子にその話をしても、「塾はいいわ。自分で頑張る。」と興味はない様子。自分なりに頑張っておりました。そんな息子が、中学3年になる前に急に、「塾に行った方がいいかな…」と言い出しました。受験生になるという自覚と不安がうまれたのかもしれません。お子さんが明秀館に通われているお母様にお話を聞くと、「塾に行きたくないと言ったことがないなぁ」とのこと。以前聞いた「明秀館は勉強が楽しくなる」というのはそういうことなのかと思い、ご紹介を頂いて、教室を覗かせていただきました。私も授業の見学をさせていただきましたが、シーンとした雰囲気の中、集中して学習されていて大変驚きました。息子もその様子に圧倒されたようですが、自分もここでやってみようと入塾することを決めたようです。入塾してから現在まで、塾に行きたくないという言葉を一度も聞いたことがありません。信頼できる先生がいて、同じように頑張る仲間がいる、勉強する緊張感だけでなく、仲間との会話でリラックスもでき、明秀館は息子にとってとても居心地がいい場所なのだと思います。受験に際しても、通塾間もない息子の性格をすぐにわかって下さった上で、志望校をアドバイスいただき、勉強も進めて下さいました。いただいたプリントやテキストは段ボールいっぱいになりました。また受験前には英検を受けることも勧めていただき、2次試験前には個別に指導していただき、合格することができました。それで英語の自信をつけて、高校受験に挑むことができました。ご指導のおかげで、なんとか志望校に合することができました。明秀館で圧倒的な勉強時間・勉強量を経験して、今息子は高校での勉強を楽しみにしています。くじけることがあると思います。それでも明秀館での日々が息子を強くしてくれたと思います。中川塾長、先生方、そして仲間の皆さん、本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。   

小学校6年3学期から通っています。そして、高校生になっても当たり前のように通うと言っています。小学校の頃から家庭学習は自分でしっかりできる子でしたが、勉強と部活、ピアノと習字どれも続けるには塾に通うのが良いと思い、気になっていたチラシの明秀館を選びました。入学前に予習ができていた為、余裕をもって中学校生活を始めることができたと思います。塾へ行く時間も帰る時間も自分で決めます。また、部活や行事への理解を十分にしてくださっていて、指導内容もペースも娘中心に考えてくださったと思います。そのおかげで部活と両立もでき、中学3年になっても習い事を続ける事ができました。学校の成績は3年間落ちることなく、順調に高校の受験勉強は進んでいました。しかし、秋の部活の大会が終わり、いよいよ志望校を決定する時期になって高校の第一目的が部活になった事で志望校を大きく変更することとなり、学校と塾と家庭での話し合いが続き娘も私も辛い日が続きましたが、最後は塾長に助けていただきました。塾長は娘の性格・個性や高校生活への理解があり、娘との信頼関係もあり、子供が納得できる受験ができました。明秀館に通っていなければ、子供の意志を尊重できたかはわかりません。志望校が決まらず迷走中であっても塾に通い勉強を続けられたのには、一緒に受験に立ち向かう仲間の存在があったからです。明秀館は塾のくくりとしては個別塾なのかもしれせんが、学び合いの時間やグループレッスンもあり、お互い競い合い、励まし合い、決して受験勉強を孤独と感じない塾です。少しでも時間があれば塾へ行きたい!今日も最後の時間までみんなと過ごしたい!と言って通える塾です。 中川塾長先生、お世話になりました先生方、出会えた友達に感謝しています。ありがとうございました。高校に合格してほっとする間もなく、高校の勉強に入っていると聞いています。引き続き3年間お世話になります。よろしくお願いいたします。   

中学3年生の7月に部活を引退してすぐに、受験のために塾へ通いたいと娘がいいだし、大手進学塾の夏期講習に何も調べず通うことにしました。塾というものに通うのが初めてで、こんなに寝る暇もない程の、課題、予習復習に追われると知らなかったので、娘は日に日に笑顔もなくなり、元気もなくなっていきました。勉強が楽しくなくなってきたと言い出した時には、塾選びを失敗したと後悔しました。そこで、このままではマズイと思い、知人にどこかいい塾を知らないかと相談し、明秀館さんを紹介してもらいました。今度は失敗できないと、心配していた私を察してか塾長先生は明秀館の良いところだけでなく、こんなタイプの子には合わない、など裏も表も話してくださったことが印象的でした。明秀館に通うようになって、娘は勉強も意欲的になり、学校の先生にわからないこと聞くよりも塾のほうが聞きやすいし、丁寧に教えてくれると言っていました。そしてなによりも娘に笑顔が戻りました。勉強時間自体は大手進学塾よりも多いような気がしましたが、表情には充実感が溢れていました。英語でわからなかったことも明確に教えてもらえてスッキリしたと喜んで帰って来たこともあります。また、同じ中学の同級生が少ないこともよかったのか、学校の延長にならず勉強に集中できると言っています。それに、同学年の他の中学の子とも仲良くなれて、楽しく塾に通うことができました。明秀館は娘のペースで勉強でき、娘にピッタリの塾でした!塾長をはじめ、先生方のおかげで、無事第一志望に合格することができ、本当にありがとうございました。高校生になってもお世話なりますが、引き継ぎ宜しくお願いいたします。   

クラスの友達から1to10特訓の体験チケットをもらってきたことが明秀館との出会いでした。本人はもっと勉強出来る環境が欲しいと常々言っていましたので、1to10特訓を体験して、明秀館の静かで集中して勉強出来る環境が大変気に入った様でした。また、志望校に関しては3年の2学期になっても決まらずにいました。学校説明会や見学会に行っても、なかなか志望校決定が出来ず、どうすればいいかと本人が悩んでいた際に、塾長が明秀館に通っておられる現役高校生に話を聞ける場を設けて下さり、生徒さんの生の声が聞けたことが志望校決定の一助となりました。大変感謝しています。勉強に関しては、心配性な娘の性格を良く理解してくださり教養科学科の傾向に即した類題の演習をたくさん行っていただいたことが大きかったと思います。内申点重視ではなく、本番のテストの出来で合否が決まってしまう専門学科入試においては、平常心で試験を受けることが大切です。この点で、テスト形式の演習をたくさんしてくださったのは彼女に本番で平常心をもたらしてくれました。高校に入学しましても、引き続きご指導の程、よろしくお願い致します。   

明秀館を知ったきっかけは兄の同級生の友人からでした。進学塾だけど塾っぽくないことや、みんながとても仲が良いこと、自分にとって大切な場所だったことなどを聞き興味を持ちました。塾長に面談をしてもらいすぐに、「この先生になら任せられる! 」と指導をお願いしました。本人の当時の成績ではかなり厳しい城南菱創高校に受かるために何が必要かを息子にしっかり伝えていただき、またそのために必要なことを実践していくださいました。受験が近づく年明けになっても、志望校である教養科学科の問題には悪戦苦闘の日々で、息子も弱気になることも増えていました。しかし、塾長は息子をいつも明るく励ましてくださりながら効果的な指導を続けてくださいました。日々の勉強を熱心に取り組みながらも、クリスマス会や、お弁当の差し入れなど子どもたちが楽しみながら勉強できる工夫をされていることにもとても驚きました。きっかけをくれた兄の友人にとって明秀館が大切な場所だった理由がわかった気がします。目指していた高校に入学してもうすぐ2ヶ月が経ちます。毎日、勉強に部活にと、中学時代以上に充実した日々を過ごしている息子を見ていると、あの時明秀館に電話をして本当に良かったと思います。ありがとうございました!   

娘が中学生になり、他の塾に通っていましたが、娘に合わず、どうしようと、明秀館に通わせているお母さんに相談したところ、塾長は、その子その子の性格、タイプを見極め、アドバイスを子供にするだけでなく、親にもしてくれる。部活で疲れてるにもかかわらず、毎日毎日学校から帰るとすぐに塾に自ら向かう。そんな塾だと聞き、中1の冬に入塾を希望し、お世話になりました。ほぼ毎日通学したので、勉強する習慣が身につき、中1では内申点が不安定でしたが、中2になり少しずつ安定していきました。夏合宿では、勉強するだけでなく、楽しいイベントなどもあり、他校の同級生や先生たちとも仲良くなり、長時間の勉強合宿でも、「楽しかった!!」と帰ってきました。入試前では、一緒に頑張ってきた同級生たちに支えてもらえたからこそ、最後の最後まで頑張りきれたんだと仲間たちに感謝の気持ちでいっぱいです。入試前日には、娘、それに親である心配性な私にまで、メッセージをくださり、当日安心して娘を送り出すことができました。第一志望、惜しくも不合格となりましたが、いつ何時でも、娘の意思を尊重し、背中を押して下さったお陰で、目標に向かって、惜しみない努力をしてこれたのだと思います。中川塾長、ご指導下さった先生方、本当にありがとうございました。今までと同様、今後ともよろしくお願い致します。   

2017年度(2017年3月)

娘の7年間の明秀館との生活がついに終わりを迎えました。最後に神戸大学合格という大きな夢を実現することができたのは100%明秀館のおかげだと思っています。本当に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。終わってみれば、大学受験は高校受験とは比べものにならないくらい厳しいものでした。親の時代とは何もかも大きく変わっていて、情報や教材もあふれる程ある中、親として、してやれる事はほぼ何もありませんでした。しかし娘は明秀館で常に必要な物を必要な時に必要なだけ与えていただき、特に大きな不安を感じることもなく、いつも前を向いて楽しんで勉強を続けていたように思います。そして高3になって、個人の机や高3生だけの部屋を与えられた事はむすめにとってとても大きかったと思います。それまで打ち込んだ部活も引退を迎え、「いよいよ受験に向かう」という大きな覚悟というものが高3部屋へ移ることによってスムーズにできたのではないかと思います。塾長は娘の性格を十二分に理解し、彼女に必要な言葉で必要なタイミングを見誤らずに指導してくださいました。大学受験の第一線を指導できるそんな先生に出会えたことが娘や私たちにとって本当に幸運でした。そして、そこでの仲間達の存在は娘の心の支えだったと思います。模試の結果に一喜一憂したり、体調がすぐれずなかなか集中できなかったりする時も、いつも周りに仲間がいて、みんなが頑張っている姿を常に感じながら自分も頑張ろうと思えるような、本当に恵まれた環境だったなと感じています。とにもかくにも、娘にとって明秀館との出会いがなければ今回の結果はあり得ませんでした。これまでお世話になった塾長はじめ様々な先生方、そして共に精一杯がんばった仲間達に心から感謝申し上げます。本当に長い間ありがとうございました。   

息子は中3の2学期に明秀館の門をたたきました。スポーツを続けながらでしたが、やるなら上位での合格を目指そうとご指導して下さいました。高校に無事入学後は、やりたかった部活動も応援して下さり通塾は無理せずに空いた時間、来られる時に、少しの時間でも良いよと融通をきかせて下さったのが本当にありがたかったです。他塾のようにコマの決められた時間ではない授業だったので文武両道が可能だったと思います。よく文武両道を目指しましょうという耳障りの良い言葉を耳にしますが、息子の様子を見ている限り高校での文武両道は中学のそれとはまったく異なる次元のものでした。それでも塾長が部活動との両立という本人の意志を尊重して下さったことで全力で打ち込む事ができ、引退後の切り替えもスムーズに受験勉強に没頭する事ができたのだと思います。息子にとって、明秀館での時間はとても心地の良いもので、気が付けば家は食べて寝るだけの場所になっていました(笑)。今、あらためて、一番行きたかった大学に行ける事、やり切って勝ち取ったこの合格は、明秀館との出会いがなければ間違いなく無かった事と思います。息子の高校から国公立大学に進学できるのは学年全体から見てほんの一握りです。息子を理解し、あたたかく成功へ導いて頂いた事に心から感謝致します。本当にありがとうございました。   

センター試験までの日々の積み上げの勉強やテスト対策はもちろん、センター試験後の二次試験に向けての具体的な志望校決定や、その後の過去問勉強など目標・目的をしっかり定めて、意識して取り組めるようご指導いただき、ありがとうございます。その積み重ねのおかげで、落ち着いて受験に取り組めたと思っています。そして、受験が近づくにつれて、集中の具合もどんどん高まっていったように思います。「塾で集中されているので、大丈夫ですよ。」「勉強は塾でしているので、家では美味しい食事と生活管理をしっかり整えてあげてください。」と言われたことが、常に私の頭にあり、安心することができました。また、高3専用の自習室を準備してくださったおかげで年末年始もリズムを崩すことなく勉強に取り組むことが出来ました。困った時、心配な時に、親子共に支えてもらえてありがたかったです。先生に「大丈夫」と言って頂くと、「これでいいんだ。間違ってないんだ。」と自信を持つことができ、親としても安心して「ドン」と構えていることが出来ました。そして何より、本人の性格やその時の思いをきちんと受け止め、認めてもらえたことが息子には大きかったです。その上で、やる気が出るように、タイミングを見計らい、言葉をかけたり、具体的に必要な事柄を指示して下さり明秀館に入塾させてもらい本当によかったと実感しました。本人の勉強はもちろん、受験する上で保護者にも大きなサポートをして頂き、本当にありがたく感謝の気持ちでいっぱいです。お世話になった塾長先生をはじめ、先生方、本当にありがとうございました。

明秀館には、受験学年になる春からお世話になりました。受験が終わって、ほっとしたのが一番ですが、大学受験は本当に大変でした。息子は、学校の事も塾の事もあまり話してくれませんが、「塾どう?」って聞くと「うん、いいよ!」、「勉強どう?」って聞くと「うん、ぼちぼち」と答えるような子で、息子の様子から明秀館は合っているのかなと信じて通い、塾長先生も面談などていねいにご指導していただけたので感謝しています。冬のはじめの頃、まわりからどこどこ大学に決まったなどの喜びの声を聞くようになり、息子さんは?と聞かれて「まだがんばってる」と答えていました。その頃、本当に国公立をめざしてよかったのか、私立の推薦入学とか、もっと楽な方法があるのではと悩んだ時も少しありました。年が明けて、センター試験につづき、私立、公立試験に向けて頑張り続ける息子の姿には涙が出て来ました。この受験勉強で頑張り続けられたことは一生の力になる事と思います。これから始まる大学生活も大変だと思いますがいろんな事にチャレンジしていってくれることを楽しみにしています。この力をつけることができたのも塾長先生をはじめ、まわりの皆様のおかげです。心から感謝しています。

思えば中2の夏からお世話になり、高校受験、大学受験と子どものいままでの人生の大半は明秀館で過ごしていたのではないでしょうか。始めの頃は、友達が出来るよう配慮くださいましたよね。お陰様で、良き仲間に恵まれ辛いことも楽しいことも共に感じ共に感じ過ごした時間はかけがえのないものになりました。この仲間がいなかったら受験はもしかしたら乗り越えられなかったかもしれません。本当に感謝です。明秀館のスタッフの皆さん、そして中川先生最後の最後まで見て頂いて本当にありがとうございました。後期受験前日入りする時は、前日入りする場合の注意点を具体的にアドバイスくださいましたね。すごく嬉しく思いました。なかなか思うように結果が出ずに苦しい息子の気持ちを共有してくださったことが最後のひと押しになったことは間違いありません。お陰様で平常心で挑むことができたと思います。何気なく凹んでいる時など子どもの事は親よりよく見てくださっていて、そして親の私の事までタイミングをみてアドバイスを下さり、安心しておまかせする事ができました。このお手紙を書いている中でいろいろと頭の中に書きたいことがあるのですが、息子がここまで続けて来られたのは本当に中川先生が作り上げて環境のおかげだと思いました。続けてこられた事は、これから大人になっていく子供達にとても大切な何かになっていくと思います。うまく言えないのですが、勉強だけでなく、目標に向かって努力するというとても大事なことを教わったと思います。ありがとうございました。

今回、親としてはじめて大学入試を経験し、その難しさと厳しさ、しんどさを痛感しました。そのしんどさを乗り切れたのにも心の支えにもなったのは、明秀館があったからです。高校受験と大学受験はまったく違う次元のものです。大学受験が初めての私たち親に対して塾長先生は、どんな時でも快く相談時間をとってくださいました。また、なかなか結果が出ずに辛く苦しい時は、過去ばかりを見て悔やんでも仕方がないので、ただ前を見てやるしかないとあっけらかんと、でも力強くご指導下さいました。単に詰め込むだけの暗い空間だと勝手に思っていた「塾」というもののイメージが良い意味でまったく変わりました。夏合宿、誕生日会、クリスマス会、高3専用の自習室などどれも生徒が勉強の拠り所になるようなものを沢山準備してくださいました。その証拠に息子の同級生達は塾が大好きでした。子どもも全信頼を持って取り組んでいました。子どもにとっても親にとっても感謝の気持ちでいっぱいです。そして、同級生にも恵まれました。共に喜び、苦しみ、楽しんだ仲間にも感謝です。本当にありがとうございました。   

明秀館にお世話になり始めたのは中学校に入る前でした。保護者としてはまず、中学も高校もクラブを全力でやり通して、その上で勉強も精一杯頑張って欲しいと思っておりましたが、明秀館でこの願いは叶いました。娘のクラブの忙しい時機や試合のスケジュールなどを普段のコミュニーケーションから把握してくださっていたので、勉強の強弱をうまくコントロールしてくださいました。またクラブを引退した後の切り替えがとても上手くできたと思います。日頃から塾に行くことを億劫に思ったことは無いようでしたが、受験勉強に入り塾で過ごす時間が増えると塾に行くことが、塾に居ることが楽しくて仕方ないようでした。明秀館の不思議なことは自分から勉強を頑張りたいと思う生徒達が自由にのびのびと勉強している点です。クリスマス会に、夏合宿、誕生会などおよそ受験生とは無縁に思うような一見すると時間の無駄になるようなイベントを塾長がうまく取り入れてくださり、良い息抜きを与えてくださいました。また一緒に勉強する仲間にも恵まれ、受験勉強というのはそんなに楽しいものなのかと不思議に思う程でした。毎日に充実感をもって過ごしている様子にただただ私は安心して居られましたが、入試が始まるとしんどい日々が続きました。大学受験は本当に大変なものだと頭ではわかっていましたが、改めてそれを実感しました。本人はもっと辛かったと思いますが、本当に明秀館全体で支えて下さったと思っています。やれるだけの事はやった、という自信は今後良い経験として活きていくと思います。明秀館だから頑張れたのだと思います。支えてくださった講師の先生方、一緒に頑張った同じ受験生、そして何よりそれらを全てプロデュースしてくださった塾長、本当にありがとうございました。   

3年間お世話になりました。中学の時に通っていた塾は高校生を受け入れてもらえず、どうしようか困っていたところ、ご縁があり入塾させてもらうことになりました。ある日、塾には「携帯は持って行かないから」と息子。着信音でさえ分かる程、静かにみんなが集中して勉強していると聞き、驚きました。テスト前には、土曜日・日曜日にも特別に塾を開いて頂けるのもありがたかったです。その環境のためか家よりも塾で勉強する方が長かった気がします。おいしいお弁当やピザの差し入れがあったり、お誕生日会?があったりと、家では詳しく話してくれませんでしたが、楽しいひと時もあった様です。高校3年生となり自分専用の机がもらえ、同じ学年の友達と励ましあいながら頑張って勉強をしていました。入れると思っていた大学に不合格で、精神的に不安定になった時も「塾に行く」と出かけ、中川先生に励ましていただき、帰って来た時は少し自分を取り戻していました。結果的には思っていた以上の大学に合格することが出来、親子とも本当によろこんでいます。皆と共に頑張った経験は、息子の今後の人生に役に立つことと思います。本当にありがとございました。

明秀館には娘2人がお世話になっております。海外に駐在しておりましたので日本の進学情報が分からず不安でしたが、中川先生が各学校の最新情報を教えて下さるので本当に助かりました。帰国してから娘2人共にこちらに通いたいという強い願望がありついていけるか不安でしたが、姉は中2、妹は小6からお世話になっております。思春期という事もあり、親としても悩みましたが、いつも相談に乗って頂き、アドバイスを受けながらここまでやってこれました。苦手な数学、得意な英語も確実に成績が上がりやればできるという自信がついたようです。また、進学塾と思えない程、お友達とも仲良くして頂いたり、各先生方にもお世話になり、あこがれの存在となっております。手厚いにも程があるほど、おやつやお弁当を頂き、食いしん坊の娘はすごく楽しみにしておりました。夏の合宿、冬のクリスマスパーティやピザパーティ、食事の後の卓球など、メリハリを保ちながら楽しい塾ライフを送らせて頂きました。今では、学校より塾が楽しいと申しております。長女は推薦で昨年に合格を頂いておりますが、勉強が楽しくなったらしく、今も毎日お世話になり、高校に進学 してからもお世話になりたいと申しております。高校の勉強を先取りして教えて頂いたり、英検などもサポートして頂き、家庭学習ではなかなか出来ない、きめ細やかな学習が出来ていると思親子共々、楽しい塾ライフを送らせて頂き、心より感謝申し上げます。まだまだ、進学してからもお世話になりますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

娘が明秀館にお世話になったのは中2の3学期からでした。それまでは家庭教師さんにお世話になり、学校の成績もまずまず取れていたのですが、本人から「どこか塾へ通いたい。」と言い出したのでさがし始めました。 「本人のやる気があるなら、明秀館は良いよ。」とお友達から聞いたのですが「難しい入塾テストがあるらしい。」と聞き、私も娘も二の足をふんでいたのですが、お話だけでもと思いおもいきって塾長へお電話させて頂きました。塾では皆さんもくもくと勉強されている姿が印象的でした。でも、クリスマス会などイベントでは本当に楽しんでいる姿も印象的です。「おもいっきり勉強しておもいっきり遊ぶ。」そんな風に空気を作ってくださる塾長や先生方、一緒に勉強して下さった皆さんに本当に感謝しています。 入塾してからのび悩んでいた時も色々アドバイスして下さり心強かったです。「自信を持って取り組むこと」「成績も上がってきていること」下ばかり向いていた娘の背中を押して頂き、がんばる事が出来ました。12月に推薦入試のお話を頂き、それ以降も緊張が切れることなく勉強し続けることが出来るのも明秀館のおかげだと思います。良い流れにのせて頂きありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

中2の3月からお世話になりました。明秀館は私の中で数年間、気になる存在でした。そんな時、「明秀館は勉強が楽しいと言うようになるよ」と聞きました。「よし」と思い、すぐに伺い、なんとか入塾させていただきました。7月下旬までクラブがあったので、なかなかエンジンがかからなかったのですが、夏期講習では「どうしたん?」と思うぐらい長時間ある講習に力を入れて通っていました。「毎日毎日、よく頑張ってるな」と感心しました。その甲斐あって学力がついた夏休みでした。毎日通えたのも学力がついたのも塾で〝毎日行きたくなる・子供に合った勉強法で教えていただいている=勉強は楽しい〟と導いていただいたからだと思います。そのおかげで、2学期からの学校の学力テストの点数も上がり、本人も努力は確かなものになると学んだのではないでしょうか。第1志望を決めるにあたっては、11月下旬は迷走してしまいましたが、受け止めて下さいました。冬季講習もすごく楽しい講習となったようです。X’mas会あり、差し入れ弁当あり、仲間との歓談ありとon・offの切り替えをうまくしていただいて、リラックスして勉強に励めたからだと思います。この冬休みを楽しく過ごせた事は大変意義のあるものでした。そして、塾長をはじめ先生方にお導いていただいたおかげで、第1志望に受かる事が出来ました。本当にお世話になり、ありがとうございました。通わせていただきありがとうございました。

中学生になるにあたり、小学校とは違う学習内容に心配を覚えたので、学習塾を探して明秀館と出会いました。初めて見学で伺ったときに、勉強している生徒の皆さんが、一言も話さず勉強に集中している姿を拝見して、とてもびっくりしました。またうちの子は集中力が足りないと思っていたので、この環境はとてもいいと思い、入塾致しました。勉強についても、一人一人の個性や習熟度をはかりながら、子供だけでなく親の私たちにも熱意ある指導をしてくださったり、塾に通う生徒さんの自転車を近隣の皆様にも配慮していつもきれいに並べてくださったり、車で送迎に来た時も安全に帰れるよう交通整理をしてくださるお姿を拝見して、この先生についていけば大丈夫、ととても信頼できました。また勉強だけでなく、挨拶、机に向かう姿勢など社会に出て行くために大事なことも教わることができ、少しづつ子供が大人に成長する姿を頼もしく思えるようになりました。2年生に「起立性調節障害」という病気を患って、3年の夏から急激に悪化して2学期という受験で大変な時に学校にも行けず通塾もままならなかったときも、温かく「まずは学校。学校が完全に行けるようになってからは塾に来ればいいから。」とおっしゃってくださり、自宅での受験勉強のポイントや学習計画をご指導いただくばかりか、病を抱えながらも通える志望校の選定に親身に相談に乗ってくださり、親としてもとても心配で大変な時期を寄り添っていただいてとても感謝しています。受験期も塾に通えませんでしたが、一人部屋に閉じこもり、赤本など勉強に頑張る子供の姿を見て、ご指導いただいたことに感謝するとともに、続けることの大事さを実感しました。今日は高校の新入生対象の説明会があり、さっそく入学前課題が提示されました。いよいよ高校生活が始まります。体調に不安を抱えながらの高校生活を歩み始めることは、親子共々「挑戦」ですが、これまでいろいろご指導いただいたことを大事に、これからも頑張っていきたいと思います。塾長はじめ先生方、ほんとうにありがとうございました。

中学2年から明秀館でお世話になっています。小学5年からは別の塾で勉強していたのですが、もっと落ち着いてしっかりと勉強がしたいという本人の希望で、同級生が通っておられた明秀館に決めました。明秀館の、明るく整頓され、とても勉強のしやすそうな環境が気に入った様子でした。私は車の運転が苦手で、塾の送迎は2年間のうち2回くらいしか出来ませんでした。私が仕事から帰ってくると、こんな雨の強い日は塾を休んだだろうと思っていた日も、台風が来ようが、雪が舞おうが、毎日しげしげと自転車で通って行っていました。よほど塾の居心地が良く勉強に集中できていたのだと思います。3年になってからは、毎日夜11時頃まで行っていましたが、それでも時間が足りないと言っているのには大変驚きました。志望校を西京高校に決めてからは、問題が難しくなかなか解けなかった様ですが、どんな時も褒めて、力強くご指導頂いたみたいで、だんだんと手応えを感じるようになった様です。自立して勉強できるように方向付けをして頂けたことが、親として本当にありがたかったです。志望校対策もしっかりして頂き、合格となりました。これからが本当に大切となってくると思います。今後ともご指導よろしくお願い致します。

中学生になるにあたり、それまで通っていた塾から変わった方がいいと思い、明秀館にお世話になることとなりました。最初は知り合いもおらず、慣れるまでに時間がかかったようですが、中2になるころには同学年の友達も増えてきて、休み時間はみんなで楽しく過ごし、その後は再び勉強、とメリハリのある時間が過ごせるようになったと思います。夏の合宿も大変だったと思いますが、バーベキューなど楽しめることも沢山あったようで、大変以上に「楽しかった」と帰ってきました。クラブも終わると毎日通うようになり、成績も安定して三年間やってこれました。塾長をはじめとする先生方のサポートもあり、がんばってこれたのだと思います。三年間を振り返って「一年生のうちからがんばってやってきて良かった」と本人も言っていたので、がんばってきた甲斐があったと思います。無事志望校にも合格することができました。ありがとうございました。また引き続きお世話になりますが、よろしくお願いいたします。

中3の1学期、娘はお友達に誘われて「明秀館に体験に行きたい」と言い出しました。初めての教室見学時、生徒達が黙々と勉強している姿勢を見たり、中川塾長とお話させて頂く中で「通わせるなら明秀館が良い」と思い入塾テストを受け、その後入塾できる事になりホッとした事を思い出します。学校から帰ると夕食を食べすぐに塾に行き4~5時間勉強。そんな慌ただしい生活が始まり、初めは嫌になるかと心配しましたが、塾へは早く馴染む事ができ嫌がるどころか「早く行きたい」、帰ってからは「今日はこんなことをした」「楽しかった」と話してくれるようになりました。すごくメリハリのある環境を作られていて勉強するだけでなく子供達のコミュニーケーションを大切にされるスタイルは素晴らしいと思います。勉強時間はもちろんですが、先生方の指導、また塾長先生の情報・データからの的確なアドバイス、お褒めの言葉を頂くことで本当に力強く感じ、全部が子どもの自信に繋がったと思います。入塾するまで伸び悩んでいた成績も上がり、無事に前期選抜で合格することが出来ました。明秀館の塾長先生をはじめ、先生方に出会えたこと、そして共に頑張る仲間たちに出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。今後もご指導よろしくお願いします。

明秀館にお世話になったのは、上の子供からで、塾に迷っていた時に出会いました。大変子供のことを理解して下さり、高校も子供に合っているか考えて頂きました。下の子供も明秀館と決めていたので、小学生の時からお世話になりました。勉強の姿勢からカバンの整理まで教えて頂きました。中学に入りクラブと勉強で体力が持たない時期は、集中力が無くて本人も辛く塾を辞めようかと思った時期もありましたが、そんな時も塾長と相談しお任せしてきました。2年生になり、体力もつき急にやる気が出て成績が上がったように思います。本人も辞めなくて良かったと思ったみたいです。3年になってからは、クリスマスイベント以外に合宿だとか講習など勉強に関わる事でしたが皆で合格に向って頑張っている感じで楽しみながら勉強をしている様でした。入試前に、不安な気持ちになった時も、声を掛けてくださり、無事第一希望合格しました。感謝しております。塾長、2人の手のかかる子供をご指導頂き本当にありがとうございました。これからもまたアドバイスなどよろしくお願い致します。

親としての一番の願いは、息子が行きたいと思っている第一志望の高校へ合格する事、ただそれだけでした。夏休みの学校説明会で城南菱創を受験すると決めてから、彼は本当によく頑張ったと思います。学校から帰ると塾へ行き、夕食の後また塾へ最終の時間まで行くという習慣があたりまえのように毎日続いていました。大丈夫かな?しんどくないかな?と心配した事もありましたが、塾へ行く彼はいつもとても楽しそうでした。そんな風にあたりえに塾へ行く事ができたのは明秀館だったからだと思います。塾へ行けばいつも親身になって相談にのってくれる塾長や質問に答えてくれる先生方、そして励ましあったり刺激しあえる仲間がいたからこそ出来た事だと思っています。私も塾長には何度か相談にのってもらい、いつも心が救われる思いでした。合格発表の日、私は息子と一緒に行きました。受験番号を見つけた時は本当に嬉しかったです。彼のこれからまだまだ続く未来、思い通りにいかない事やくやしい思い、困難な事も色々あると思うけど、自分で進路を決め、努力した事を忘れないでほしいと思います。本当に支えていただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

娘が塾探しをはじめたのは中1の2学期末テストが終わったくらいでした。元々、大手の通信教材で勉強していたため塾へ通う予定はなかったのですが、成績が伸び悩み、いくつか塾の体験に行っていた時に友人の紹介で明秀館に出会いました。初めて伺った時に「この塾がいい!」と娘が言ったので早速入塾テストを受けさせていただきました。結果は不合格。しばらくしてから再度入塾テストを受けさせていただきました。結果はまた不合格(笑)その時も中川塾長から不合格の理由、娘の性格や特徴、これからどうすればいいか…的確なアドバイスをいただきました。他の塾を探す事も考えましたが、娘がどうしてももう一度チャレンジしたいと言ったので中川塾長に3度目の入塾テストをお願いしました。その後、入塾テストの合否の一報をいただき、やっと合格(笑)高校受験に合格したかと思うくらい一緒に大喜びしました。晴れて中2の夏頃から明秀館に通う事ができました。やっとの思いで入塾したので必死で頑張っていたと思います。塾内順位4位をいただいたり、学校の通知表で5科目オール5をとれたこともありました。正直、ここまで伸びるとは思っていませんでした。黙々とひたすら勉強するだけじゃなく、合宿やクリスマスのイベントなどで塾生同士が自然と打ち解けあい、受験直前でも毎日楽しく過ごしていたようです。そしてこの度、第一志望の高校に前期試験で合格することができ、粘り強くコツコツ努力した成果だと拍手を送りたい気持ちとともに、勉強面や精神面で娘を支えていただいた中川塾長はじめ明秀館のスタッフの方々にとても感謝いたします。そして明秀館を紹介していただいた友人にも感謝の気持ちでいっぱいです。この中学生時代につけた力は今後いろんなことに発揮できると思いますし、引き続きこれからもお世話になりたいと思っています。よろしくお願いいたします。

娘が塾探しをはじめたのは中1の2学期末テストが終わったくらいでした。元々、大手の通信教材で勉強していたため塾へ通う予定はなかったのですが、成績が伸び悩み、いくつか塾の体験に行っていた時に友人の紹介で明秀館に出会いました。初めて伺った時に「この塾がいい!」と娘が言ったので早速入塾テストを受けさせていただきました。結果は不合格。しばらくしてから再度入塾テストを受けさせていただきました。結果はまた不合格(笑)その時も中川塾長から不合格の理由、娘の性格や特徴、これからどうすればいいか…的確なアドバイスをいただきました。他の塾を探す事も考えましたが、娘がどうしてももう一度チャレンジしたいと言ったので中川塾長に3度目の入塾テストをお願いしました。その後、入塾テストの合否の一報をいただき、やっと合格(笑)高校受験に合格したかと思うくらい一緒に大喜びしました。晴れて中2の夏頃から明秀館に通う事ができました。やっとの思いで入塾したので必死で頑張っていたと思います。塾内順位4位をいただいたり、学校の通知表で5科目オール5をとれたこともありました。正直、ここまで伸びるとは思っていませんでした。黙々とひたすら勉強するだけじゃなく、合宿やクリスマスのイベントなどで塾生同士が自然と打ち解けあい、受験直前でも毎日楽しく過ごしていたようです。そしてこの度、第一志望の高校に前期試験で合格することができ、粘り強くコツコツ努力した成果だと拍手を送りたい気持ちとともに、勉強面や精神面で娘を支えていただいた中川塾長はじめ明秀館のスタッフの方々にとても感謝いたします。そして明秀館を紹介していただいた友人にも感謝の気持ちでいっぱいです。この中学生時代につけた力は今後いろんなことに発揮できると思いますし、引き続きこれからもお世話になりたいと思っています。よろしくお願いいたします。

娘が明秀館に通いだしたのは、中3の夏休み前でした。中2の頃から、城南菱創に行きたいとは言ってはいましたが、特別成績が良いわけでもなく必死に勉強しようとする気も見られませんでした。中3の初めての三者面談で娘が城南菱創にいきたいと言いましたが、先生からも「今の成績では難しい」との一言でした。そこから本気で勉強しないとまずいと思ったのか、娘の方から塾に通いたいと言いだしました。自分でする勉強法に限界を感じているようでした。親からみても、それは同じでした。真っ先に娘の友達も通う明秀館が候補にあがりましたが、娘の成績で入塾するのは難しいのではと躊躇していました。けれど、明秀館以外にピンとくる塾もなく、友人の助言もありまずは電話をかけてみました。こちらの急いでいる気持ちを察してくださったのか、その日の夕方には話を聞きに行き、まずは夏期講習と合宿に参加してみて、その後のことを決めましょうとご提案くださりました。明秀館での1日のスケジュールを聞くと娘に出来るのかとても不安になりましたが、同時に明秀館の子たちがこれだけの事をしているのかと驚きを隠せませんでした。夏期講習が終わり2学期最初の実力テストでは6月のテストからは信じられない点の上がり方をしました。担任の先生は受け持った生徒でこんなに上がった子はいないととてもビックリされていました。もちろん私自身も誰かの成績を間違えて持って帰ってきたのかと思うくらいの点数の上がりようでした。塾長は想定内との感じでしたが(笑)2学期になると少しでも早く塾に行き、1分でも多く明秀館で勉強する生活があたりまえになっていました。明秀館以外に通うお母様方と話していて塾での勉強はやらされるものだと聞いていました。しかし、明秀館では、決してやらされているのでは無く、自分が望んでしていることは娘の楽しげな話ぶりからわかりました。勉強するのが楽しいなんて言葉を娘の口から聞いた時にはここでもまた驚きを隠せませんでした。残念ながら入塾前の内申点が圧倒的に足りないことと、本番に頭が真っ白になってしまい力を出せずに前期選抜試験は不合格でした。その時も的確なアドバイスをいただき私としても非常に心強かったです。本人は凄くショックだったと思いますが、すぐに切り替えて中期選抜へと気持ちを向けてくださった塾長の手腕はテクニック以上に普段から生徒達としっかり向き合ってくださっているからだと今この文章を書きながら実感しています。このあたりが明秀館にキラキラしている生徒達が多い理由なのかもしれませんね。最後に、講師の方々はもちろんのこと、多くの塾生からなる素晴らしい環境で勉強できることに本当に感謝はしております。そして、娘のやる気を結果に繋げてくださった塾長と出会えたことが娘にとって何よりの幸運でした。合格したことは勿論ですが、自分に自信がついたのか、彼女の毎日がより生き生きと大きく成長してくれたことも親として大変嬉しく思っています。本当に、ありがとうございました。

中学に入学する頃からお世話になっています。勉強のやり方など息子に合うように進めていただいていたので、学校の定期テスト等は心配することなく、塾にお任せしていました。いよいよ中学3年生になり、受験生となりました。まだ漠然とした目標校しかなく部活を引退してからの夏休みに、色々な高校のオープンスクールに参加することにしました。中でも、公立の高校にもかかわらず、設備も良く、立地条件も良く、学校が掲げている校風に感銘を受け、親子共々この学校に行きたいという目標ができました。しかし、その高校は京都でも指折りの難関校でした。目標が決まってからは、息子も真剣に受験勉強に挑みました。塾長も息子の本気の気持ちを理解して下さり、その高校に特化した勉強にシフトして下さいました。模試のテスト結果も思うように伸びなかった時でも、まだまだ伸びしろはありますとおっしゃって下さり、たくさん励ましていただきました。最後の追い込みでは、「だんだんと射程距離に近づいてきました。この調子で頑張ってほしいです。」と言っていただきました。難しいチャレンジのために一生懸命息子も頑張りましたが、結果は残念ながら不合格となってしまいました。残念な結果となりましたが、気持ちを切り替えて、中期試験に向けてまた頑張りました。高校は息子はクラブも勉強も頑張っていくつもりと今は前を向いています。これからの3年間が素敵な日々になることを願っています。最後になりましたが、塾長をはじめ講師の先生方に大変お世話になり、ありがとうございました。

明秀館にお世話になったのは、中学3年生のクラブの引退後からでした。それまでは、クラブ中心の生活を送り、入塾するのが延び延びになってしまい、本人は少し不安も焦りもありました。中川塾長はそんな娘の様子、性格もよく理解して接して下さったので、安心して塾での勉強をスタートさせることができました。明秀館の強みのひとつは、塾長が1人1人の子ども達の性格や特徴を把握されていることだと思います。母親の私が知らないような子どもの様子まで把握されていることには何度も驚きました。それだけ子ども達と真剣に向き合ってくださっているからこそ出来ることなんだと思います。入塾後は、今まで自宅で1人で勉強していた時とは違い、適切に課題を示し、具体的な勉強法など細かくアドバイスして下さいました。何からどう勉強して良いか分からなかった娘にとっては、それはとても嬉しくやる気にもつながったように思います。また、塾の周りの仲間と勉強する中で、いろいろな刺激を受けて、学ぶことも多々あったようです。そんな明秀館で勉強する事が楽しくなり、毎日、最終まで頑張って帰宅するというリズムができ、苦手だった実力テスト、模試でも点数がアップしてきました。模試の偏差値では10以上上がって結果を毎回見せてもらうのがとても楽しみでした。そして少しずつ自信がもてるようになってきました。志望校決定では、親子共々、かなり迷い悩みました。この時も塾長にいろいろとアドバイス、情報などいただき、とても心強く、親としての不安もずいぶん軽くしてもらいました。志望校決定後は「前期合格」を目標に頑張る日々が続きました。結果、無事合格することができました。中川塾長をはじめ、講師の先生方のご指導のおかげだと感謝しています。勉強に集中できる環境をありがとうございました。

そろそろ塾に通わせようかと思っていた中3の1学期。子どもが「明秀館に行きたい」と言い出しました。聞けば集団授業ではなく、個別演習授業とのこと。他塾にはない独自のスタイルでした。塾は本人の行きたい所でと思ってはいたものの、息子は苦手なことを後回しにする傾向があり、学習の進みに偏りが出るのではと心配しました。「なぜ明秀館なのか」という私の問いに対して、他塾の情報も見たうえで、①自分には集団授業が向かない(だれてしまう)、②通塾している友達が楽しんで勉強している(しかも実力がついている)と伝えてきました。面談で中川塾長とお話し、教室見学に行き、塾選びでは息子にまかせて大丈夫だと思いました。明秀館に通うようになると、今までのだらだらした生活から一変し、時間を有効に使えるよう計画を立て行動するようになりました。「少しでもはやく明秀館に行きたい!」という気持ちがそうさせたのでしょう。入塾前には想像もできませんでした。塾から帰ってきても明秀館の話ばかり。勉強した内容、先生からのアドバイス、休み時間の友達との会話、目標や課題。何ごとも肯定的に受けとめてもらえる環境…。子どもの様子から、安心して預けることができました。入塾してから日々の成長のスピードが目に見えてグッと上がりました。「気持ち的に強くなったな、頼もしくなったな」となんとも言えない嬉しさに幸せを感じ見守ることができました。明秀館では勉強合宿で競い合い、励まし、教え合い、寝食を共にすることで、一緒に受験を戦っていく仲間意識が芽ばえました。クリスマス会では学年をこえ楽しんだり、受験前には塾からの差し入れ弁当をみんなで囲んで食べ緊張をほぐしたり。やる時はやる、力を抜く時は全力で楽しんでいました。振り返ってみると、家庭的な温かさを与えてもらった塾でした。4月からの進学先が決まり新しい生活が始まります。明秀館で身につけたこと、感じたことを高校生活でも発揮してくれること、楽しみにしています。中川塾長、お世話になった先生方、共に過ごしたみなさん、ありがとうございました。

娘が、明秀館にお世話になったきっかけは、それまでは通っていた個別指導塾での指導に不安を覚えたからです。塾を変えるのは親としても子どもとしても大変勇気のいることですが、「今のままでは志望校には到達出来ない」との不安から藁にもすがる思いで明秀館に問い合わせをしました。明秀館に問い合わせをさせてもらうまでにも、元の塾の先生に志望校に受かるために必要なことを相談しましたが、抽象的なアドバイスばかりでした。明秀館では、かなり具体的に事例をもちいて説明してくださいました。そしてこちらが不安に思っていることや、子どもにとって足りてない部分を的確に言い当てられました。これだけでも私たちには驚きでした。さらに明秀館で教えて頂くようになって予想問題や模試の結果がどんどん上がり、受験前には入試過去問で170点まで取れるようになりました。塾長は繰り返しやる事を大切にされ、今までに見た事の無い程の量の問題集を娘に与え、全てやりきり、気が付けば、ミカン箱サイズの段ボール二箱の量になっていました。それをやりきる事により、娘にも自信が付いてきてきたように感じ、表情にも笑顔が戻って、受験に向かう勇気も取り戻したように感じました。短期間に量をこなすのは、大変な事ですが、そこで嫌になるくらいなら、南陽高校ではやっていけないと塾長はおっしゃっていました。高校受験の実力と共に高校に入ってからの精神力も身に付ける事ができるやり方だと感じました。いよいよ受験に望み、見事南陽高校に合格できたのも、受験できる状態にして下さった塾長のおかげです。塾長に呼んで頂けなかったら、きっと南陽高校を受験する事は諦めていました。短期間で、無理を言いましたが、結果を出して下さって、本当に感謝してもしきれない程です。憧れの高校に入学する娘の入学式に参加するのが今から楽しみです。

明秀館には、長男に続き6年生の終わりからお世話になりました。長男は初めての中間テスト前に、勉強の仕方がわからないと言い出し、慌てて塾長にご相談、即入塾させていただきました。そのことをふまえて、次男は少しでも早く、入学前からお世話になろうと決めていました。平日は中学校のクラブ活動、週末はクラブチームでの野球と、ほぼ毎日が限られた時間での通塾となりました。テスト前でも関係なく練習や試合があり、終わってからとなるとほんの短い時間。本来ならば塾を優先するべきであったかと思いますが、塾長は、本人の意思を尊重して、少しの時間でも参加できるように声をかけていただく等配慮していただきました。おかげで、疲れて気力のない日でも、気持ちを切り替えて塾での学習に集中できたと感謝しています。学習の方法はもちろん、テストに向けた計画的な学習の進め方も学びました。勉強面での成長はもちろんのこと、明秀館に通う友達たちの存在も非常に大きかったようです。つらくしんどい勉強を楽しい、充実した時間に変えてくださった明秀館の指導に本当に感謝しています。ありがとうございました。

2016年度(2016年3月)

 長女が明秀館でお世話になっていたので、息子も高1の夏に入塾しました。部活や学校行事に全力を注いでいたため、なかなか塾に行けない時があっても、塾長は『来れる時に来たらいいよ』と言ってくださり、その言葉で変に気をわずに通塾できました。クラブと勉強の両立はどの学校も掲げていますが、言うは易く行うは難しとはまさにこのことです。指導回数は少なくとも塾長が直接指導してくださる明秀館スタイルは息子にとても合っていました。、息子にとって1番効果のある勉強法を指導してくださり成果に繋がりました。明秀館で培った毎日の習慣で特に英語の成績はメキメキとあがりました。一時期、明秀館をお休みし予備校を利用したいと、息子が言い出した時も塾長は責めるどころか背中を押して下さり『力になれることがあったらいつでも連絡して』と温かい言葉までかけて下さいました。この時の息子を今から振り返ると、とにかく不安だったのでしょう。学校の周りの友だちの多くが予備校に通う中、自分はこのままで良いのだろうかと焦っていたのだと思います。結局すぐに明秀館に戻ることになるのですが、塾長に連絡させていただくと塾長は息子がどんな気持ちで予備校に惹かれ、どんな思いで戻りたいと言ったのか全てお見通しでした。そして快く息子を迎え入れて下さいました。猪突猛進する息子を上手くコントロールし、精神的にも支えて下さったこと‥本当に有難く思います。『自分は周りの人に恵まれている』と息子はよく言います。明秀館という塾に出会えたことは、彼にとって本当に恵まれた出会いだと思います。2年前にお世話になっていた長女は、『明秀館で学んだ半年は勉強がほんとに楽しかった』と言います。明秀館は辛く厳しい受験期を楽しかったと振り返れるようなそんな塾なのだと思います。中川塾長はじめお世話になった先生方、共に闘ってきた仲間たちのお陰様で、第一志望の大学に合格することができました。皆様に心から感謝します。本当にありがとうございました。

明秀館には高校3年になって少しした頃からお世話になりました。大学受験に関しては私自身は正直良く分からずに子供任せにしており、そんな息子が選んだのが明秀館でした。子供の通う高校はここ数年で国公立大学への進学が激減している状態で、学校の雰囲気もどこか楽しいことを優先にしている感じがしていました。もちろん、学年によって生徒は変わるのでたまたま今年がそうだったのかもしれませんが。明秀館に通うようになってからは、苦手の数学と理科科目に不安がなくなり、社会科目もほぼ0から合格ラインまで指導していただいたようです。塾長先生から何をどのようにやれば結果につながるのかを指導してもらったおかげで足を引っ張っていた科目をクリアすることが出来ました。最終的には息子の通う高校からは6名程度が国公立大学に合格したようです。在籍する生徒の人数から考えると2%の狭き門となり、改めて大学入試は難しいんだなと受験が終わった今そう感じています。この中に入れたのは明秀館とご縁があったからだということは間違いありません。明秀館に出会わなければきっと違う結果になっていたでしょう。本当にありがとうございました。

明秀館には中学時代よりお世話になりました。思い返せば、娘はいつも明秀館に支えてもらっていました。高校入学当初、少し学校に馴染めずにいた頃も塾長がいつも娘のことを気にしてくださり、彼女がしんどい時期を乗り越える大きな力になったと思っております。3年生になりクラブを引退してからはギアをあげ受験勉強に取り組み始めました。娘は数学に対してアレルギー反応(笑)があり苦戦していましたが、根気強く指導してくださりなんとか形になってきました。そして、いよいよセンター試験。初日が終わったあと教室閉館後に忘れ物をしたと塾長に遠くからわざわざ教室に戻ってきてもらいお手数をおかけするなどバタバタとしたこともありましたね。思い返すと山あり谷ありの日々でしたが、娘の性格を良く理解してくださり根気強くサポートしていただけたのでこの春から無事に大学生活を満喫しています。ありがとうございました。

明秀館には、娘の友達が通っておりちょうど塾を探していたので高校1年の夏頃にお話を聞かせてもらいました。塾長とお話してまず最初に思ったことは、中学校から明秀館に通えてたらよかったのになということでした。 個人塾は入試の情報などの面において、正直劣っているのではと思っていましたが、それまで通っていた塾よりも大学受験について精通されていて驚きました。また、娘の通う学校から志望校に向けての取り組みを具体的に伝えていただき安心してスタートしました。 高校ではクラブ活動をしていたので、クラブから帰ってすぐに塾に行く生活を続け早い時期から勉強をする習慣を身につけることが出来ました。塾に行けばみんなが真剣に勉強している環境がよかったのだと思います。 高校3年になりいよいよ受験生、保護者としては受験において娘に何をしてあげることも出来ず、ただ見守ることしかできませんでしたが、見守ることが歯がゆく何もできないことがほんとうに大変な1年でした。 毎日遅くまで勉強をしても思うように結果が出ず、センター試験では自分の持っている力を出せずに結果が悪く涙する娘をどう支えてよいのかわからず思わず塾長に電話をしてしまいました。会話の中で親はどう接するのが良いかを示唆していただきました。本当に親子共々バタバタと失礼しました。 その後、私立前期、後期と不安な日々は続きましたが、塾に行けば頑張り続ける仲間がいることが娘の励みになったようです。最後の合格の瞬間は私にとっても本当に素敵なものになりました。本当にありがとうございました。

友人から中学に入って明秀館の入塾を進められていましたが、本人は全く塾に通うことを考えていませんでした。中二の夏人間関係がきっかけでクラブをやめることになりました。勉強で頑張りたい!!という本人の希望もあり紹介していただいた明秀館に入塾しました。学校の面談では行きたい高校は到底無理と言われていましたが中川塾長は「任せてください。本人を信じて頑張りましょう。」と言ってくださり本当に心強かったです。今までの学習を取り戻すのにかなりの時間がかかりましたが、本人のペースに合わせてじっくり教えていただいたおかげで行きたい高校に合格できたときは本当に感謝でいっぱいでした。高校に入っても悩みは尽きずその度に中川塾長には相談に乗ってもらいアドバイスをいただいて勉強以外でも大変お世話になりました。進路を決めるときもやりたいことが見つからず前に進めなくて時間だけが経つ日々でしたが、中川塾長と何回も面談をしていただく中でたくさんの資料を用意していただいたおかげでやりたい事をみつけ大学を決める事ができました。それからは的を絞って毎日やってきましたが、点数が思うように取れないことの苛立ちや時間が足りない事に落ち込んだり…心に余裕がなくて「やっぱり無理やわ。」と何回も諦めかけたこともありましたが、うまく先生にフォローしていただいたり、遅くまでご指導いただき合格に導いてくださった事に明秀館を紹介して下さった友人にも感謝の気持ちでいっぱいです。本当にお世話になりました。ありがとうございました         

中二の時より明秀館にお世話になりました。娘が「塾へ行きたい」と初めて口にしたのは中二の冬でした。それまで塾に通わせるなんて頭に無かったので、塾の情報も無く何処に塾が有るのかさえ知りませんでした。友人から明秀館の話を聞き(どんな塾だろう)と言う程度で、塾長の中川先生にご連絡をさせて頂き見学に行きました。初めて教室を見た時、本当に驚きしかありませんでした。生徒さん達が、一人も喋る事なくシンとした空間の中で、黙々と真剣に机に向かっておられる姿にただただビックリしたのを覚えております。中川先生と色々お話しをさせて頂き、娘もすぐ「ここに行きたい。ここで勉強したい。」と明秀館が気に入ったのも勿論のこと、私自身も“こんなに真剣に子供達が机に向かっている環境の中で、娘も過ごす事が出来たら…”と、即、明秀館に入塾させて頂きました。それから五年。中川先生には、私ども親以上に娘の性格・夢・将来の事を理解し、相談相手になって下さり、アドバイスを頂き、励ましを頂き、導いて下さいました。高校進学の時も「勉強も部活も一生懸命したい」と、娘の希望も有り、文武両道の高校へと中川先生にアドバイスを頂き進学しました。そのかいも有り高校三年間、勉強と部活の両立が出来ました。部活の大会には、お忙しい中、何度も中川先生が応援に来て下さり、娘も“先生見ていて!”と言わんばかりに試合に挑んでいた姿を思い出します。お陰さまで部活も本年度の京都府インターハイでbest4に入り、高校としても初めて近畿大会に出場する事が出来ました。大学進路を決定する時も、中川先生が親身になって娘の希望する道を考えて下さいました。恥ずかしい話ですが、私共親は、娘から「○○を勉強したい。○○に進みたい。」と言う話を「あ、そうなの」と相槌を打つぐらいでした。今回、希望していた大学に進学が決定し、娘と塾へ報告に行った時、“大学で付いていけるだろうか”と不安がっている娘に「大丈夫。○○ちゃんなら頑張れる」と言って下さいました。その言葉の重みが、娘にとってどれだけの安心感と励ましとなったのか図りしれません。高校進学・大学進学と、二つの節目に明秀館には、大変お世話になりました。親以上に娘のことを理解して下さっている中川先生。中川先生には感謝の言葉しか有りません。成績が上がっていくのが嬉しくて、自信がついてくる娘の姿を見るのが親として、とても嬉しかったです。親にとって成績が上がるのも勿論嬉しい事ですが、(頑張れば出来る)(頑張った分だけ自信に繋がる)(最後までやり通す)と、勉強に取り組んでいる娘の姿を見るのが何より嬉しかったです。それもこれも、塾長の中川先生をはじめ明秀館の諸先生方にご指導頂いたお陰と心より感謝しております。明秀館に通わせて頂いた時間が、何よりこれからの娘にとって自信に繋がることと思います。本当に有難うございました

娘は中3の夏期講習から明秀館に通いました。入塾して間もなく開催された合宿にも参加して、塾の雰囲気に馴染むのも早かったように思います。2学期の中間試験ではそれまで苦手だった教科が他の教科以上の点数だったので、夏期講習の成果を実感しました。明秀館の特徴は圧倒的な学習時間の多さにあると思います。学校の定期テスト前や夏期、冬期講習においては1日8時間の塾での学習。これだけの時間を家で集中して学習するのは難しいと思います。塾での充実した学習時間が子どもたちの自身につながっているのは確かだと思います。そして、学校の行事や活動内容に塾が適応していて長く続けやすい環境にあると思います。また地元校の情報が豊富で、中川先生独自の分析はとても興味深く聞くことができました。以前、雨上がりに塾の前を通りかかった時、中川先生が生徒たちの自転車のサドルを一台ずつタオルで拭いているのを見かけ、先生の生徒への愛情を感じました。娘はこれからも続けて通いますので、ご指導よろしくお願いします。

二つ上の姉を見ていたからか、6年生になる春から当たり前のように明秀館に通い始めました。男の子は家で学校の話や友達の話をあまりしてくれませんが、姉とはよく2人でよく塾の先生のことや勉強のことなどを楽しそうに話していたので、私も「楽しそうに通っているんだな」と感じていました。中学に上がってからも、部活から帰ってきて、晩御飯を食べて第二の部活のように塾に通う毎日を送りました。塾に行けば集中して勉強できる環境があるのはもちろんですが、なにより、信頼できる先生方、共に切磋琢磨する仲間いることが息子にとっては大きかったように思います。周りの友達からいろいろな刺激を受け、それが志望校決定、そのあとの合格につながっていったのではと感じています。勉強の合間に楽しそうにみんなで話をする姿やクリスマス会や卓球大会など塾長が考えてくださるいろいろなイベントなどの写真をブログで拝見するたびに「明秀館で本当に良かった。」とおもっていました。塾長をはじめ、明秀館の先生方には日々感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございます。高校受験が終わり、一つの区切りを迎えましたが春からの高校生活が充実したものになるよう今後ともますますご指導いただきますようよろしくお願いいたします。

千葉県から京都への移住だけが決まっていた夏休み。上の娘の高校選びなら、目をつむっていても順調に済んだけれど、三女の場合は、転居先、京都市の事情がわからない!!全く地域のことがわからない状態で9月に突入してしまいました。そんな時、千葉でお世話になっていた塾の先生が中川先生のホームページと出会い、連絡をつけて下さり、一度訪ねてお話をお伺いする機会をとりつけて下さりました。9月末頃桃山高校、城南菱創高校と説明に参加した後、明秀館にて、勉強の進め方や京都ならではの高校選びの仕方など、とても丁寧に、わかりやすくお話しして下さいました。娘も私も不安だらけの時期でしたので、詳細な分析データと力強い中川先生の言葉に、本当に救われた思いをしたことを覚えています。秋の頃、前期試験は普通科を受験し、早い時期で受験を終了させたい娘に対して、私は桃山高校自然科学科にチャレンジさせたいと思っていました。秋も深まる頃には、説明会に参加していたこともあり、ようやく、目指す所は桃山自然科になりました。そこから、中川先生とのやりとりは、テキストやラインで密になりました。しかし、全力でぶつかった前期は、残念ながら不合格でした。けれど、中期の受験校を決定するに当たり、やはり元来の希望を変更せず、まっすぐすすむことを力強くすすめていただいたこともあり嵯峨野の普通科と決まりました。ここは、もともと本人の第一希望でした。不安うずまくなか願書提出、そして結果、合格!!あの時中川先生の言葉がなかったら、今の結果にはならなかったでしょう。本当にありがとうございました。

  夏頃までは、クラブ活動と受験勉強を自己流で両立していましたが、過去問題に取り組んでみるととても難しく全然進まない、しかし気がつけば受験まで残り少し。以前からブログを拝見していて気になっていた明秀館にお願いしようと思い連絡をしました。学校の定期テストや実力テストでは悪くない成績をとっている娘でしたが、西京の問題にはまったく歯が立ちませんでした。明秀館では、西京高校受験に最適な勉強方法を指導してもらいました。鞄がいっぱいになるほどのテキストやプリントもいただいて、娘はかつてないほどの勉強勉強の毎日でよく頑張ったと思います。途中、くじけそうになっても頑張りきれたのは、明秀館に行けばもっと頑張っている人がいる!というやる気になれる雰囲気があったからだと思います。受験の前日には西京高校の先輩とお話しする機会を作ってくださったおかげで気持ちも落ち着いたのか当日はとても良い状態で受験に挑み、その結果無事終了合格することができました。本当にお世話になり、ありがとうございました。

最初に、第一志望校に無事合格することができ、今は安堵したのと、ご尽力いただいた明秀館の先生方への感謝の思いでいっぱいです。 息子は中3の6月から明秀館でお世話になりました。それまでは中学入学後に大手進学塾に通塾していました。正直、親としましては学校の成績に関してそれほど危機迫る様なものを感じる状況ではありませんでした。 ただ、息子の様子や学校の定期テストの間違った問題や間違い方を見ていて、大手進学塾の対応、指導方法に疑問を感じていました。個人的に塾側へ話をしたこともありましたが、息子の成績が特に悪くないこともあってか、中々私が思うような(塾側の)変化はありませんでした。そのような状況のまま経過し、息子は学校の定期テストや成績で特別困ることはないのですが、実力テストでは点数が取れない、凡ミスで点数を落とすという状況になっていました。 はっきりと志望校を決め、本人も絶対その高校へ行きたいと意思でしたので、高校のレベルを考えると親としては「今のままでは・・・」という不安が常にありましたので、息子と塾を変えようと話し合いをしました。塾について親子で話し合う際には、いつも「明秀館」はあがっていたのですが、私のまわりでの当塾の噂は、「とにかく猛勉!」というものでした。噂が噂を呼びということもあったのでしょうが「数十時間、塾に入り詰めで勉強!!」「部活よりも何よりも勉強!!」といった噂(今となれば笑ってしまいますが)を聞いていましたので運動部に所属していた息子と親子ともども二の足を踏んでいたのが正直なところでした。 ただ、中3の1学期中間で、凡ミスばかりで思うような点数が取れなかった息子が「明秀館に行ってみたい」と言いました。お電話し、見学に行かせていただいた時に受けた衝撃は鮮明におぼえています。個々が1言も話さず机に向かって勉強している塾生の皆さんの姿。まさに「自学」の姿。スゴイ!!と思いました。見学し塾長のお話をお聞きした後、息子自身も「明秀館に通いたい」と言いました。 こうして明秀館へお世話になることになしましたが、息子の勉強に対する姿勢が変わったのは通塾しだしてすぐに感じました。それまでの塾通いでは「時間に追われながら、行かないと行けないから行く」といった感じだったのが、「塾へ行くために時間を有効に使い、意欲を持って家を出て行く」という姿勢に変わりました・正直、短期間での息子の変化に親としては大変驚きましたし、うれしくもありました。恥ずかしい話ですが、この変化を見ただけで明秀館での学習内容や塾の様子を特に本人に聞く必要もないだろうと思い、以前の塾に対しての感覚がなんだったのかというほど安心しておまかせしていました。確実に、勉強へ向かう姿勢が「受け身の学習」から「自学」へ変わったように思います。この意識の変化は本人にとっても以前から必要なことではあるけれど、なかなか自分1人では感じることのできなかったことだと思いますので、とても大きな収穫であったことは間違いありません。結果として志望校に合格することができ、本当によかったと思います。今後もご指導よろしくお願い致します。

まずは、志望校への合格を勝ち取りホッとしております。本人の努力がどうであったかは計り知れませんが、明秀館にお世話になり学習の仕方が変わったのは間違いありません。もともと成績は悪い方ではなかった息子ですが、ある程度のレベルで満足しそこから伸びていこうというモチベーションが欠けているという性格をよく理解してくださり、目標に向かう道筋をつけて頂いたのではないかと思っています。これから高校生活が始まりますが、新たな目標に向かって前進していって欲しいと考えています。浮かれる間もなく春休みも高校の一学期の学習をするとかでモチベーションをキープしているようです。普段はあまり勉強や学習について口出しはしませんが、明秀館のメリハリのある導きによって安心してこの先も進んでくれるのではないかと思っています。この度の高校受験での数々のアドバイスありがとうございました。高校生になっても志望大学合格に向けお世話になります。よろしくお願いいたします。

明秀館には中一の夏からお世話になっております。中学に上がってすぐは、小学校のころから通っていた大手プリント塾を続けながら、しばらく様子をみていました。中間期末と悪くはありませんでしたが、息子の勉強のやり方を見ていて、このままで中学の勉強を乗り切れるだろうか…と不安がよぎったのが、塾を考え直すきっかけでした。息子には受け身になりがちな教室タイプの塾は合わないと思っていたので、春から何度となく明秀館に変えようか、という話は出ていたのですが、息子は入塾テストがあるのが不安だったようで二の足を踏んでいました。しかし、期末が終わり、自分でも思うところがあったようで一念発起して入塾テストを受け、ギリギリでしたが入れていただきました。入塾してからは息子の性格を中川塾長はよく分かって下さった上で、色々な意味で上手く導いていただき、安定した成績が取れるようになっていきました。小さい頃から外であった事を家であまり話さない子で、塾でどんな様子なのか今だにほとんどわからないのですが、塾のある日はほぼ毎日行き、時折ブログの写真で見かける息子の顔はとても楽しそうで安心してお任せしています。受験学年になり、順調な時もあれば、結果が出ない時もあったりと本人もしんどい時期があったと思いますが、塾長や先生方がおそらく温かく見守って下さったからでしょう、落ち込むこともなく、もともと希望していた前期の専門学科を第一志望として頑張りました。しかし前期の受験は体調不良も重なり、残念ながら不合格でした。万全な体調で送り出してやれなかったと私は落ち込みましたが、息子は(悔しかったとは思いますが)淡々といつも通り塾に行き、中期に気持ちを向けていました。中期の前夜、あまりにもいつも通りリラックスしているので「緊張しいひん?」と聞くと「お母さん、いつも通りにするのがいいねんで」と本当に普段通り過ごしていました。明秀館で積み重ねた勉強と内申点があったので、自信を持って臨めたのだと思います。そして見事合格!本当に嬉しく心底ホッとした瞬間でした。中川塾長をはじめ、講師の先生方のおかげです。本当にありがとうございました。

娘が「明秀館」にお世話になったのは、中学三年生の六月からでした。本当でしたら、中学に上がった一年か二年ぐらいから塾に行った方が良いのではと思っていたのですが、娘が部活(運動部)に入っていて両立するのはちょっと厳しいとのことでしたので、三年生で、部活が終わる時から、行かせて頂くことになりました。ちょっと遅いぐらいではと、不安でした。本人も、どうにか本人なりの勉強の仕方でそれまではやってきていたのですが、三年に上がったとたん、グンっと勉強の内容が難しくなったようで、テストの点数も今まで通りの勉強方法では下がってしまい、すごく不安になったようで、自分から「どうしても塾に行きたい。」と言うようになり、お友達とかに聞いたりして、『明秀館』は、入塾テストがあって、受からないと入れないほどの塾だと知り、そんなところで勉強を教えてもらいたいと、すぐに塾に連絡をして、テストを受けさせてもらい、行けるようになりました。本当に、良かったと思いました。塾に入ってからは、どれだけ天気が悪くても、寒くても、暑くても、自転車で頑張って通ってくれました。家で、わからないところがあっても、親が教えられることは限りがあり、わからなくて答えられないことも多々ありました。それが、塾に行くことにより、中川塾長や諸先生方にすぐに答えてもらい、説明をして頂けることで、今までならわからないまま次に進んでいた勉強がちゃんと解けるようになり、次に進んでいけることが何よりもうれしいことだったようで、塾に行けるのがうれしくてたまらない様子が手にとるようにわかりました。こんなにも勉強が好きだったかと驚くほど、夢中になっていたように思います。気負いしすぎず、自分の苦手とする科目を集中的に勉強していき、その科目をあげていき、他の科目も勉強していくというのが、娘にはすごくあっているようで、楽しそうに通っている姿を見て、親としても、この子はすごいなあ、本当に頑張ってるなあと思いました。高校受験は、最初は「ここの高校は、ちょっと無理ちがうかなあ」と言っていた学校を最終的には志望校とすることとなり、今まで以上に勉強にはげむようになりました。親の方が心配してしまうほどでした。でも、その努力の甲斐があり、最初は無理と思っていた高校に、無事合格することが出来ました。本当に嬉しかったです。中川塾長が、娘の性格などを考えて頂き、娘にあった勉強方法や指導をして下さったおかげだと思います。今となっては、娘も、『明秀館』に通っていなければ絶対に勉強について行けてなかったと思うし、受験もどうなってたかわからんと言って、高校に入ってからも絶対続けて行くと、やる気マンマンです。高校に入ってからも、また大変だと思いますが、今後ともよろしくお願い致します。入塾してから高校受験まで、本当にありがとうございました。

明秀館には中二の夏からお世話になっています。上の子もお世話になっていた事もあり 塾へ行くなら明秀館と決めておりましたが、中一の頃は部活に必死で 勉強はなんとかついていけているから…とのんびり考えていました。ところが、中二の一学期後半頃から「わからない」と言う事が増えてきて このままではいけないと思い塾長に相談させていただいた所「今が境目です」とはっきり言って下さったので すぐに毎日コースで通い始めました。するとまず「わからない」と言う事が無くなり、定期テストの点数も徐々に上がっていったので親子で悩んでいたのがうそのように自信に変わっていったように思います。とにかく与えられた課題を黙々と続ける事で自然と力がつき、教え合いをすることで新たな刺激を受けて、常に上を見て取り組むことが出来たのが成績アップにつながったのだと思います。塾に通い始めてからは 家に居る時間よりも塾に居る時間の方が長いと思うのですが それがとても充実した時間なようで 塾に行くのが何より楽しい様子でした。受験日が近づくにつれ不安定になっていった精神状態も 塾長始め先生方に丁寧にサポートしていただいたおかげで、受験当日には落ち着いた気持ちで臨めたように思います。中二の夏に「すぐ始めた方がいいです」という塾長のお言葉を頂かなかったら、今の喜びはなかったと思います。子供の性格に合った的確なアドバイスやサポートをしていただき、本当にありがとうございました。   

娘が明秀館にお世話になりだしたのは、中3への進級を控えた2年生の2月でした。家では、ほとんど勉強しない、テスト前に提出するワークをやっている程度でした。それでも学校の授業をきちんと聞いていたからか定期テストではそれなりに良い点数を取ってきてきたので、本人も私も特に成績に関しては問題ないと思っていました。しかし、お友達やそのお母さんたちが「 ?高校へ行きたい」とか「?高校へ行かせたい 」と言っているのを聞くようになり焦りが出てきました。なぜなら娘も私も高校の名前やレベルなどほとんど知らなかったのです。受験に対しての情報を得るには塾に通った方がいいと思い塾探しが始まりました。お友達が通っているという塾を何件か見学に行きましたが、明秀館は他とは違った輝きでした。教室から出ているオーラが違うというかなんというか。そして、明秀館の静かな環境、自分のペースで勉強出来るというスタイルに惹かれ入塾を決めました。私の送迎の都合で週2のペースでしたが、定期テストでは今まで以上に点数が取れるようになり、学校の実力テストも回を重ねるごとに点数が伸びていきました。勉強と休憩の切り替えを上手にしてくださって、1to10のように長時間勉強している時でも、少しの休憩や差し入れや、ゲームがすごく楽しいらしく「今日はどうやった?大変やった? 」と聞くと、必ず「楽しかった! 」という風に返ってきます。勉強をこんな風に楽しく思えたのも塾長のおかげだと思っています。それから、入試直前にインフルエンザにかかってしまい、明秀館初の追試を受けることになったときも、心配して何度もメールや電話をしてはげましてくださり、大変心強かったです。おかげで第一志望の高校に合格する事が出来ました。最後の最後までご心配おかけしました。本当にありがとうございました。         

明秀館には小学生の頃よりお世話になりました。勉強自体はそんなに苦手ではなかった娘ですが、なかなか勉強に向かう気持ちの切り替えがうまくいっていませんでした。明秀館に行くと定期テスト前には特訓授業があり、お昼ご飯を食べると家を飛び出し、教室で食事をする場合などはそのまま午後10時過ぎまでの長時間を教室で過ごさせてもらいました。明秀館では、塾長の中川先生が「 敬語やしつけ」を大切に考えられています。これは塾長と何度かお話している中でとても強く感じたことです。学校のクラブ活動、時には先生とでさえゆるい感じのコミュニケーションがもてはやされていますが、親としては少々心配な点もありました。きちんと挨拶をするなどを徹底されていて、勉強以前に親が子供に身につけて欲しいことが何なのかをきちんと理解されているので安心して通わせることが出来ました。かといって子供の表情に嫌々塾に行くという感じはまったくなく、むしろ「今日は塾でこんなことがあった 」など楽しそうに話すのを聞いていると子供達にうまく充実した学習環境を作っておられると感心していました。メリハリがとても効いています。進路については3年生の12月に入ってもどこにするかがなかなか決まらず親としては正直焦りました。説明会の実施日が終わっていたにも関わらず、学校に連絡してくださってアポを取ってもらったりと大変お手数をお掛けしました。入学式で娘が笑っている姿が今の楽しみです。本当にありがとうございました。

「これでは内申点が無さすぎます」初めて塾長にお会いした時に言われた言葉です。親子で、愕然とした面接のはじまりでした。1年の時から部活部活で、「絶対塾は嫌!」と拒否する息子を2年の3学期まで放置していました。が、余りに勉強せず,本人もこれではいけないと薄々感じ始めた時に、知り合いの方に勧めて頂いたのが明秀館でした。面接で受験の現状、本人のレベルなど具体的に熱心にお話しして下さる塾長を信頼する気持ちが大きくなり本人も通う気になりました。ギリギリで入れて頂いてからは勉強にとても前向きになり、毎日通いました。家では相変わらず全く勉強しないので塾長に伺いましたが「それでいいです」と言って頂きました。親にもきちんと意見を言ってもらえることは私達親の望むところですので非常にありがたかったです。やがて通っている甲斐があり実力テストや成績も上がってきたので私達も少しずつ期待する気持ちが大きくなりました。しかしそれでも夏休み位に「城南菱創に行きたい!」と言った時は「身の程もしらずに」と呆れて息子に身の丈にあった考えを持ちなさいと諭したほどでした。そんな反対も気にせずに、秋になり冬になり毎日塾に通い続ける息子にもいよいよ志望校を決めるときがきました。その時強い意志で城南菱創と言ったときは反対する気はなくなっていました。得意な社会・理科のない前期に奇跡的に合格した時は夢の様でした。これもひとえに明秀館の先生方が導いてくださったおかげだと感謝しております。ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

上の子に続いて合格の一報をお伝えすることが出来てまずはほっとしています。上の子たちも明秀館にお任せしていて満足の行く結果を出していたので特に心配もなくお願いしていました。基本的に、ほぼ毎日教室に行って勉強するという習慣が身についていたので学校の定期テストでは安定して得点を取ることができました。また、勉強の合間の差し入れタイムや、学習合宿、クリスマス会など子供たちとのコミュニケーションを大切にされているので、我が子のことを私よりもわかってくれているなと先生と話すたびに驚かされることが多々あります。親から見える子供の顔と、その他の顔は違います。塾長とお話しさせてもらえる時は、我が子の新しい一面が沢山知れてとても不思議です。これからもよろしくお願いします。

明秀館と出会ったのは中3の2学期でした。それまで他の塾に通っていたのですが、なかなか成績は伸びず、志望校への道もかなり厳しく、親子共々これから受験までどうやって過ごせばいいのか…本当に困り果てていた時でした。ただこの時期に塾を変えるのは正直勇気がいることでした。たまたまホームページを拝見し、とにかくなんとかしたい!という気持ちですぐに明秀館へ足を運びました。運良く中川先生とお話しすることができ、翌日から早速体験入塾させて頂きました。1日目、帰ってきた子どもの第一声は「今までの塾と何もかも全然違う!!」でした。とにかく集中することができ、わからない問題も丁寧に指導して下さり、とても勉強がはかどったとの事でした。それからは積極的に塾に通うようになり、一日一日自分なりに手応えを感じていたようです。いつも帰りの車の中で、今日はこんな勉強をしてここがわかるようになった…今日は先生とこんな話をした…今日は差し入れをもらって嬉しかった…等々私も子供の塾での話を聞くのか本当に楽しみでした。受験まではとてもしんどい思いをすることもあり、辛いこともあったと思いますが、とにかく中川先生の言うことを守り、そして先生に支えてもらいながら本人もとても頑張ったと思います。そして試験当日はあまり緊張することもなく、落ち着いて取り組めたようで第一志望の高校に無事合格することができました。明秀館に入っていなかったら今頃どうなっていたのか…。。。そう思うと本当に明秀館と中川先生に出会えたことに感謝しております。ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。

中1での3月頃からお世話になっています。それまでは英語の塾だけに約7年間週に1?2回通っていましたが、残念ながら中学生になっても定期テストの点も伸びず、勉強方法も分からず、思い悩んでいた時に明秀館に入塾しました。最初は不安も大きかったのではと思いましたが、日々塾長のご指導と本人の頑張りもあり、少しずつではありますが成績も伸びていき英語はずっと5を取ることが出来ました。もちろん部活との両立もできていました。中3になり、レギュラーコースで頑張ってきました。周りの仲間がかなりレベルが高く本当に受験を乗り越えられるか心配でしたが第一志望であった莵道高校に合格することができました。中川塾長をはじめ、講師の先生方のおかげです。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

明秀館には中2の夏頃からお世話になっています。それまでは、某個別塾に通っていましたが、成績は落ちる一方でこのままでは行きたい高校にも行けなくなると思っていました。そんな時に明秀館に通っている同級生から明秀館を教えてもらい興味を持つようになり、そのお友達に背中を押してもらい、明秀館で勉強させていただく事になりました。通っているうちに息子の顔つきが変わっていき、3年になり模試の成績が上がっていくと自信を持つようになり、志望校が決まってからもあまり不安を感じずに過ごせました。それも塾長の自信に満ちた指導方針、先生方のご指導のおかげだと思っています。ありがとうございました。これからも大学受験に向けてお世話になりますが、部活との両立でしんどくなると思います。高校三年間でいろいろな事があると思います。不安に思う事もたくさんあると思います。でも親の言う事は聞けなくても塾長の言葉には耳を傾けると思います。わたしも不安に思う事等があるときはきっと塾長に相談しに行ってしまいますが、親子共々ご指導よろしくお願いします。3年後もこの「喜びの声」を書きたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

2015年度(2015年3月)

明秀館で、お世話になりました3年余り、娘の進路実現のためご尽力頂きましたこと、中川塾長をはじめ講師の先生方には、心より感謝いたしております。 公立高校前期入試を目前に控えた中3の冬、「小論文が書けない」「受かる気がしない」と、自信を無くしていく娘を、ただただ見守るしかありませんでした。そんな時、長女がお世話になっていた事もあり、中川先生から「僕で良ければ、相談に乗りますよ」とお声かけ頂き、図々しくもお願いすることにしました。それからは、みるみる自信を取り戻し、志望高校に合格することが出来ました。高校生活では、「同級生が皆、自分より賢く見える…」と皆の背中を必至で追いかけるような3年間だったようですが、「部活も頑張りたい」と、高3の9月まで続けながら、成績を下げることなく過ごせたのは、明秀館でのサポートがあっての事と思っております。勉強だけではなく、お誕生会など、楽しい催しもあったと聞いています。同じ目標を持つ友だちと、苦楽を共に過ごせたことも、受験に挑む力となったのではないでしょうか。お兄さん・お姉さんのように、アドバイスをくれる先生方、落ち込んだとき、必ず励まし勇気を下さる中川塾長に「合格の嬉しい報告ができた」と言って、誇らしげに笑う娘の顔を、一生忘れません。本当にありがとうございました。これからも、たくさんの喜びの声が、明秀館で生まれますこと、心より祈っております。

娘の性格を良く理解して下さり、適切な距離感を持って指導くださったことが合格に結びついたのだと思います。他の塾ではこういった各自に合わせた指導はなかなか出来ないのではないでしょうか!? 最後までマイペースな娘には正直ヤキモキすることの方が多かったですが、それらも包み込んでの指導にはとても感謝しております。 現役で国公立大学に合格することは親も娘も想像以上に大変なことでしたが、学校の勉強で苦手な部分を重点的に塾長に指導して頂き、現役合格することできました。

中学1年の冬から通い始め、高校受験、大学受験とお世話になりました。 高校では、勉強と部活の両立は大変だったと思いますが、部活をしていたからこそ、勉強も頑張ってこられたと思います。引退してからは受験の為勉強だけの毎日になり、その切り替えは大変だったようです。 その頃の成績は第一志望の大学は、模試はほぼE判定ばかりで、本当にこれで大丈夫なのかなと心配していましたが、塾長の的確なアドバイスや指導のおかげで、娘はいつも塾長を頼りにして、塾長と話しをすることで安心して受験勉強に取り組むことができたようでした。 私はそんな娘を見守る事しかできませんでした。ただ、大学受験は、高校受験とは比べものにはならない程、精神的に大変でした。受験期間が長く11月の推薦、1月のセンター試験、2月に入って私立の受験、2月末の国公立の受験と、常にプレッシャーと緊張を強いられる中で、時にはイライラしたり、落ち込んだり、不安になったり…親子で大ゲンカになった事もありました(笑)それでも今や私以上に娘の性格を理解し、娘にとって一番いい状態で受験に挑めるように導いてくださった塾長、娘に寄り添うように指導してくださった講師の先生、同じ部屋で共に勉強してきた友達、そんなたくさんの支えがあったこそ最後まで頑張れたと思います。 明秀館でなければこの合格はなかったのではないかと思うくらい、塾長、講師の先生には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

高3になるまで、学校の勉強は一生懸命に取り組んでおり、高校入試と同様にこのまま行けば希望する学校にいけるのではないかと親子ともに考えておりました。 しかし、高3になって受ける模試の結果は思うようなものとは到底かけ離れていて「このままで良いのだろうか!?」と思っていたところ、娘が友達の通う明秀館に行きたいと言ってきました。 面談では今のままでは、国公立大学どころか、私立大学でも厳しいと言われて現実の状態を指摘されショックを受けたことを覚えています。そして同時に「 頑張りましょう!」ではなく、具体的に何に取り組むのかを教えていただきました。 そこからは娘の得意科目の英語に偏り過ぎないように、科目のバランスをとって娘にチャンスのある国公立大学に狙いを定めて指導をしてもらいました。 模試の判定は相変わらず悪いものの、塾長から「最初の三ヶ月は成績に表面上の変化は出ません。もしくは、一時的に下がる場合もあります。」と伺っていたので不安はありませんでした。 合格発表は卒業式の後。学校に報告に行くと職員室で多くの先生方から祝福を受け、中には涙してくれる先生もおられたようで、そんな素晴らしい結果に導いてくださった明秀館との出会いにとても感謝しています。ありがとうございました。

念願の第1志望に娘が合格できた事をとても家族にとっても嬉しく信じられない出来事でした。明秀館に通い始めた頃は学校での授業が8限あり帰宅後も学校の課題やテスト勉強宿題等で1日が終わってしまい、本当に大学受験でこのまま行きたい大学に入れるのかなととても心配と不安な毎日でした。 これまでに中学生の時にもいくつかの塾に通っていた時も一生懸命努力していたように思っていたのですが、思うように結果が上がらず悩んでいた時もありましたが、中川先生にお世話になってから、うれしい合格発表の日までの時間の使い方がとにかく変わったように思いました。同じ時間の使い方でも今までと違った時間をできるだけ大切に有効に使うように変わっていく子供を見て、一生懸命サポートして受験を一緒に頑張って、家族で乗り越えたいと思うようにさせられました。大学受験のおかげです。 このような貴重な体験をさせてもらい、受験生の家族だけしか味わえないドキドキした気持ち心配する気持ちをさせてもらった事を感謝しています。個々に合わせて課題をたくさん与えていただき、何よりも明秀館のスタイル、指導法、環境のすべてが娘に合っていたことがよかったと思います。「努力」のみ、ひたすら中川先生を信じて言われた通りに、問題集を解き、日々努力、努力、努力。 夢を叶えることは努力をし続けることだと心からわかりました。明秀館で毎日勉強していたことは、一生忘れることはないと言えると思います。これから始まる長い人生で行き詰った時、必ず大学受験勉強の経験を思い出してくれるといいなあと思います。正直こんなに大学に合格することが厳しいものとは思いませんでした。娘が言うように苦しい時こそ明秀館でお世話になった時の言葉を思いだしてどんな困難にもたち向かえる力をもって頑張って欲しいです。

高校2年からお世話になりました。 クラブの拘束時間が長く、本人は一生懸命勉強時間を工面し頑張ってはいましたが、どうしても時間が足りませんでした。文武両道は本当に難しいですね。 不合格が続きこころが折れながらも何度もチャレンジしようやく掴んだ後期試験での合格。直前には不合格の現実を突きつけられる怖さから受験しないことも考えていましたが、塾長とのお話で娘はもう一度頑張ってみることを決意しました。 思い返すと要所ではタイミング良く声を掛けてくださり、親が気遣いなような子供の変化も見逃さずに見て頂き大変安心できました。 諦めず最後までやりきることが出来たのは、そして、大学受験のことは全く素人な親なので不安も沢山あっただろう我が子がここまで頑張ることが出来たのは、塾の仲間たちや、講師の先生方、塾長の冷静な分析やそしてさりげなくフォローして下さったおかげです。ありがとうございました。

明秀館には姉妹でお世話になりました。最初は姉が通わせて頂いており、その姿を見て妹の方も自然と「中学に入学したら、私も明秀館に入りたい」と言い、中学入学少し前からお世話になり、早、高校3年。 高校受験では志望校を決めるのにも、幾度か塾長には面談やお電話などで相談させていただき、無事志望校へ入学することが出来ました。また、英検にもいろいろサポートして頂いて合格でき、本人も喜んでおりました。 高校へ入学してからは、中々塾に通うことが出来ず、夏、冬休みには、逃亡したかの様に(笑)塾を避けたこともございました。しかし、塾長は娘の性格を理解しつつ、温かくそして時には厳しく接して下さり、大学志望校に合格することができました。 そして、一緒に通った仲間にも恵まれ、お互いが刺激し合い頑張れたと思います。 塾長、講師の先生方には本当に感謝しております。ありがとうございました。

中学入学当初より周りに通塾している友達が多いこともあってか、中学2年に進級した頃から息子がたびたび塾の話をするようになりました。塾については以前から漠然とは考えていましたが、この頃から息子に合う塾はどのようなタイプの塾なのか真剣に考えるようになりました。そして、息子の得手不得手を把握し、足りない部分を補おうとすれば、学校と同じ授業形式よりも個別形式の方が良いのかなと思うようになり、個別演習形式をメインに取り入れておられる明秀館にお世話になることにしました。 入塾前はなれない環境への不安もあったようですが、上手く導いて下さったおかげで、すぐにとけ込んで楽しく充実した時間を過ごせていたように思います。定期テスト、模擬試験の結果等で先生から褒めていただくと息子のやる気も益々上がり、成績アップにもつながっていきました。 親子にとって初めての受験となった今回、志望校決定で迷いがあり不安になった時、息子の気持ちを尊重した上でいろいろなアドバイスを頂きました。また志望校決定後は、適切な勉強法や課題等を示してくださったことが安心と自信につながりました。受験をトラブルなく終え、無事合格することができましたのも、中川塾長をはじめ、全ての講師の先生方の熱意あるご指導があってのことだと感謝しております。本当に有難うございました。大学受験はこれまで以上に大変になるとは思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。

小学校の低学年のころから、姉について行くようになったのが、明秀館との出会いでした。高学年になり、本格的にお世話になりはじめました。 中学は地元の中学へ行きました。クラブ活動との両立が心配でしたが、定期テストで、5教科480点を目標にがんばることができました。テスト前とそれ以外の時のメリハリをつけ、切りかえもできていて、ホッとしました。 中三の10月までクラブ活動が中心で過ごしてきたので受験勉強のスタートが遅れました。大丈夫かな?と思いつつ子供の思いにまかせました。心配症の私(母)をよく理解し、娘のやりやすいように導いて下さったのは塾長先生でした。私も娘も信頼していたことが一番良かったことだと思っています。夕方自分で弁当をつめて塾へ行きはじめました。今までは私の帰宅を待つ日が多かったのですが…。「自分からする」ことに、やる気を感じました。私は、見守ることだけですみました。 塾ではお友達とのお弁当(夕食)を食べる時、帰宅する前のほんの少しのひとときを楽しみにしていたようです。 良い学習する環境だったと思います。志望校はかなり、高い目標だったと思いますが、先を見通した計画のもと塾長の指示通り学習を進めていけたことが、功を奏したと思います。 本人の努力の大きさが喜びの大きさにかわりました。合格の喜びもさめない翌日からまた明秀館に行っている娘を見て、この場所が好きなんだなと思いました。 先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。今後ともよろしくおねがいします。

明秀館でお世話になったのは、本人が「もっと勉強頑張りたい!」と言い出した中学一年生後半からでした。それまでも自分なりに頑張っていたと思いますが、独学だったせいか頭打ちしていたようで、こちらでお世話になりだしてから急に抜け出す事ができ、驚いた覚えがあります。 中学三年になってからは、元々希望していた志望校に向かって全力でサポートして頂きました。学校から帰るとすぐ塾に向かい、毎日最終までいさせてもらえました。家では誘惑が多いと思いますが、明秀館では皆が受験に向かって集中して勉強されていて、皆さんと一緒に自分も頑張ろうと思う事ができたようで、とても充実した時間を過ごす事ができ、また受験の長い期間を踏ん張りぬけたようです。 志望校の試験傾向は中学校では教えて頂けにくい応用が多く、明秀館だけが頼りでした。本人も明秀館頼りで、「基本ばかりする学校時間とられる??明秀館に寝袋持ち込んで暮らしたい」とぼやくほどでした(笑) また一緒に過ごす、仲間・中川塾長・先生方の事をとても楽しそうに話すのが印象的で「充実した時間を過ごせているのだな」と親としても頼もしく見守れました。 そうして迎えた前期受験、体調不良なども重なり残念ながら不合格となりました。不合格だとわかった直後、元々決めていた次の進路が急に現実味を帯びていき、最善の進路をと考える中親としてどうしてやればいいのだろうと急に不安になりました。内面だけで言えば、受験生本人より親の私の方が動揺していたのかもしれません。 報告後、中学校の先生には「自分がどうしたいのか」を考えるように言われたそうです。もっともだと思います。しかし不合格直後動揺しているなか、本人も私もなかなか冷静に考える事ができませんでした。 そんな中、親子で中川塾長に相談に行きました。 中川塾長には、次の志望校・受かっていた私学、どちらのパターンについても様々な視点からのお話をこちらが納得するまでうかがう事ができました。また中期受験に向け子供の気持ちが継続できるよう様々な声をかけて頂き、親子共々非常にスッキリと納得する事がでしました。あの時不安で明秀館に駆け込みましたが、帰りには親子共々笑顔で帰る事ができ、親として本当にありがたかった覚えがあります。 そして、本人は前期受験のモチベーションを下げる事なく中期受験合格までつなげる事ができました。またそのモチベーションを下げる事なく、現在は高校生活に向けて頑張っています。 受験は、志望校に受かる事が一番だと思いますし最善だと思います。 しかし、失敗もつきものだと思っています。 中川塾長には、進路情報だけでなく様々な考え方・方法、親の不安・本人の不安、色々な意味でどのような場合であっても支えて頂け、親子共々信じる事ができ、それが安心につながりました。 中川塾長があげておられる"生徒の伴走者"、ここ明秀館はまさにその通りの塾だと、受験を終えた今実感しています。 今後は、大学受験に向かって全力で立ち向かう事になると思いますが、中川塾長の伴走を信じ安心して進んでいけると思います。親子共々、今後ともよろしくお願いいたします。

思い返せば入塾させて頂いた中1の3学期、本人も小学校の頃は少し勉強ができるという気持ちでいたのでしょうか、中学校の英語に戸惑いを感じ始め、他の教科も遅れを感じていました。本人もテンパッてしまっている時に明秀館を紹介して頂き、入塾テストでなんとか合格し、勉強に対する迷いも少しずつ取れ、苦手であった英語は、今や一番得意で自身が持てる教科にまでなりました。他の教科も遅れていたのを取り戻し全てに自信が持てるようになりました。また、勉強以外でも良く観察して頂き、ネガティブな子供の変化にも対応して頂き感謝しています。家では見せない子供の顔、塾でしか見せない子供の顔を、私たち親も明秀館と娘に教えていただきました。今まで明秀館で過ごした時間、これから明秀館で過ごす時間を大切にし、前を見て、胸を張って頑張って欲しいですね。子供に携わって下さった先生方、本当にお疲れ様でした。これからもよろしくお願いします。

息子の周りの友達は塾に通っている友達がほとんどでしたが、本人も私も、塾には行かなくても大丈夫だろうと思っていました。学校のワーク、特に英語・理科・社会を中心に、息子がワークを見て答える、私が解答をみながらチェックする、間違ったところを何度も繰り返すといった、スピード・効率重視の勉強を平日はほぼ毎日、短時間一緒にやりました。息子は学校の授業を割と真面目に聞いており、また、短時間での暗記が得意だったので、中2の3学期までは定期テストの結果もそれなりに良く、勉強のことであまり悩むことはありませんでした。 しかし中3の1学期中間テストで、数学がこれまでとったことがない悪い点数でした。さすがに本人もへこんでいました。スピード・効率重視の勉強では、時間がかかって面倒な数学はついつい後回しになりがちでした。息子の最大の欠点は「ジャマくさがり&せっかち」です。やり方は理解しているけれど計算ミス連発したり、問題を少しひねられるとあっさり「ムリ!」と諦めたり・・・。それから数学中心にちょっとずつ取り組んで、1学期期末はなんとか少し巻き返しましたが、今の勉強スタイルではこれから夏休みに入ることを考えると相当厳しいかな・・・と家族でも話すようになりました。 中川塾長のブログを拝見して、私は大変共感し、息子に薦めました。当初、本人にとっては毎日長時間勉強することに対して不安と抵抗があったようですが、通いだしたらすぐに本人に大きな変化が現れました。普段何を聞いても素っ気ない返事ばかりの日常だったのですが、塾から帰ったらよくしゃべるようになりました。「今日こんなんやったで~。」「英語、間違いまくったわ~。」本人にとってすごく新鮮で刺激を受けたのだと思います。夏休みに合宿にも参加させていただきました。自分から「行きたい!」と言い出したので驚きました。とても楽しんでいるように見えたので安心しました。 夏休みの間に、数学で「大問1の完成」というワークをやっていたようで、本人いわく、「これで自信がついたんや!」と今でも言っています。どこかのオープンキャンパスでもらってきた過去問をやっているのをたまたま見ていたら、春までの息子とは明らかに違いました。途中式の整理された字と書き方、計算が速い、かつ途中で確認作業が入るから正確。「ジャマくさがり&せっかち」な息子とは思えない変化を感じました。根拠のない過信から、絶対的な自信に変わったのだと思います。 奈良高専か?城南菱創か?進路のことは本人も最後の最後まで悩んでいました。息子と2人で奈良高専と城南菱創の入試説明会に行き、また、高専と普通科のメリット・デメリットを、その後の進路、大学、就職のことも含めて一緒に考えました。 12月暮れの中学校の最終三者面談で、息子は奈良高専の推薦入試を受験する選択をしました。普通でない、特殊の選択をすることは、中学生にとって容易な決断ではなかったと思います。塾長に「チャンスがあるんやったら受験してみたら?」と背中を押していただいたことが決め手になったと言っていました。息子は塾長に全幅の信頼を寄せているようです。 進路決定してからの頑張りは目を見張るものがありました。お正月の2日間だけオフで、受験前日まで毎日遅くまで塾に通っていました。年末には「勉強って結構楽しいなぁ!」という言葉まで出てきました。何事もそうですが、楽しくやれるかどうかで、成果が大きく変わってきます。明秀館に入ってからわずか半年足らずで、本当に成長したなと思いました。塾長ならびに諸先生方が、息子の性格や特徴を早々に見抜いて、的確に、丁寧に指導していただいたおかげです。ありがとうございました。 これから特殊路線の5年間が始まります。この合格はあくまで通過点であり、また努力を継続していかなければなりません。もう少しお世話になりたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

「ママ、やばい、英語が全くわからへん」娘が中学1年の3学期に発した一言でした。中学に入学してから、そこそこの成績だったので、あまり気にしていなかったのでのん気にしていました。娘が友達から明秀館の話を聞いてきて、行きたいと言うので体験からお願いし入塾となりました。 初日から4,5時間の勉強、テスト前は8,9時間といつも最終まで頑張っていました。最初はまだかなと思いながらソワソワしていたことを思い出します。 でも、毎日変えの車にニコニコしながら走って駆け寄って来る姿を見て、大丈夫かなと安心しました。時にイライラして口数が少なくなったり、壁にぶつかった時もありました。そんな時は「いつでも塾を辞めればいいよ、好きなようにしなさい」と言うと、「ここまで頑張ったのを無駄にしたくない」と言って今日まで頑張ってこれました。それは先生方の熱心なご指導と本人の強い意志があったからだと思います。 3年の最後の最後まで進路にも悩んでいましたが、塾長の一言でガラッと進路変更しました。あんなに悩んでいたのに塾長の一言でここまで変わってしまうのは、普段の指導の中で厳しい中にも娘がその厳しさを理解しリスペクトしていたのだと思いました。 2年間ですが、塾長や講師の先生方、沢山の友達に励まされ、勇気づけられ、塾生活を送れた気がします。大手塾では、出来ない個々の特徴も充分に考えご指導していただき、私も娘も安心して通えました。短い間でしたが、濃密な時間を過ごせた事を感謝して、「ありがとうございます」では足りない気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

国語は集団指導で力を伸ばすのは難しいらしいと知り、他教科に比べて成績が安定せずにこのままではまずいと気になっていた時にインターネットで錬の国語、中川先生のの存在を知りました。自宅から割合近くにあることを知り、月に何回か今まで通っていた塾を続けながら通うことに決めました。通い始めて半年もしないうちに、その効果は模試の結果に反映されてきて、私もこれは凄いとびっくりしました。中川先生の的確なご指導の元で、今まで伸び悩んでいた読解力がみるみるうちに伸びていくのが目に見えて分かり、集団塾の先生にも問題を解く際の迷いが一切なくなっていて素晴らしいとほめていただきました。この力は中学受験のみでなく、これから先の大学受験の際にも力を発揮してくれることでしょう。6年に入ってからは逆に他の教科で点数が取れない時もあり、その時には国語が安定した得点源としてとても安心して構えることが出来ました。偏差値では常に65前後で安定していました。また、学習面のみでなく、入試に際してのメンタル部分でも中川先生には大変お世話になり、息子もとても頼りに思っていた様子です。12歳の子供にとって受験は本当に過酷なものです。肉体面、精神面そしてもちろん学習内容もかなり難しい内容です。無事に志望校に合格できたのは中川先生をはじめ周りの方々のサポートあってのものです。中川先生とのご縁に心より感謝しております。これからも学ぶ楽しさを教えつつ合格へ確実に導いてゆける頼もしい先生でいてください。ありがとうございました。

2014年度(2014年3月)

高校に入学し、毎日クラブに明け暮れ平日は8時過ぎに帰宅後、机に向かえば睡魔が遅い、親は起こしてお風呂に入らせ布団で寝かせるだけで、精一杯な毎日を送っていました。高校3年の5月にクラブを引退した時点では、模試の志望校合格判定結果はいつもDやE。さあどうしたものかと本気で考えた結果、大手予備校でお世話になることに。5月から基礎的なことから始まり、秋には志望校対策へと進んでいき、それなりに得意科目に関しては、順調に進んでいきましたが、苦手科目の英語の点数が一向に変わらず、不得意科目の点をあげることが志望校への近道とわかっていながらも、本人もこれ以上どうしていいかわからず、行き詰まっていました。時はもう2学期、そんな時に妹がお世話になっていたこともあり、中川塾長が奇跡的に声をかけて下さり、親も本人も藁をもつかも思いで、お願いすることになりました。 もうすでに、別の塾に通っているという抵抗感は少なからずありましたが、できることは何でもやってみよう精神で、思い切ってお願いすることになりました。センター試験が目前に迫ってくる中、『英語が分かってきた』との言葉が本人の口から聞こえ始め、点数もとれるようになってきました。高校受験の妹の方も机に向かっているものの、勉強に集中できないようで成績も如実に現れていましたが、入塾させていただいてからは、家ではそう変わりなかったのですが成績は見違えるようにあがり、やはり今まで自分ではどのように勉強していいのか、わからなかったようです。勉強面はさることながら、人生の先輩としての、先生方のあげ増しやアドバイス、同じく目標に向けて頑張っておられる友達の姿にとても刺激を受け、こうして2人の子どもの合格を喜べる今があると実感しています。塾長様をはじめ、関わっていただいた皆様に、心より感謝申し上げます。

小6から高3まで、親子ともどもお世話になりました。ありがとうございました。小6の時は学校から直接、明秀館に行く日もありました。中学では、電車通学し、帰りは駅から明秀館へそして家に帰ってくるという日々でした。クラブでどんなに疲れていても塾でひと勉強して帰宅というのがパターンになっていました。まるで「朝、顔を洗う」ように習慣化していたので私から声かけすることはなかったように思います。そんな毎日の積み上げが功を奏したのでしょう。中学校では学校の定期テストに関しては、安心してみていることができました。中川先生はいつも「よく頑張ったね」とほめて下さり、子供はやる気を持続させることができました。高校受験については、内部進学なら「授業料免除」とも学校より言ってもらいましたが、本人の希望で受験することになりました。塾協賛の公立高校の説明会では直接高校の先生に具体的な学習の仕方のアドバイスもいただき本人のモチベーションがとても上がったのがわかりました。 高校でも3年間お世話になりました。3年になってからは学校での授業や補講との両立を尊重してくださいました。「一番やりやすい方法で」とのアドバイスから「勉強の仕方」や「参考書・問題集の提供」などで、多くの援助をいただきました。センター試験前は長時間にわたる親子ともどもの懇談で、私立大学の出願(センター利用)を決めることになりました。終了したら深夜の0:00を過ぎていました。親身になって一緒に併願校を捜し、考えていただいたおかげで立命・佛大・龍谷から合格通知をもらうことができました。またセンター後も国公立の二次試験に向けて長い時間遅くまで指導していただき、志望校に合格することができました。塾長は娘の性格をよく知っていただいて、押し付けることなく、本人の思いを大切にしてここまで導いてくださいましたこと、ほんとうに感謝しております。また母の不安のゆえの相談にも気長につきあっていただいたことにもお礼を申したいと思います。今後ともよろしくおねがいします。

甥っ子が数年前に明秀館でお世話になり、熱心に指導していただいたことを聞いていたので、私の中でとても気になる存在の塾でした。ただ、自宅からは少し遠く電車に乗って通うことになるので、それだけが引っ掛かっていました。高三の6月に部活を引退し、初めて明秀館に伺い塾長とお話させていただきました。娘は遠いことも覚悟した上で「ここにする!」「先生についていけば合格させてもらえる気がする」と明秀館でお世話になることを決めました。公募推薦から始まり、前期試験と続きましたが、なかなか合格の通知がもらえず悔しい思いをしたと思います。中期試験も合格点に2点足らずととても歯がゆい結果でした。最後にかけた後期試験の後、塾長から「○○大学は90%、△△大学は合格ラインは越していると思います」というメールをいただきました。その時は不思議でしたが、毎日娘のことを見てくださっている先生だからこそのメールだったのだと思います。毎日ひたすら通いほんとによく頑張ったと思います。 なかなか結果が出ない時も、腐らずに最後まで頑張って合格できたのも熱心にご指導いただき支えて下さった塾長はじめ先生方、そして塾のお友達のお陰です。遠いことを心配していましたが、この9ヶ月間娘の口から通うことへの不満を一度も聞いたことがありません。その理由を聞いてみると「塾が楽しかったから」だと言いました。楽しいことも、苦しかったことも含め、娘にとって明秀館で過ごした期間はかけがえのない大切な宝物です。明秀館にめぐりあえて本当に良かったです。ありがとうございました。

初めて、明秀館を訪れたのは、息子が高2の夏休みでした。娘の塾を探していたのですが、息子も話を聞いてみたいということで話を聞きました。そのころから大学進学のことを意識していたのだと思います。同志社大学に行きたいと言っていましたが、成績を見ると、なかなか難しいと親の方は思っていました。でも、話を聞いて下さった中川塾長だけが、「高2の夏からなので、ぎりぎりですが、僕の言うとおりに本当にやってくれるなら、間に合うかもしれません」と言ってくださいました。娘の方は、塾長から「最初は少しゆっくりと通ってみてから決めてもいいよ。」と言っていただき、娘の慎重な性格を見越して、いろいろと配慮していただきながら、2人の明秀館での勉強が始まりました。高校、大学のダブル受験と言うことで、親の私たちも何度も不安になりました。 とくに経験の無い大学受験では、わからないことだらけでしたが、その度に面談をしていただいたり、電話をかけてくださったりと対応していただきました。その中で、塾長に言われたのはまずは「本人がやる気があるかどうか」と「本人にやる気があるのなら、親は黙って信じて見守る」ということだったと思います。この「黙って…。」というのが、どこの親にとってもなかなか体験なことではないでしょうか。私が、息子に勉強の事で何かを言ったのは、塾に入って半年くらいたった頃でした。塾長から、「勉強はやっているが、まだ本当のやる気が見えない。目の色が変わってない」と言われた時だけだったと思います。「本当に同志社大学に行きたいのかどうか」その事だけは真剣に息子と話をしました。「絶対、行きたい」という気持ちを聞いたあとは、塾長にすべてをお任せしました。3年生になってからは、模試もたくさん受けました。その度に結果は厳しいものでしたが、塾長はいつも「いい感じできているので、あまり結果に一喜一憂しなくても大丈夫ですよ。」と言ってくださるのですが、本当に大丈夫なのだろうかと不安もありました。 最後の模試などは、「志望校の検討 要」でした。正直、塾長の言葉を信じていいのか、半信半疑の状態になっていきましたが、それでも最後まで「大丈夫です。そんな事より、お母様は万全で受験に臨めるように体調管理だけお願いします。」とだけ言われました。本人の方も、「絶対合格する」という気持ちから、かなり自分を追い込んでいました。親の方は合格を「信じたい」と思いながらも、「もしも…」のことを考えてしまい、合格発表までは落ち着かない日々でした。塾長以外で、ただ一人、家族の中で兄の事をわかっていたのは妹でした。「あれだけ、頑張っているのだから、合格するに決まっている」明秀館で一緒に勉強をしている兄の姿を見ていたからでしょう。結果は無事に合格することができました。合格は親の私たちにとっては、まるで「奇跡」でも起こっているかのようでしたが、塾長だけは喜びながらも「模試のための勉強ではなく、合格のための勉強をしてきたので、その結果です。」と説明してくださいました。その時、むやみやたらに勉強するのではなく、目標にあった勉強を指導して下さったことを実感しました。 妹はクラブ活動が一番だったので、その状況に合わせての塾通いを勧めていただいたおかげで、完全燃焼できたのか、卒部後は、受験への切り替えが早くできたように思います。無理強いをするのではなく、その時の状況に合わせていただける柔軟な対応はほんとうによかったです。兄の合格を聞いた妹の方は、「自分も必ず合格する」と私達に言いながら、自分にも喝を入れていたようでした。そして、その言葉通り無事に希望校に合格することが出来ました。兄とは、全く違う勉強のむかい方でしたが、娘に合うやり方にしていただいたのだと思います。同じ塾で、比べあってしまったら…と思っていましたが、兄と同じ塾に通う事と受験も一緒で、お互いに良い刺激にもなりましたし、明秀館が共通の話題になり、仲良くそして良い形で受験に向かうことができました。そして、妹にとって、3年後のイメージができたことはとても良かったと思います。 二人とも、明秀館の仲間や、塾長、講師の先生方のお蔭で受験の辛さを乗り越えられたと思います。本当にありがとうございました。

明秀館にずっとお世話になり中川塾長様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。もうこれで明秀館を卒業だと思うと少しさびしい気持ちになります。振り返るともともとあまり勉強ができる方ではありませんでした。そんな息子が目指した高校はソフトテニスの強い西城陽高校。もちろん、このままでは合格できません!でも中川先生は『お母さん、大丈夫ですよ!必ず西城陽高校に合格できるようにします!』と言って下さり、成績は徐々に階段を一歩一歩上がるようになり、中3の頃には通知表に5が並ぶびっくりするような成績でした!そして受験を迎え合格しました!本当に嬉しかったのを思い出します。高校に入学してからは日々クラブとの戦いでした。毎日、朝から夜遅くまでクラブ漬けの毎日でした。テスト前も関係なくクラブはありました。途中クラブに熱を入れるあまりに勉強することができなくなりずっと塾に行けなかったこともありました。そんな時も中川先生は『今は試合に全力を向けてください。勉強は後でしっかり僕にまかせてください。』とおっしゃってくださり、本当に心強かったです。 その後勉強とのバランスも取れて来てついには夢のインターハイに出場することもできました!本当に嬉しかったです。そして大会も終わり、息子の本当の戦いが始まりました。それまでクラブ中心の生活が一変し猛勉強が始まりました。そして11月の公募推薦で京都産業大学に合格できまして本当にうれしくてずっと先生を信じて頑張ってきて本当に良かったと思いました! もうそれで十分なのですが、息子は関大を目指す!といい、それからも猛勉強を続けました。残念ながら結果は不合格でした。私は『京産いけるしいいよ。』と話すと、最後までやる!最後に後期立命館受ける!といいまた猛勉強をし、最後の戦いに挑みました!結果は残念ながら不合格でしたが、最後の最後まであきらめないで頑張る!最後までやり通す!生きていく上で大切なことを息子はこの明秀館で学びました。 明秀館でずっと頑張り続けてきた事はこれからの息子の人生に大きく影響し色々な困難に立ち向かってくれると信じています! 本当に心から息子を明秀館に通わせてよかったと思います!先生、本当に長い間お世話になりました。本当にありがとうございました!

小6の春から明秀館に通わせて頂いています。その目的の一つは今回の高校入試で『希望する高校へ合格すること』だったと思います。しかも、できればスムーズに。そしてこの度、おかげさまで、望んだ高校に合格することができました。本人の努力はもちろんですが。塾長のご指導がなければこの合格はなかっただろうと思っています。それくらい、娘は塾で集中して勉強し、塾長の指示を確実にこなし、少しずつ目標に近づいていっていたようです。 正直、志望校を決めた時も、そんなに高い目標にほんとうに届くのだろうか・・と親としては不安もあり、部活を引退して塾で過ごす時間が長くなっても塾長からは『まだ本気になっていない』と言われ、この先大丈夫かな・・・と思うこともあったのですが、11月頃に『塾長にやる気スイッチ押されたー!!』と言って帰ってきてからは、塾長の言われる『本気』で頑張っていたように思います。娘のスイッチを確実に探して押してくださる塾長をはじめ、子どもたちの変化を見過ごさず、その時々で適切なご指導やアドバイスをしていただける先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。そして今後ともよろしくお願い致します。

合格発表の日、子どもの受験番号を見つけた時のことを、私は忘れないと思います。子どもの今までの努力が報われた瞬間でした。一番行きたいと望んでいる高校へ行くこと、それだけが親としての願いでした。この日を迎えられたのも、明秀館へ入塾し中川塾長と出会えたからだと思います。中学2年生の時からお世話になっていますが、落ち着いた静かな環境で、勉強方法も合っていたのか当初から進んで通うようになりました。受験学年になった時もすんなりと受験勉強に取り組むことができました。勉強はもちろんのこと、精神面でも本当にいつも支えてくださったので、不安になったり焦ったりすることもなく自然体でいられたと思います。勉強は塾で、家では自分の好きなことをするリラックスの場として過ごしていました。そういう切り替えができることもよかったと思います。毎日が充実していて、いつも気持ちは前を向いていて、未来の自分を見ていたような気がします。このように勉強を通じて大きく成長できたのも、中川塾長のご指導があったからだと心から感謝しております。本当にありがとうございました。

中二の春からお世話になっています。部活のあと、睡魔と戦いながら行っていた事を思い出します。この度、希望の高校に合格でき、感謝の気持ちとホッとした気持ちでいっぱいです。この二年間、本当によく頑張ってくれたと思います。毎日塾へ行っていました。 決して多くは語らない子なのですが、先生に褒めてもらった時はとても嬉しそうに話してきます。初めは一人だったけど今では友達がたくさんいるようです。数学がわかるまでずっと教えて下さった先生方、そして勉強以外の事でもたくさんアドバイスして下さった中川先生、本当にありがとうございました。そして、これからもお世話になります。どうぞ宜しくお願いします。

明秀館に、塾長に本当に感謝しています。お陰さまで無事合格出来ました。中学の3年間で娘の成績は順調に上がっていきました。志望校を決めるまでにも面談で色んな選択肢をいただきとても参考になりました。家では全くと言っていいほど勉強している姿を見ませんでしたが、意欲的に塾に行っていたので安心していました。塾から毎日、「勉強楽しい~!」といって帰ってきた時期がありました。私にはその感覚が全く解りませんでしたが、塾長が次から次へと課題を与えてくれるのが楽しくて仕方ないと言っていました。勉強に対する意欲を上手に引き出していただいたのだと思います。塾長をはじめ講師の先生方、また一緒に頑張ってきた友達、ても良い環境に感謝しています。結局、部活に重点をおいて志望校を決め合格出来たのですが、入学してからが大変とのこと。高校になっても明秀館を続けさせてと本人の強い希望もあり、私の頼みの綱でもあり。これからも頼りにさせてもらいます。ますますお世話になりますが宜しくお願いします。

娘はクラブが大好きで熱心に取り組んでいましたが、勉強は苦手な方でした。中3になり具体的に目標とする高校ができ、明秀館で生まれて初めて!?というくらい勉強させて頂きました。希望校に向けて塾長との面談も納得するまで話をしてもらいました。時々息切れしたり、実力テストで落ち込んだ時などすぐに察知し、タイミングよく愛のある声かけをして下さり、常に寄り添った指導で本人もやる気を取り戻し何とか最後まで頑張ることが出来ました。家では絶対にできない勉強量と内容でした。おかげで見事に志望校に合格できました。塾長はもちろん、他の講師の先生方に心から感謝いたします。

明秀館には5年生からお世話になっております。それまでは大手進学塾に通わせていましたが、勉強の進むスピードや宿題の量についていけず、ましてや発行の成績も上がらずにこのままでは希望している中学にも程遠いと言われました。このままではいけないと思い、中川塾長に相談いたしました。塾長も『難しいですが、できることは全部します。』と言って下さり、明秀館でお世話になることを決めました。それから、ほとんど毎日塾に通いました。毎日塾って嫌がらないかなぁ~と思っていましたが本人はなんとも思っていないようで安心しました。家で学校の宿題をし、塾で勉強するといったリズムになりました。本人に塾での様子を聞くと嫌がるのであまり聞きませんでしたが、定期的に塾長との面談や電話などで本人の様子を知ることができ、大変良かったです。6年になると、本当に中学受験するのかと聞き、本人の意思を再確認しました。受験日が近づいても本人は焦ることなくいつもどおりに過ごしていました。私も普段通り特別何もしませんでした。 ただ、『自分は絶対合格する』といきなり宣言されビックリしました。塾で今までやってきたことが本人に自信をもたらしてくれたのだと思いました。受験が終わった後やりきった姿を見て中学受験させて本当に良かったと思いました。明秀館で塾長や講師の方々からの激励をもらい、本人に自信を持たせていただいた結果、合格につながったと感謝しております。本当にありがとうございました。